エストロモン

Standard Chem. & Pharma Co.,Ltd.
4050円~
(2)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

エストロモン 0.625mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
4,500円 4,050円 カートに入れる
200錠 19%
OFF
9,000円 7,290円 カートに入れる
400錠 28%
OFF
18,000円 12,960円 カートに入れる
600錠 37%
OFF
27,000円 17,010円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

エストロモンの特徴

結合型エストロゲンを有効成分とした更年期障害を改善する内服薬です
  • 更年期障害の症状の内のぼせや発汗に特に効果があります
  • 長期間服用することで骨量増加作用も期待できます
  • ジェネリック医薬品のため経済的に使用することでできます

エストロモンは結合型エストロゲンを有効成分とした更年期障害治療薬です。この商品は台湾の製薬会社であるスタンダード・ケミカル&ファーマシーで製造販売されている薬で、更年期障害の治療薬であるプレマリンのジェネリック医薬品です。エストロゲンを補充することで女性ホルモン不足により引き起こされる症状を改善するため、ホルモンバランスの崩れから引き起こされる更年期障害に悩んでいる方に適した薬となっています。

エストロモンの特徴

ジェネリックなので低負担で続けられる

更年期障害は閉経時に女性ホルモンの急速な低下によって引き起こされ、のぼせ、汗、冷え、動悸、頭痛、不眠、イライラ等の症状が見られます。程度は人によってまちまちですが、人によっては耐え難い苦痛を感じます。エストロモンは服用することで女性ホルモンとして作用する卵胞ホルモン薬で、閉経前後に服用することで更年期障害に伴う不快な症状が改善されます。特にのぼせや発汗等の血管運動神経症状に高い効果がある薬となっています。また、エストロモンはジェネリック医薬品のため、先発薬のプレマリンと比較して7.5割程度で購入できるため経済的に使用することができます。

女性ホルモンであるエストロゲンの役割について

女性ホルモンの補充でバストアップ効果

女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(卵体ホルモン)の2つがあり、これらのは生理周期とともに交互に分泌されて心身の健康を保っています。このうち、エストロゲンには卵胞を成熟させたり子宮内膜を厚くする役割だけでなく、女性らしさをつくるホルモンとして、乳房の発達、自律神経を活発にして体調や気持ちを安定させる、肌に潤いやハリを出す、骨にカルシウムを蓄えるなどの働きがあります。このような作用のあるエストロゲンは思春期から分泌量が多くなり、30代でピークに達します。その後、更年期(閉経前後の数年間)になると急激に減少していき、ホルモンバランスが乱れる原因となります。ホルモンバランスが乱れると自律神経の調整が乱れて身体のほてり、のぼせ、冷えなど体にさまざまな不調が現れます。これらの不調によって仕事や家事に支障をきたしてしまうほどの重い症状を更年期障害と言います。

これらの症状に対してエストロモンを服用することによりエストロゲンを補充することができるため、ホルモンバランスを整え更年期障害による不調を改善することができます。

結合型エストロゲンの効果について

分泌量が減少することにより更年期障害を引き起こしてしまうエストロゲンはエストロン、エストラジオール、エストリオールの3種類のホルモンから構成されています。日本で販売されている経口エストロゲン製剤の有効成分には結合型エストロゲン、エストラジオール、エストリオールの3種類があり、エストロモンは結合型エストロゲンを有効成分とした薬となります。結合型エストロゲンとは純粋なエストラジオールではなく、妊娠した馬の尿である妊馬尿より抽出・精製して得られるもので、エストロンなエクイリンなど約10種類のエストロゲン用物質が含まれています。更年期障害や委縮性膣炎に効果を発揮します。また、結合型エストロゲンの大きな特徴は海外臨床試験で骨量増加作用や骨折抑制作用が証明されているため、継続して服用することで骨量増加効果や骨折抑制効果が期待できます。

エストロモンの効果

効果・効能
更年期障害、月経不順、骨粗しょう症
卵胞ホルモンを補給し、更年期障害の症状を緩和します。

エストロモンの成分である結合型エストロゲンは人工卵胞ホルモンです。内服薬という形でホルモンを補充することで卵巣の疾患や女性ホルモンの減少により症状を引き起こす更年期障害等に効果を発揮します。女性ホルモンであるエストロゲンが減少するとホルモンバランスが乱れ、それが更年期障害として心身ともに色々な異常が出るようになります。いわばエストロゲンが減ることによる自律神経の乱れともいえます。加齢とともに減少してしまうエストロゲンを人工的に補充することで、このような更年期障害を改善する効果があります。

エストロモンの服用方法

1回の用量
1錠もしくは2錠(「結合型エストロゲン」として0.65~1.25mg)
1日の服用回数
1回まで

1日1回0.65~1.25mgを水またはぬるま湯で服用します。

服用量は個人の症状により変わるため医師に相談して服用してください。また、飲み忘れた場合はすぐに服用するようにしますが、次の服用時間が近い場合には1回飛ばすようにして2回分を一度に服用しないようにしてください。

エストロモンの有効成分について

結合型エストロゲンの作用により更年期障害の症状を緩和します

有効成分である結合型エストロゲンは服用することで体内にエストロゲンを補充することができます。閉経前後のエストロゲン減少によるホルモンバランスの崩れを抑え、ホルモンバランスを保つことで更年期障害の症状緩和することができます。特にのぼせや不眠、めまい、発汗などに対して高い改善率があるという臨床実績もあります。また、継続的に服用することで骨量を増加させて骨折リスクを減らすことが期待できます。

エストロモンの副作用

主な副作用
腹痛、悪心、嘔吐、食欲不振、血管浮腫、蕁麻疹や発疹の皮膚トラブルなど

上記の症状が現れた場合は使用を中止してかかりつけの医師に相談してください

稀な副作用
血栓症、血栓塞栓症など

足の痛み、足のむくみ、視界が悪い、呼吸困難等の症状がある場合は血栓症や血栓塞栓症を発症している可能性があります

エストロモンの注意事項

慎重投与
  • イプリフラボン、血糖降下剤、副腎皮質ホルモンを服用している方
  • 肝障害のある方
  • 子宮内膜症の方
  • 子宮筋腫の方
  • 心疾患、腎疾患の方とその既往歴がある方
  • てんかんの方
  • 糖尿病の方
  • 手術前1か月以内の方と長期臥床状態の方
  • 思春期前の少女の方
  • 乳癌家族素因が強い方、乳房結節の方、乳腺症の方、乳房レントゲンで異常のある方
  • 全身性エリテマトーデスの方
  • 片頭痛の方
  • 65歳以上の方
服用してはいけない人
  • 乳がん・子宮がんの方とその既往歴がある方
  • 血栓性静脈炎の方とその既往歴がある方
  • 肺塞栓症の方とその既往歴がある方
  • 動脈性の血栓塞栓とその既往歴がある方
  • 結合型エストロゲンに対してアレルギー反応がある方
  • 妊娠、または妊娠している可能性がある方
  • 肝臓に重病を抱えている方
  • 異常性器出血のある方
  • 未治療の子宮内膜増殖症の方

エストロモンの口コミ

(2)

  •  女性 48
    ストレスを特に感じる生活ではないのに無性にイライラして・・・人間関係にヒビが入りかけて更年期を疑い購入しました。今のところ1ヶ月半飲み続けてますが、最近は前のイライラが嘘のように落ち着いています。
  •  女性 51
    もともと病院で処方してもらってましたが、仕事の都合上、あまり行く暇がなかったのでこちらを利用しました。海外通販初めてでしたので不安でしたが、無事に届きました。効果も病院の薬と同様に効いてくれます。