早期妊娠検査薬

Runbio Biotech
1900円~
(2)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

早期妊娠検査薬
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
5個 5%
OFF
2,000円 1,900円 カートに入れる
10個 15%
OFF
4,000円 3,420円 カートに入れる
20個 24%
OFF
8,000円 6,080円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

早期妊娠検査キットについて

生理予定日2~3日前から結果が分かる!コスパも高い中国製妊娠検査薬
  • hCGの検出感度が高いため、生理予定日の2~3日前から判定可能です
  • 検査薬1本あたり50~60円とコストパフォーマンスにも長けています
  • 生理予定日前後で何度も使用でき、不妊治療中の方にもおすすめです

早期妊娠検査キットは、中国のRUNBIO BIOTECH社が製造する早期の妊娠検査薬です。
検出感度が25mIU/ml(尿中におけるヒト絨毛性ゴナドトロピンの濃度)と高いため、生理予定日の2~3日前から妊娠の判定ができます。
日本製の一般的な妊娠検査薬よりもサイズがコンパクトで価格も安く、生理予定日前後で連日使用しやすいと言えます。そのため、タイミング法で不妊治療をされている方にもおすすめです。

早期妊娠検査キットの特徴

早期妊娠検査キットの一番の特徴は、生理予定日前から妊娠判定できる検出感度の高さにあります。

通常、受精卵が子宮に着床し妊娠が成立するとヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンが胎盤から分泌されます。このhCGの働きによって子宮内膜が厚い状態で維持され、妊娠が継続されるのです。

hCGは排卵して10日後あたりから急激に尿中の濃度が上昇し、排卵後12日目で25mIU/ml、排卵後14日目で50mIU/mlを超えるとされています。尿中に含まれるhCGの濃度に反応するのが妊娠検査薬で、一般的な妊娠検査薬の検出感度は50mIU/mlです。早期妊娠検査キットは、25mIU/mlという低濃度であっても検出することができる早期の妊娠検査薬となっています。

早期妊娠検査キットは、仕事などのスケジュール管理のためなるべく早く妊娠の可能性の有無を知りたいという方や、生理予定日の前後には連続して検査をしたいという方におすすめの早期妊娠検査薬です。

検出感度が国産検査薬よりも高く、フライング検査でも結果が分かります

妊娠しているかどうかは、尿に含まれるhCGの濃度によって判別できます。hCGとは、妊娠が成立すると急激に濃度が上昇するホルモンの一種で、妊娠の継続や胎児の成長には欠かせないものです。

市販されている日本製の妊娠検査薬のhCG検出感度は50mIU/mlであるのに対し、早期妊娠検査キットの検出感度は25mIU/mlです。つまり、日本製妊娠検査薬の基準値の半分のhCG濃度しかなくてもしっかり検知し、結果を判別できるということになります。そのため、生理予定日の2~3日前から妊娠判定することが可能です。

ただし生理予定日より前の検査で正確な結果が出る確率は、生理予定日3日前で50%、2日前で70%、1日前でも85%とされています。早期妊娠検査キットで陽性反応が出た場合や反応線の色が薄い場合(弱陽性)は、生理予定日一週間後に再度検査して結果を確認されることをおすすめします。

1本あたり数十円と抜群のコストパフォーマンスを誇ります

一般に、市販されている早期妊娠検査薬は生理予定日の2~3日前から陽性が確認できます。しかし、生理予定日前から明らかに陽性だと確認できる程のはっきりとした判定が出ることは少なく、多くの場合は妊娠していても陽性反応が薄かったり全く出なかったりするケースもあります。そのため、早期妊娠検査薬による妊娠判定は1回の周期で何度も回数を重ねなければならないことが多く、コストがかかるというのがネックになっていました。

日本国内で販売されている一般的な妊娠検査薬の価格がおよそ1000円前後なのに対し、早期妊娠検査キットは検査薬1本あたり50~60円です。検査薬としての構造は非常にシンプルですが、判定の原理は日本製の妊娠検査薬と全く同じなので信頼できます。

生理予定日の前後で毎日使用しても圧倒的にコストを抑えることができ、タイミング法などで不妊治療中の方にもおすすめできます。

早期妊娠検査キットの使用方法

検査時間
5分
陽性の表示
反応線と照準線の両方にピンクのラインが出る(反応線の色が薄い場合も含む)
陰性の表示
照準線のみピンクのラインが出る
検査失敗の表示
反応線にも照準線にもラインが出ない

早期妊娠検査キットの内容品は、スティック状の妊娠検査薬です。1本ずつ個包装されており、衛生的です。

まず紙コップを用意し、そこに採尿します。紙コップの底から1~2cm程度の量があれば十分検査可能なので、少量で構いません。なるべく、10時~20時の間の体調が良いタイミングで採尿するようにしましょう。

緑色の持ち手部分を持ち、「←MAX」と書かれた黒い線を超えないように尿吸収体部分を尿に浸します。そのまま3秒程浸していると、吸収体が尿を吸い上げていくのが分かります。持ち手側にある照準線(終了線)の辺りまで吸収したら取り出します。

検査薬を水平な場所に置き、反応線の部分にラインが出るまで5~10分待ちます。乾燥によってラインの色が変わってしまう場合があるため、結果は必ず15分以内に判定してください。

もし照準線に比べ反応線が薄いながらもラインが出てきた場合は、hCGの濃度がまだ不十分であるものの妊娠している可能性があります。数日経ってから生理予定日後に再度検査するようにしてください。

使用に際しての注意事項

早期妊娠検査キットの保存可能期間は製造から2年です。消費期限が過ぎたものについては使用しないようにしてください。製造日についてはパッケージの裏面に記載があります。
保管に際しては30℃以下の涼しい場所で保管してください。

採尿は10時~20時の間が推奨されていますが、特に朝(午前中)の採尿の方がより確実な判定が可能です。
子宮外妊娠の場合も陽性反応が出ます。はっきりとした陽性反応が見られた時は、早めに病院を受診するようにしましょう。

胞状奇胎、絨毛上皮腫、胎盤組織の遺残、hCG産生腫瘍、ホルモン剤の投与などの場合も、陽性反応が出る可能性があります。

早期妊娠検査薬の口コミ

(2)

  •  男性 28
    市販で売られているものよりすぐに結果を知ることが出来ます。
  •  女性 21
    保険に購入。お店で買うのは勇気がいるので。