全商品20%OFF クリスマスセール

プレマリンクリーム

ワイス
3,600円~
口コミ評価(4)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

プレマリンクリーム 0.625mg / 14g
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1本 10%
OFF
4,000円 3,600円
2本 15%
OFF
8,000円 6,840円
3本 19%
OFF
12,000円 9,720円
プレマリンクリーム
プレマリンクリーム
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

プレマリンクリームの商品詳細

商品名
プレマリンクリーム
内容量
1本あたり14g
成分量
0.625mg
有効成分
結合型エストロゲン
効果・効能
更年期障害の改善、バストアップ、アンチエイジング
形状・剤形
軟膏、クリームタイプ
対象性別
男女兼用
製薬会社
ワイス (Wyeth)

更年期とは閉経の前後5年ずつ、合計10年もの長い間にわたり女性にさまざまな心身の不調をもたらす時期です。
日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳前後なので、一般的に更年期というと45歳〜55歳までを指します。
閉経というのは全ての女性に起こる生理的な現象です。
更年期障害は女性の体調を左右する大事な物質「女性ホルモン」の分泌量が減ることで起こる心身の不調です。
更年期障害を代表する症状は「ホットフラッシュ(上半身の火照り」、「多汗」、「不定愁訴(ちょっとしたことで不安を感じたりいらいらする)」、「体重増加」、「不感症」、「ボディラインの崩れ」、「頑固な肩こり」、「腰痛」、「頭痛」、「肌荒れ」などです。
「プレマリンクリーム」は皮膚からエストロゲン(女性ホルモンの一種)を補うことで、更年期障害を始めとするあらゆる女性の悩みに応えるホルモン製剤です。

プレマリンクリームの特徴

更年期障害の改善やバストアップに効果のあるクリーム
  • 女性ホルモン「結合型エストロゲン」を効果的に補充
  • あらゆる部位で使用出来るユーティリティ・クリーム
  • 女性のあらゆる悩みに応える女性ホルモン製剤
効果・効能
更年期障害
月経前症候群
バストアップ、アンチエイジング

「プレマリンクリーム」は塗るだけでエストロゲンが補充されていく外用薬です。使い方は1回0.5g〜2gを気になる部分に塗布してください。

ただし、連続で使用出来るのは3週間までです。3週間塗布したら1週間休ませるというサイクルで使用してください。

塗る部分や範囲は自由ですが、塗りすぎると「頭痛」、「めまい」、「下腹部痛」、「膣痛」などの副作用を起こす危険性があります。一箇所に塗る量は薄く伸ばして全体に行き渡る程度で十分です。

複数の部位に塗布する場合は近接した部位ではなく離れている部位に塗布するようにします。

プレマリンクリームについて

更年期障害の様々な症状に効果あり

「プレマリンクリーム」は厚生労働省にまだ承認されていないホルモン製剤なので、病院やクリニックでは処方してもらうことはできません。海外でも医薬品の認定を受けているので、国内の一般的なドラッグストアでは販売できない薬です。したがって海外製の医薬品を取り扱っているネット通販で購入します。

従来のホルモン製剤の塗り薬というのは腕や太ももの内側に塗るタイプが多かったのですが、これは主成分の女性ホルモンが吸収されやすいように、比較的皮膚の薄い部分に塗る必要があったからです。

しかしプレマリンクリームの主成分は結合型エストロゲンで吸収率が高いので、体のあらゆるところに使用することができます。

美容医療の分野では特にバストアップ用クリームとして使用されます。

塗るだけで更年期障害の諸症状を緩和

塗る部位によって美肌やバストアップ効果

40代後半から50代前半にかけての女性の約60%に起こる病気が「更年期障害」です。更年期障害は加齢による基礎代謝の低下によって卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が落ちると起こる病気です。

特にエストロゲン(卵胞ホルモン)は女性の体調を大きく左右する物質と言われていて、エストロゲン不足になると「ホットフラッシュ」や「肌荒れ」、「不感症」、「肥満」、「体重増加」などが起こりやすくなると言われています。

