モンテア

シプラ
4500円~
(2)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

モンテア 4mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
5,000円 4,500円
30錠 10%
OFF
1,800円 1,620円 カートに入れる
モンテア 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
150錠 10%
OFF
9,500円 8,550円 カートに入れる
モンテア 5mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
5,500円 4,950円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

モンテアについて

優れた抗アレルギー効果を持つシングレアジェネリック
  • 喘息や花粉症などの呼吸器アレルギーの治療に最適
  • 処方箋なしで購入できる海外製のシングレアジェネリック
  • 1日1回の服用で高い治療効果を発揮!

モンテアは花粉症などのアレルギー性鼻炎や喘息など主にアレルギーからくる呼吸器症状を抑える薬です。
日本ではシングレアやキプレスなどの処方薬があり、その海外製ジェネリック医薬品です。
主成分のモンテルカストは日本では医療用医薬品成分なので入手するには処方箋が必要ですが、モンテアは輸入薬なので診察や処方箋は必要ありません。
喘息発作や花粉症の症状を軽減するための内服薬として処方されるので、長期的な服用も可能な薬です。
現在、アレルギー発作の予防のためにシングレアやキプレスを服用している方はモンテアに切り替えると通院の手間が省けます。

モンテアの特徴

花粉症の方に処方される薬です。

「ロイコトリエン拮抗薬」もしくは「抗ロイコトリエン薬」に細分類される、新型の抗アレルギー薬です。

日本の正式な薬名はシングレアやキプレスまたはジェネリック医薬品としてモンテルカストなどがあります。

主としてアレルギー性の呼吸器症状を抑制します。日本国内では本来喘息の治療薬でしたが、新たにアレルギー性鼻炎と花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)が追加されました。

1日1回の服用で効果が長時間持続

持続時間が長く1日1回の服用でOKです

モンテアの主成分モンテルカストは持続的に作用するので、服用するのは1日1回でも十分な治療効果が得られます。また、従来の抗ヒスタミン薬では効果が弱かった鼻づまりにも高い抑制効果を発揮します。

もともと喘息という難治性のアレルギー性疾患の対症療法薬として開発されたため、できるだけ副作用は抑えられています。

喘息や花粉症でシングレアやキプレスを飲んでいる方はモンテアに切り替えると通院の煩わしさから解放されます。

長期的に服用する場合は肝機能のチェックをしておいたほうがいいので、職場や自治体が行っている定期検診は必ず受けてください。

人によっては眠くなる副作用がでることがあるので、服用するタイミングは寝る前がおすすめです。医療機関でも就寝前に服用するように指導されます。

花粉症と喘息は合併しやすいのでモンテアは最適な薬です

あまり世間では知られていませんが、花粉症が長引くと気管支喘息や咳喘息を合併しやすくなります。

近年大人の喘息患者が増えている背景には花粉症が大きなリスクとして考えられています。

モンテアは喘息やアレルギー性鼻炎という呼吸器系のアレルギー症状を抑える効果が高い新型の抗アレルギー薬です。

眠くなる副作用が他の第二世代の抗アレルギー薬よりも強いのですが、花粉症や喘息発作は寝つきが悪くなって不眠傾向を起こしやすいので、寝る前に服用すれば寝つきが良くなります。

確かに、眠気は副作用ですが、1日1回の服用でいいことと、花粉症では必ずといっていいほど起こる鼻づまりにも効果を発揮するので、逆に有益な副作用といっても良いでしょう。重篤な副作用を起こすことはまずないので、セルフメディケーション(医療機関に頼らないセルフケア)用の常備薬として優れた薬です。

モンテアの効果

効果・効能
喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症

日本ではもともと喘息治療薬として承認されていたモンテルカストですが、そこにアレルギー性鼻炎が加わったので、花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の治療薬としても優れた効果を発揮し、世界的にみても広く使用されている抗アレルギー薬です。

副作用のリスクは少なく、重篤なアナフィラキシーショックを起こすことはまずありません。

安全性が高い上に1日1回の服用で持続的に効果を発揮するので服用の煩わしさが軽減されます。ただし、眠気を感じることがあるので、就寝前に服用してください。

モンテアの服用方法

1回の用量
1錠(「モンテルカスト」として10mg)
1日の服用回数
1回

小児の喘息や花粉症でも服用可能

通常成人はモンテルカスト10mgを1錠服用しますが、副作用リスクの少ない薬なので15歳以下の小児が服用することができます。

小児に飲ませる場合はモンテルカスト5mgを1日1回の服用と規定されているので、5mg配合タイプか10mgを1/2錠に割って飲ませてください。

モンテアの有効成分について

モンテルカスト

モンテルカストは喘息発作に関与しているロイコトリエンという物質を強力に抑制します。このため軽度の喘息発作ならばモンテアだけでも対処可能です。

さらに、鼻腔粘膜にも作用して、鼻みずや鼻づまりなどのアレルギー症状をおさえ込んでくれます。

ロイコトリエンと鼻腔粘膜のアレルギー症状との因果関係は未だ解明されていませんが、臨床症例で、アレルギー性鼻炎の治療効果が確認されていることから、今では花粉症や慢性のアレルギー性鼻炎の治療にも用いられるようになりました。

国内でも治療実績のある薬のジェネリック医薬品なので不安なく服用できると思います。

モンテアの副作用

主な副作用
吐き気、腹痛、胸焼け、下痢、頭痛、眠気、湿疹、蕁麻疹など

服作用は少ない薬ですが、体調や体質によっては服用後に消化器や呼吸器、皮膚などに副作用を感じる場合があります。特に眠気を感じるケースが多いので、就寝前に服用するようにしてください。

稀な副作用
アナフィラキシーショック、重度の粘膜障害、全身倦怠感、血小板数減少、肝機能障害など

重篤な副作用を生じる可能性はほとんどありませんが、薬なので主成分のモンテルカスト、もしくは他の薬剤にアレルギーを示す人は、アナフィラキシーショックと呼ばれる全身症状を起こす可能性があります。

服用していて、万が一服用前には感じたことのない体調不良を覚えた場合は内科に相談してください。

モンテアの注意事項

慎重投与
  • 持病のある方、または現在投薬治療を受けている方
  • 高齢者
  • 小児(小児の場合は1回5mgにして服用させてください)
服用してはいけない人
  • モンテルカストアレルギーまたは薬剤アレルギーのある方
  • てんかんやけいれんを伴う疾患があって、フェノバルビタール(フェノバール)を服用中の方
併用禁忌薬
  • けいれん発作を抑えるためのフェノバルビタール(フェノバール)

モンテアの口コミ

(2)

  •  男性 31
    市販の薬とは全然違いますね。モンテアを飲み始めて、息苦しさが改善されました。
  •  男性 40
    日常生活に支障をきたすような咳がずっと続いていたのに、飲み始めてすぐに効きはじめ、きっちり治ったのにはびっくりしました。副作用もでなかったので、ほんと買って良かったです。