クロメン

Kocak FARMA ilac ve Kimya Sanayi A.S
1890円~
(2)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

クロメン 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
10錠 10%
OFF
2,100円 1,890円 カートに入れる
20錠 19%
OFF
4,200円 3,400円 カートに入れる
30錠 28%
OFF
6,300円 4,530円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

クロメンについて

妊活したい人に最適な不妊症治療薬
  • 排卵障害による不妊症を治療する薬
  • 副作用が少ない
  • 男性の不妊症にも効果あり

「クロメン」は先発の不妊症治療薬「クロミッド」の海外製ジェネリック医薬品です。女性の排卵障害に由来する不妊症治療時に処方されます。
主成分のクロミフェン クエン酸塩は排卵機能障害が見つかった場合に処方されますが、男性側の不妊症(クロミフェン法)にも一定の効果を発揮します。ただし、男性の不妊症に対してクロミッドを処方するのは保険適用外の治療なので全額自己負担になります。
クロミッドを保険適用(3割負担)で処方されたとしてもネット通販で「クロメン」を購入する方が安価なので、排卵誘発剤を用いるときは医師に相談してみることをおすすめします。
不妊治療は保険証が使えない自由診療と保険診療が混在するケースがありますが、基本的には自由診療と保険診療が混在するのはNGとなるケースが多く、タイミング療法(自由診療)において、排卵誘発剤が必要な時は医師に相談した上で「クロメン」を使用する方が費用の負担が少なくなります。

クロメンの特徴

視床下部に働きかけて排卵しやすい状態に

女性の生理周期は脳幹と呼ばれる自律神経を司る器官の一部によって制御されています。排卵障害は視床下部から排卵を促すホルモンFSH(排卵刺激ホルモン)の分泌機能に障害を起こしていることで起こります。

「クロメン」は視床下部に働きかけてFSHの分泌を促し、排卵しやすい状態にする薬です。

女性の不妊症治療「タイミング療法」について

男性側の不妊治療にも効果があります

不妊治療は妊活の一環ですが、妊娠というのは受精するタイミングが非常に微妙で困難なものです。20代が女性ホルモンの状態が最も安定しているので妊娠には適しているのですが、近年晩婚化がすすんで不妊治療を受ける患者さんが増えています。

基礎体温を測って医師の指導のもとで受精に一番最適なタイミングを計り、受精の確率を上げるのが「タイミング療法」です。

しかし、女性か男性の生殖機能に異常が見つかった場合は投薬治療が行われます。その時に使われる薬の一つが「クロメン」の先発薬クロミッドです。

女性に排卵障害がある場合は月経が始まったタイミングでクロミッドを投与します。クロミッドだけでは排卵がうまくいかない時はCGという薬を注射して強制的に排卵させることもあります。

このように女性側の不妊をタイミング療法でコントロールするのは根気がいりますが、一番自然妊娠に近い状態で受精できる治療法なので、不妊治療では優先度の高い方法になります。

「クロメン」は黄体ホルモンを投与する薬で、エストロゲンの働きを抑制して排卵を促し、受精をより確実にする効果があります。

男性側の不妊症治療にも効果的

これまで「不妊症」というのは女性側の問題とされてきましたが、近年の調査では不妊症の男女比は1:1であることがわかりました。つまり半分は男性側の不妊症が原因であるということです。

男性側の不妊症にもいくつかの原因がありますが、器質性不妊症(生殖器の病的な障害によって起こる不妊症)のなかでも発症頻度が高いのは精子の量が不足する「乏精子症」や「精子無力症」です。

日本ではまだ一般的ではありませんが、欧米では乏精子症や精子無力症に対してクロミッドを投与する「クロミフェン法」という治療法が確立されています。

精子というのは男性ホルモンの働きによって作られ、性的な刺激を受けたときに活性化される物質ですが、何らかの原因で男性ホルモンの分泌量が減ってしまうと乏精子症や精子無力症が起こりやすくなります。性ホルモンの原料はもともと同一(コレステロール)なので、男性側にゴナトトロピン製剤を投与して女性ホルモンの一種であるエストロゲンのフィードバックを阻害することにより、精子の数を増やしたり、活性化を促す治療法が「クロミフェン法」です。

したがって男性にもクロミフェン製剤が投与されるのですが、これは自由診療のため、クロミッドよりも「クロメン」の方が安価で効果も同等なのでおすすめです。

クロメンの効果

効果・効能
更年期障害
排卵障害や精子機能障害による不妊症

「クロメン」は排卵を誘発する薬です。不妊治療の一種「タイミング療法」で排卵機能障害や男性側の乏精子症や精子無力症などが判明した時に用いられます。

国内の不妊治療では女性側の排卵障害が判明した時には先発薬クロミッドが用いられますが、他の自由診療による不妊治療と合わせて行うことは難しいため、薬はより安価な海外製の「クロメン」が用いられる場合があります。

また、エストロゲン過剰による更年期障害(乳腺症など)、男性の不妊症(乏精子症、精子無力症)にも投与されることがある薬です。

クロメンの服用方法

1回の用量
1~2錠
1日の服用回数
1回まで

副作用が少ない排卵誘発剤

妊娠とはエストロゲンによって育てられた卵子が卵巣から出て行き、そこで受精をすると受精卵となり、子宮に着床すると始まります。

一方受精しなかった卵子は強制的に排出され、また新しい卵子が作られますが、成長した卵子を排出する時は黄体ホルモンの量が増え、卵胞排出刺激ホルモンのFSHが視床下部というところから放出されます。

「クロメン」はFSHの分泌を促す黄体ホルモンを補充して、排卵をスムーズにする薬です。

クロメンの有効成分について

クロミフェン クエン酸塩

クロミフェン クエン酸塩は脳の視床下部に作用し、FSH(卵胞排出刺激ホルモン)の分泌を促します。FSHが不足すると排卵がスムーズに行われず、不妊症や更年期障害を起こします。

一方男性にもこの成分は有効で、海外では男性の不妊症治療にも用いられています。

性ホルモンは副腎皮質からも分泌されていて、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増えてしまうと、男性ホルモンの量が減ったり、活動が鈍化して男性側の不妊症を起こす原因になります。

また、クロミフェン クエン酸塩は比較的副作用が少ないホルモン製剤なので、不妊症や更年期障害の治療に導入しやすい成分です。

クロメンの口コミ

(2)

  •  女性 33
    いろいろ試して子供が全然出来なかった頃に偶然ネットで知って、無事成功しました。不妊で悩んでる友人にも勧めます。
  •  女性 34
    不妊治療のために夫と共に使っています。この薬を調べると評判もいいので期待してます。