医療機関では更年期障害と診断されるとホルモン補充療法が行われます。

現在のホルモン補充療法では飲み薬、貼り薬、塗り薬などが用いられますが、その都度通院をして処方箋を発行してもらわないといけません。

「プレマリンクリーム」は海外でも更年期障害のホルモン補充療法に用いられているクリームで、塗る部位を選ばず、つらい更年期障害の諸症状を鎮める優れた塗り薬です。

ただし、まだ日本では承認されていない薬のためネット通販で購入することになりますが、逆に言えば通院も必要ないので手軽に購入することができます。価格は全額自己負担になりますが、国産のホルモン製剤よりも安く通院費用とほとんど変わらない程度なのでおすすめです。(黄体ホルモン製剤を併用処方されている方は医師に相談の上で導入してください)

塗る部位によって不感症の改善や美肌効果が得らえる

エストロゲン量が低下すると、肌荒れや不感症など気になる症状が複合的に起こります。「プレマリンクリーム」は結合型エストロゲンを主成分としているため、気になる部位に塗布するとその症状を鎮めてくれます。

例えば顔に塗ると美肌&アンチエイジング効果を発揮し、膣に塗ると膣炎や不正出血、不感症、性行為時痛を緩和してくれます。

エストロゲンは女性の生殖機能に深く関与している性ホルモンですが、自律神経に働きかけ、癒しの中枢神経と言われる副交感神経を活性化させる働きがあります。更年期障害を代表する症状の一つ「不定愁訴」はちょっとしたことで強い不安を感じたり、イライラしてしまう精神症状ですが、これもエストロゲンが不足することで起こる自律神経の乱れが原因と言われています。

「プレマリンクリーム」は結合型エストロゲンという合成エストロゲンを補給する治療薬で、従来のホルモン製剤外用薬よりも吸収率がよく体のあらゆる部位に塗布することができる優れたクリームです。

ただし、エストロゲン不足が由来する症状に限定されますので、その点は注意してください。

結合型エストロゲン

結合型エストロゲンはヒト由来のエストロゲンと同じ組成を持つ合成成分です。皮膚から浸透していくため、エストロゲン不足が由来で起こる肌荒れや膣炎、月経前症候群などにも効果を発揮します。

ただし、海外では更年期障害時のHRT(ホルモン補充療法)の治療薬として開発された製品なので、現在ホルモン補充療法を受けている方やホルモン状態が安定している20代の方は使用する前に医師に相談することをおすすめします。

乾燥肌が気になる方はワセリンや美容液などの保湿剤と併用すると良いでしょう。

プレマリンクリームの使用方法

1回の用量
0.5g〜2g
1日の使用回数
2回まで

プラセンタクリームを上回る美容効果

「プレマリンクリーム」に配合されている結合型エストロゲンは合成成分ですが、組成はヒト由来のエストロゲンと同じなので、馬や豚のプラセンタクリームよりも馴染みが良く、効果も高いとされています。

このため美容にも高い効果が期待できます。

プレマリンクリームの副作用

主な副作用
  • 頭痛
  • めまい
  • 発疹
  • 蕁麻疹
  • 血管浮腫
  • 腹痛
  • 悪心・嘔吐
  • 食欲不振
  • 膵炎など
稀な副作用
  • 血栓症など

プレマリンクリームの注意事項

慎重投与
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • エストロゲン依存性腫瘍及びその疑いのある方
  • 乳癌の既往歴のある方
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症のある方
  • 動脈性の血栓塞栓疾患のある方
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある方
  • 重篤な肝障害のある方
  • 未治療の子宮内膜増殖症のある方
併用注意
  • 現在報告されておりません。
併用禁忌
  • 現在報告されておりません。

プレマリンクリームの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

プレマリンクリームの口コミ

口コミ評価(4)

  • プレマリンクリーム ユーザー
    口コミ評価  女性 23
    学生時代から貧乳がコンプレックスだったので、少しで大きくしたいと思い使用しています。3か月間胸に塗り続けた結果、サイズは少し大きくなったかなといった感じですがハリは格段に上がっています。塗り心地も良いのでしばらく愛用したいと思います。
  • プレマリンクリーム ユーザー
    口コミ評価  女性 46
    アンチエイジングのために役立つものを集めてるんですが塗るだけでいいクリームに惹かれて使ってます。顔を中心に使ってますが、しわが目立たなくなってきて色合いもよくなってきたので買ってよかったです。
  • プレマリンクリーム ユーザー
    口コミ評価  女性 31
    プレマリンクリームを使うようになって、随分痛みがなくなりました。
  • プレマリンクリーム ユーザー
    口コミ評価  女性 42
    使い始めてから肌の調子が良くなりました。ほうれい線も薄くなってきたので使い続けてみます。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー