マレフェMTF

West-Coast Pharmaceutical Works Ltd
2980円~
(2)
在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

マレフェMTF 10㎎
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
3,300円 2,980円 カートに入れる
300錠 40%
OFF
9,900円 5,980円 カートに入れる
600錠 48%
OFF
19,800円 10,280円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

マレフェMTFについて

女性ホルモンのバランスを整えて、より女性らしく!
  • 生理周期や無月経の症状を改善!
  • バストアップ効果!
  • ジェネリックだからリーズナブル!

マレフェMTFは有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルを含有する女性ホルモン剤であり、先発医薬品プロベラのジェネリックです。インドに本社があるウエストコート社が製造・販売しています。ウエストコート社は世界約50ヶ国に医薬品を提供しているグローバル企業です。マレフェMTHは女性ホルモンのバランスの乱れから生じる様々症状を改善します。

マレフェMTFの特徴

現代女性のホルモンバランスの乱れに

マレフェMTFは、天然の黄体ホルモンに近い成分でできており、身体への負担が少なく、自然に作用する特徴があります。黄体ホルモンは卵巣から分泌され、受精卵を着床しやすくし、また妊娠後は赤ちゃんが過ごしやすい環境を整える作用があります。しかし現代女性はストレスにより女性ホルモンの分泌量が少ない傾向にあり、そのバランスの乱れにより様々な症状に悩まされてしまいます。

代表的な症状は生理不順や無月経といったものがあげられます。症状がひどくなると生理が数ヶ月に1度あるかないかという人も今では珍しくありません。その症状を放置すると最悪妊娠・出産ができなくなってしまいます。マレフェMTFは女性ホルモンを補うことで女性特有の様々症状を改善してくれます。

生理周期や無月経の症状を改善!

女性ホルモンの補充でバストアップ効果

マレフェMTFは、有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルを含有し、黄体ホルモンを補充する働きがあります。この黄体ホルモンは女性の生理周期や不妊に大きくかかわっている女性ホルモンです。女性ホルモンは、規則正しい生活をしていれば、正常に分泌されるのですが、現代社会に生きる女性の生活リズムは乱れがちです。日中は職場で多くの仕事をしてストレスが貯まり、夜はお付き合いでアルコールを多く摂取してしまうこともあります。黄体ホルモンはほんの少しでも生活のリズムが崩れると、正常な分泌ができなくなってしまうのです。

黄体ホルモンは女性の機能を維持するために重要な役割を担っています。黄体ホルモンが不足すると生理不順や無月経を引き起こしてしまいます。特に生理周期の後半部分では、子宮内膜を増やして受精卵を着床しやすいように子宮内環境を充実させ、妊娠を維持するという働きをしてくれます。不足した黄体ホルモンを補充することで生理不順や不妊症の改善が期待できます。

バストアップ効果!

女性ホルモンの分泌は、一般的に20代後半-30代前半がピークであると言われ、その後は分泌量が低下していきます。特に40代後半くらいから女性ホルモンの分泌が大きく減少してしまうので、更年期障害も女性ホルモンが大きく関係しています減少した女性ホルモンは、残念ながら自然に増やすことができないため、女性の身体には様々な変化があらわれます。女性ホルモンのうち卵胞ホルモンが減ると、髪や肌に潤いやハリがなくなります。卵胞ホルモンは自律神経だけでなく、女性らしい体つきを維持するためにも大切な存在なのです。

マレフェMTFを服用することで女性ホルモンを補充し、年齢とともに垂れてしまうバストを、ハリや丸みのある女性らしいバストを維持することが期待できます。しかもバストだけでなく身体の質感が良くなり、肌の色も白くなり、より女性らしくなるという口コミもあるほどです。マレフェMTFを継続服用することでその効果が得られます。

マレフェMTFの効果

効果・効能
更年期障害
生理不順、不妊症

生理は、女性ホルモンの働きによって発生します。女性ホルモンは、脳の視床下部、脳下垂体、卵巣の3つの器官が正常の機能し作用することで分泌されます。つまり生理不順が起きるということは、この3つの器官のいずれかが正常に作用せず、女性ホルモンの総量が不足することが原因であると考えられます。特に脳の視床下部はストレスに非常に弱いため、ほんの少しのストレスだったとしてもホルモンの分泌量に悪影響を及ぼします。生活のリズムが乱れることもホルモンの分泌量を減少させる要因になります。

マレフェMTFは、減少した女性ホルモンを補充し、生理不順や無月経の改善が期待できるのです。

マレフェMTFの服用方法

1回の用量
0.5(5mg)~1.5錠(15mg)  ※1錠10mg
1日の服用回数
3回まで

ジェネリックだからリーズナブル!

マレフェMTFは先発医薬品プロベラのジェネリックです。同様の有効成分を含有しており、その効果も同等ですが、プロベラの1/4程度の価格で購入することができます。生理不順も、バストアップも、更年期障害も、いずれの症状も長期間の服用が求められますが、ジェネリックなら経済的にも余裕を持って服用を続けることができます。同等の効果が得られて、価格1/4程度なのは非常に嬉しいですよね。

マレフェMTFの有効成分について

メドロキシプロゲステロン酢酸エステル

マレフェMTFに含有されている有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、ホルモン薬剤の1つであり、子宮内膜症、子宮の異常出血、閉経期のホルモン療法など様々な用途に用いられます。有効成分メドロキシプロゲステロン酢酸エステルは、 世界保健機構医薬品モデル・リストにも入っています。世界保健機構医薬品モデル・リストとはWHO(世界保健機関)が策定した、世界的に重要な医薬品類のことであり、医薬品を揃える際の選定例としても活用されるほどです。従ってその安全性と効果は世界的に定評があると言っても過言ではありません。

マレフェMTFの副作用

主な副作用
発疹、黄疸、浮腫、体重増加、肝機能の異常、食欲不振、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満、下痢、めまい、頭痛、眠気、神経過敏、不眠、抑うつ、乳房痛、月経異常、子宮出血、乳汁漏出、満月様顔貌、無月経、子宮腟部糜爛、帯下の変化、耐糖能異常、倦怠感、発熱、悪寒、多毛、脱毛、ざ瘡、そう痒感、蕁麻疹など

マレフェMTFの副作用は上記の通りですが、副作用症状が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明です。

稀な副作用
血栓症、鬱血性心不全、ショック、乳頭水腫など

これらの初期症状があらわれた場合には服用を中止し、速やかに医師の診断を受けて下さい。

マレフェMTFの注意事項

慎重投与
  • 心疾患・腎疾患のある患者又はその既往歴のある人
  • 糖尿病の人
  • てんかん又はその既往歴のある人
  • うつ病又はその既往歴のある人
  • 片頭痛、喘息、慢性の肺機能障害又はその既往歴のある人
服用してはいけない人
  • 脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎等の血栓性疾患又はその既往歴のある人
  • 診断未確定の性器出血、尿路出血のある人
  • 稽留流産(子宮内で胎児の心臓が停止する流産)
  • 重篤な肝障害・肝疾患のある人
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある人
併用禁忌薬
  • 黄体ホルモン剤
  • 卵胞ホルモン剤
  • 副腎皮質ホルモン剤

マレフェMTFの口コミ

(2)

  •  女性 30
    以前プロべラを使ったことがあるのですが、効果はまったく同じでした。 生理が軽くなって気持ちも楽になったし、子供についても前向きになれるので使ってよかったです。
  •  女性 30
    今までは、産婦人科に行って処方してもらってました。仕事の都合で、病院に行く暇がなかったので、調べていたら見つけることが出来ました。しかも同じ薬がジェネリックがあったので金額も抑えることができたので非常に助かってます。