ボルタレンカプセル

Novartis
4,950円~
口コミ評価(3)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ボルタレンカプセル 75㎎
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
5,500円 4,950円
200錠 19%
OFF
11,000円 8,910円
ボルタレンカプセル
ボルタレンカプセル
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ボルタレンカプセルの商品詳細

商品名
ボルタレンカプセル
内容量
1箱あたり100錠
成分量
75mg
有効成分
ジクロフェナク
効果・効能
筋肉や関節の痛みの緩和
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Novartis

ボルタレンは、有効成分としてジクロフェナクを配合した腸炎鎮痛剤です。ステロイドを使用していないタイプで、NSAIDSという分類に入ります。NSAIDSの中で最も強力な鎮痛・抗炎症作用を有し、即効性も高いことが特徴です。風邪による喉の痛み、関節炎や腱鞘炎、筋肉痛、腰痛、痛風による痛み、抜歯後や手術後の痛みなど様々な痛みを和らげてくれます。発熱には解熱作用も発揮します。服用後30分で効きはじめ、約8時間持続しますので使いやすい痛み止めといえるでしょう。スイスに本拠地を置く大手製薬会社であるノバルティスファーマが製造していますので、安心です。

ボルタレンカプセルの特徴

あらゆる痛みや炎症を抑え込んでくれる、ステロイドを含有していない炎症止めです
  • ステロイドを含まない消炎鎮痛剤です
  • 鎮痛効果が高く即効性にも優れています
  • 痛風の痛み、風邪の咽頭痛、発熱、筋肉痛などに対応しています
効果・効能
急性上気道炎(風邪)の咽頭痛緩和・解熱
筋肉や関節の痛みの緩和、手術後や抜歯後の痛みの緩和

ボルタレンカプセルの効能・効果は他分野に渡ります。まず、風邪や扁桃炎等でのどが痛い時、熱を下げたいときに有効です。リウマチや関節痛、筋肉痛など整形外科領域においても痛みを緩和してくれますし、手術後や抜歯後のうずくような痛みをもしっかり抑えてくれます。女性が悩まされる生理痛(月経困難症)もすばやく緩和します。

ボルタレンカプセルについて

多くの症状に有効です。

ボルタレンカプセルの最大の特徴は、強い鎮痛効果を持ち即効性と持続性に優れていることです。含有されている有効成分ジクロフェナクは、プロスタグランジンという痛みや炎症の元となる物質の産生に関わるCOX(シクロオキシゲナーゼ)を阻害します。プロスタグランジンが生成されてしまうと、痛みを感じる物質の働きが増強され、炎症反応が起こり、わたしたちは「痛い」と感じます。プロスタグランジンの生成を抑えられれば痛みが取れ、楽になるというわけです。

整形外科から内科、歯科まで幅広い領域で使用されています。

有効成分ジクロフェナクが素早く痛みや炎症を取り除きます

ボルタレンカプセルの時間による血中濃度

ボルタレンカプセルに含有されている有効成分はジクロフェナクです。NSAIDSという分類の痛み止めで、ステロイドを含んでいないものです。個人差はありますが、服用後30分程度で効きはじめ、その鎮痛効果は8時間ほど持続します。

痛みを感じる痛覚が刺激されたり、ケガなどで細胞がダメージを受けたりすると、その周りでCOX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素がアラキドン酸と反応してプロスタグランジンが生成されます。このプロスタグランジンが痛みの元となる物質なのです。プロスタグランジンは発熱や痛みを増強するブラジキニンの働きを増強する働きも持っています。ジクロフェナクはCOXの働きを阻害することでプロスタグランジンの生成を抑えて、痛みや炎症を素早く取り除きます。

服用後30分で効きはじめ、2時間後に効果がピークを迎えたのち8時間後まで持続します。鎮痛目的の場合は6~8時間の間隔を空けて1日2回まで服用可能ですので、痛みに合わせて調整してください。

関節や筋肉の痛み、発熱、抜歯後の痛み等様々な疾患に使われます

ボルタレンカプセルは、様々な医療分野で使用されています。風邪による喉の痛みや解熱を目的に使用されるケース、関節炎や筋肉痛の痛みを緩和するために使用されるケース、手術後や抜歯後の痛みの緩和を目的として使用するケース等様々です。生理痛がひどい場合に使用する女性もおられます。リウマチなど完治が難しい疾患も、痛みが取れるだけでQOL(生活の質)は格段に向上します。

