HIV検査キット(採血)

JAL Innovation
3150円~
(2)

新型コロナウイルスの影響による配送遅延について

在庫あり
到着目安
5~14
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

HIV検査キット(採血)
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1箱 10%
OFF
3,500円 3,150円 カートに入れる
2箱 15%
OFF
7,000円 5,980円 カートに入れる
5箱 15%
OFF
17,500円 14,950円 カートに入れる
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アイケアHIV検査キットについて

受診の手間も採血も不要!自宅で簡単にできるHIV口腔検査キット
  • 口の中の組織を綿棒で取り検査液に浸すだけで、簡単に検査できます
  • 二種類のHIVウイルスに対応しており、非常に高精度です
  • 自宅で即日検査結果が分かり、プライ

アイケアHIV検査キットは、シンガポールのJALイノベーション社が製造するAIDS(後天性免疫不全症候群)の検査キットです。
AIDSの原因となるHIVウイルスには、HIV-1とHIV-2という二種類の型が存在します。アイケアHIV検査キットは1と2の二種類に対応しており、いずれのウイルスも検出することが可能です。

アイケアHIV検査キットの特徴

アイケアHIV検査キットの一番の特徴は、誰にでもできる検査方法の簡便性にあります。

通常、病院や保健所でHIV抗体検査を受ける場合は事前に予約を行い、医師の問診もしくは面談をへて採血した後、検査結果が分かるのは即日検査を除いて多くの場合1週間程度先になります。また偽陽性が出るのを防ぐため、感染したと思われる日から2~3ヶ月経過してからでなければ検査を受けられないとしている病院も少なくありません。

さらに病院でHIV抗体検査を受けると保険適用外になることがほとんどで、数千円から1~2万円前後の費用負担が必要です。
アイケアHIV検査キットは、正確な時間の計測が必要であるためタイマーか時計を準備する必要はありますが、それ以外の検査に必要な器具は全て検査キットに入っています。検査キットに付属の綿棒で口の中の上皮組織を擦り取り、検査液に浸けて10分で結果が判明します。価格も1セットで2000~4000円程度と、病院での検査費用より安価であるというのもメリットです。

採血の必要がなく、二種類のHIVウイルス両方を検出できます

アイケアHIV検査キットは口腔検査用のキットであり、採血する必要はありません。自分で採血することに抵抗があった方でも非常に使いやすくなっており、口の中を綿棒で擦るだけで検体を採取することができます。採取した検体は専用の容器で希釈剤と混合し、検査カセットに液を垂らして結果を判読します。この際、攪拌容器の下部のふたを取り外すことで容器をそのままスポイトのように使用でき、自宅での性病検査が初めての方でも簡単に取り扱うことができます。また標本液が外部に散るリスクを減らすことができるため、二次感染を防ぐ効果もあります。

またアイケアHIV検査キットは、二種類あるHIVウイルスを二つとも検出することが可能です。
実はHIVウイルスには、HIV-1とHIV-2の二種類があります。現在世界的に感染者が存在するのがHIV-1で、主に西アフリカで感染が見られるのがHIV-2です。日本でも感染例のほとんどはHIV-1ですがHIV-2の感染例が全くないわけではなく、今後二つのウイルス両方において感染の拡がりに注意が必要だと言えます。

このように、アイケアHIV検査キットは検査方法も簡単で、かつ二種類のウイルス検出をカバーした使いやすい検査キットです。

検査結果を人に知られる心配がなく、自宅で全て完結します

HIVをはじめ性行為による感染が見られる感染症は、検査を受けるために病院を受診したり保健所に行ったりすることを躊躇する人も多いのが現実です。保健所では匿名で検査を受けることはできますが、担当者との面談など直接人と顔を合わせることは避けられません。

アイケアHIV検査キットは、自宅にいながら検査後10分で結果が判明します。結果が出るまで何日も待つ必要がなく、他人に検査を受けていることを知られる心配もありません。感染判明後は早期の治療が重要になるHIVにおいて、即日検査が自宅でできるということは非常に意味があります。

アイケアHIV検査キットの使用方法

検査時間
10分
陽性の表示
「C」と「T」両方にピンクのラインが出る
陰性の表示
「C」のみピンクのラインが出る
検査失敗の表示
「C」にも「T」にもラインが出ない、または「T」のみピンクのラインが出る

まず、パウチの中から口内の検体採取用綿棒を取り出し、スポンジ部分を口の中に差し込みます。
そしてスポンジを上側の歯肉線(歯と歯茎の境目)に置き、そのまま左右を行ったり来たり動かしてやさしく擦ります。同様に、下側の歯肉線に沿ってもスポンジを動かして検体を擦り取ります。この時スポンジの両面に対して検体が付着するように、上下とも5~6回ずつ左右に動かす動作を繰り返すようにしましょう。

スポンジを口から出し、濡れた状態のまま希釈剤の入った攪拌容器の中に差し入れます。スポンジを攪拌容器の壁に沿わせるようにしてかき混ぜた後、綿棒の棒部分を折り取ってスポンジ部分だけを攪拌容器の中に浸けておきます。
攪拌容器のふたをしっかりと閉め、中の希釈剤がしっかりと混ざるよう上下に20回程振り混ぜます。

次に、密閉パウチに入った検査用カセットを取り出します。検査用カセットは、空気中の湿気によって検査結果が変わってしまう可能性があるため、パウチから取り出した後は速やかに検査を行うようにしましょう。

攪拌容器の下部にあるふたを取り外し、ドロッパー(検体を滴下する箇所)を露出させます。
検査用カセットのくぼみ部分にドロッパーからゆっくりと垂直に3~4滴垂らし、再びドロッパーのふたを閉めます。
タイマーできっちり10分測った後、結果を判読します。

使用に際しての注意事項

15分以上経過した後は、ラインの色が変化したり新たなラインが現れたりなど、誤った結果が出てしまう場合があります。検査結果は必ず10分後に判読し、その後すみやかに検査キットを処分するようにしましょう。

検査は付属の攪拌容器の中でのみ行ってください。また、希釈剤は飲まないようにしてください。
使用期限が過ぎたものについては使用しないようにしてください。また保管に際しては30℃以下の乾燥した涼しい場所で保管してください。
万一パウチに穴があいていたり封が切られていたりした場合は、使用しないでください。

検査前の少なくとも10分間は、飲み物、食べ物、たばこなど一切口に入れないようにしてください。
使用した標本は、感染性があるものとして取り扱ってください。検査後、容器や綿棒などの器具は適切に処分するようにしましょう。
高温多湿の環境は、正しい検査結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

HIV検査キット(採血)の口コミ

(2)

  •  男性 37
    検査してみました。大丈夫でした。
  •  女性 34
    痳病感染の疑いアリで購入。病院にいかずにセルフチェックできるのは有難いです。