ザイロリック

GSKファーマ
3150円~
(5)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ザイロリック 100mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
3,500円 3,150円 カートに入れる
300錠 19%
OFF
10,500円 8,500円 カートに入れる
500錠 24%
OFF
17,500円 13,380円 カートに入れる
ザイロリック 300mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
9,500円 8,550円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ザイロリックについて

臨床試験で実証済!高尿酸血症を改善する治療薬
  • 尿酸の生成を抑えて痛風発作の発症や再発を予防します
  • 臨床試験で多くの患者に有効だと実証されています
  • 有効成分「アロプリノール」によって尿酸値の低下が期待できます

ザイロリックは痛風や高血圧症を伴う高尿酸血症(尿酸値が7.0mg/dL以上を超えた状態)の改善に効果のある治療薬です。Glaxo Smith Kline(グラクソスミスクライン)社より製造販売されています。継続して服用することで体内の尿酸の生成を抑え、痛風発作の発症や再発の予防、高尿酸血症の改善に効果を発揮します。あくまでも予防薬ですので、症状の悪化を避けるためにも服用は発作が治まってから行うようにしましょう。

ザイロリックの特徴

アロプリノールの働き

継続して服用することで、痛風の発症や再発の予防、高尿酸血症の改善に効果があるという点が最大の特徴です。尿酸値が増加する仕組みは、尿酸の生成量が過剰になる、尿酸の排出量が低下する 両方にあてはまる といったように体質によって異なります。ザイロリックは主に尿酸生産量過剰の体質の方の治療に用いられることが多いのですが、体内の尿酸の総量を減らすことで、ほかの体質の方にも効果が期待できます。

痛風発作の発症や再発を予防します

ザイロリックを使った臨床試験

ザイロリックの有効成分「アロプリノール」は、尿酸値を低下させる働きをします。継続して服用することで、アロプリノールの血中濃度を一定水準以上に保ち、体内の尿酸の生成量を抑え続けます。尿酸を正常な水準にコントロールし続けることで、体内ですでに結晶化している尿酸も少しずつ消失していきます。発作のあるなしに関わらず、毎日規則正しく服用することが改善のポイントです。

ザイロリックはあくまでも痛風発作の発症や再発を予防するためのお薬です。痛風発作を抑える効果はありません。発作が起きているときにザイロリックを飲み始めると、症状を悪化させる可能性があります。必ず発作が治まってから予防薬、改善薬として服用するようにしましょう。

臨床試験で有効性が実証されています

ザイロリックの尿酸値を低下させる効果は臨床試験により実証されたものですので、安心してお使いいただけます。痛風や高血圧症を伴う高尿酸血症を発症した患者343名(多くが尿酸値8.0mg/dL以上)を対象に試験したところ、痛風患者の88%に、高尿酸血症患者86.4%に十分な尿酸値の低下が確認されました。この結果より、ザイロリックを継続的に服用することは痛風発作の一因とされる高尿酸血症の改善に有効であると認められたのです。

ただし、ザイロリックの効果を維持するには継続的な服用が不可欠です。ザイロリックは体内で生成される尿酸の量を減らすことで、新たな尿酸の結晶化を起こりづらくします。最低でも6か月ほどの期間を要しますので、ご注意ください。

ザイロリックの効果

効果・効能
痛風、高尿酸血症
痛風または高血圧症を伴う高尿酸血症の尿酸値の上昇を抑えます

継続して服用することで尿酸値を低下させ、痛風の発症や再発の予防、高尿酸血症の改善に効果があります。

ザイロリックの服用方法

1回の用量
1錠(「アロプリノール」として100mg)
1日の服用回数
服用開始7日目まで…1回 服用開始8日目から…2~3回

食後にコップ1杯の水またはぬるま湯で服用してください。

服用は発作が起きていない状態で開始します。7日目までは1日1錠、8日目からは尿酸値の状態に応じて1回1錠、1日2~3回の服用を継続してください。

飲み忘れた場合はそのときに1錠を服用してください。ただし、まとめて2錠以上を飲むと急激に尿酸値が低下し痛風発作や副作用を引き起こす可能性があるため、必ず時間をあけて服用しましょう。

副作用について

ザイロリックの主な副作用は、食欲不振、胃部不快感、下痢などの消化器症状、発疹、脱毛などの皮膚症状、倦怠感などが報告されています。副作用の発生は稀ですが、気になる症状があらわれた際には一旦服用を中断し、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

また、ザイロリックの使用開始時に一時的な痛風発作が起きることがあります。継続して服用することで改善されていきますので、ご安心ください。

ザイロリックの有効成分について

有効成分「アロプリノール」配合

有効成分「アロプリノール」はキサンチンオキシターゼ(XO)という酵素の働きを阻害します。

尿酸は体内でプリン体がヒポキサンチン、さらにキサンチンという過程を経て分解された後の残存物です。ヒポキサンチンから尿酸への代謝に重要な役割をするのがXOであり、アロプリノールはその働きを阻害することによって尿酸の生産を減少させるのです。このような働きからキサンチンオキシターゼ(XO)阻害薬とも呼ばれています。

ザイロリックの口コミ

(5)

  •  女性 54
    通販できるのは本当に助かります。ただ7日ほどかかるのがネックですね。
  •  男性 40
    初めてのザイロリックです。痛風になって3年経ちますが、飲みの席だろうが宴会だろうがプリン体を避け続けて生きてきました。「これを食べたら発作がほぼ確実に出る」という食べ物で実験してみましたが、普通に何事もなくおいしく頂けました。嬉しくてみんなに自慢したあげく小躍りしてしまいました。大量買い確定です。
  •  男性 33
    リピ3回目。もはやザイロリックなしに生きていけません。
  •  男性 48
    痛風歴4年です。痛風のせいで食べ物・飲み物の制限が色々とあり面倒でしたが、このザイロリックのおかげで今まで避けてた物が食べれるようになりました。職業柄、会食が多いため非常に助かってます。
  •  男性 41
    半信半疑でしたが、実際に使ってみて驚きました!