1つ注意すべき点は、ボルタレンを使用する際、胃腸に負荷がかかる場合があります。副作用として胃の痛みや下痢、腹痛、食欲不振や嘔吐が報告されていますので、胃腸が弱い方は服用の必要がない場合には控えるなどできるだけ量と回数を少なくすると良いでしょう。元々消化管障害のある方、肝障害、腎障害、高血圧、妊娠中などの方は使用が禁止されていますので、該当しないことを確認後に使用してください。

様々な炎症や痛みをすぐに取り除いてくれるので、カバンに忍ばせておくと安心ですね。

有効成分ジクロフェナクが発痛・炎症物質の生成を抑えます

ジクロフェナクは非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDS)に分類されます。血中に吸収されたジクロフェナクは、COX(シクロオキシゲナーゼ)という酵素の働きを阻害します。COXは、痛み物質であるプロスタグランジンの生成に必要な酵素なので、COXの働きを阻害できればプロスタグランジンは生成されず、痛みや炎症を抑え込むことができます。COXは全身あらゆる場所に存在しているので、ジクロフェナクはあらゆる痛みの緩和に有効なのです。ただ、COXは胃腸の粘膜にも存在しているためにジクロフェナクの服用で胃があれることもありますが、食後に服用することでリスクを軽減できます。

ボルタレンカプセルの服用方法

1回の用量
1/2カプセル(「ジクロフェナク」として37.5mg)
1日の服用回数
2回まで
服用のタイミング
朝夕食後に服用

1日2回の服用で痛みや炎症を抑え込みます

ボルタレンカプセルは、ジクロフェナクとして1回37.5mgを1日2回、食後に服用します。胃腸を保護するため、空腹での服用は避けましょう。相互作用や吸収の阻害を避けるため、水またはぬるま湯で服用ください。ボルタレンは鎮痛効果が強いですが、服用が禁止されている場合もあります。過敏症の方、妊婦、授乳婦、消化性潰瘍のある方、腎障害、肝障害、高血圧、心機能障害のある方などは使用できません。

ボルタレンカプセルの副作用

主な副作用
  • 胃痛
  • 胃荒れ
  • 胃部不快感
  • 腹痛
  • 痒み
  • 発疹
  • 頭痛
  • 眠気など
稀な副作用
  • アナフィラキシー症状
  • 貧血
  • 血小板減少
  • 腎機能障害
  • 肝機能障害
  • 喘息発作
  • 心不全
  • 脳血管障害など

ボルタレンカプセルの注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 消化性潰瘍の既往歴のある方
  • 血液の異常又はその既往歴のある方
  • 肝障害・腎障害のある方
  • 高血圧症のある方
  • 心機能障害のある方
  • 気管支喘息のある方
  • 高齢者
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 本剤又は配合成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 重篤な血液の異常又はその既往歴のある方
  • 重篤な肝障害・腎障害のある方
  • 重篤な高血圧症のある方
  • 重篤な心機能障害のある方
  • アスピリン喘息のある方
  • 妊娠または授乳中、妊娠の可能性がある方
  • 小児
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • ボリコナゾール
  • ニューキノロン系抗菌薬
  • アスピリン
  • その他非ステロイド系抗炎症薬
  • 副腎皮質ステロイド剤
  • 降圧剤
  • 抗凝血剤
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • トリアムテレン

ボルタレンカプセルの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ボルタレンカプセルの口コミ

口コミ評価(3)

  • ボルタレンカプセル ユーザー
    口コミ評価  男性 43
    湿布薬のボルタレンはドラッグストアなどで見かけていたので知っていましたが、まさか内服薬もあるとは思いませんでした。お試し感覚で購入して使ってみましたが、即効性は湿布薬より劣りますが症状の改善効果は同じぐらいでした。
  • ボルタレンカプセル ユーザー
    口コミ評価  男性 52
    ロキソニンより効きます。
  • ボルタレンカプセル ユーザー
    口コミ評価  男性 28
    風邪で毎回関節が痛くなるので、ボルタレンカプセルで痛みを抑えてます。風邪薬といっしょに飲まないようにするのは少し面倒ですが、痛みで夜起きることがないので安心して休めるのが嬉しいですね。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー