ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

祝日割
簡単購入ガイド

クロルプロマジン

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

クロルプロマジン 100mg
内容量 獲得ポイント 1箱単価 販売価格 ご注文
1箱 96 3,230円 3,230円 カートに入れる
クロルプロマジン
クロルプロマジン
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

クロルプロマジンの商品詳細

商品名
クロルプロマジン
内容量
1箱あたり100錠
成分量
100mg
有効成分
クロルプロマジン塩酸塩
効果・効能
統合失調症、うつ病、不安障害、吐き気、躁病など
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
DD Pharma(DDファーマ)

クロルプロマジンは統合失調症やうつ病などに対して優れた症状改善効果を発揮する、コントミンのジェネリック医薬品に該当する精神神経安定剤です。
ドーパミンの過剰分泌を抑制する作用で、高ぶった神経を鎮めると同時に緊張をほぐす効果を有しています。
配合されているクロルプロマジン塩酸塩は、古くから統合失調症やうつ病、不安障害に吐き気など幅広い症状に対して処方されてきた実績を持っており、初めてでも安心して服用できます。

クロルプロマジンの特徴

コントミンから安心して切り替え可能!同じ有効成分を配合した精神神経安定剤
  • 統合失調症の中でも陽性症状に対して高い治療効果を発揮
  • 国内で処方されているコントミンと同じ有効成分配合で使いやすい
  • 何度も購入手続きしたくない方必見の大容量100錠入り
効果・効能
統合失調症、うつ病、不安障害、吐き気、躁病など
ドーパミンの過剰分泌を抑える働きによって不安や緊張を和らげ、安定した精神状態へと導く効果を発揮します。

有効成分として配合されているクロルプロマジン塩酸塩が中枢神経系に作用して、脳内の神経伝達物質の一つであるドーパミンの働きを抑制します。
統合失調症やうつ病などの症状は、ドーパミンの過剰分泌が大きな要因と言われています。
ドーパミン受容体がブロックされてドーパミンの過剰分泌が抑えられるため、精神状態が安定して諸症状を改善します。

クロルプロマジンについて

クロルプロマジンはインドに本拠地を置く、大手製薬会社のDD Pharma(DDファーマ)が製造販売している精神神経安定剤です。
思考の混乱や幻覚、被害妄想や迫害妄想などが症状として現れる統合失調症は、主にドーパミンの過剰分泌によって発症します。
また、不安障害やうつ病の症状もドーパミンの過剰分泌が原因の一つとされており、治療するにはドーパミンの過剰分泌を抑える必要があります。
クロルプロマジンに含まれるクロルプロマジン塩酸塩は、ドーパミンの過剰分泌を抑制して脳の働きを正常にする効果を持っています。
統合失調症には陽性症状と陰性症状がありますが、クロルプロマジンは陽性症状に対して特に高い治療効果を発揮します。
また、陰性症状に対しても一定の効果が期待できます。
クロルプロマジン塩酸塩は国内の精神科でよく処方されているコントミンにも含まれる有効成分であり、クロルプロマジンはコントミンのジェネリック医薬品として開発された経緯を持っています。
コストパフォーマンスに優れた特徴を持っているため、治療費を節約したい方におすすめのお薬です。

経済的負担の大幅軽減で安心して治療に励めるジェネリック医薬品

先発医薬品のコントミンは統合失調症やうつ病の患者に対して、古くから処方されてきた高い実績を持っています。
反面、薬代が高い難点を抱えており、経済的負担が大きくのしかかってしまいます。
統合失調症やうつ病は症状が改善するまで時間が掛かりやすく、コントミンを飲み続けるのは効率が良いとは言えません。

コントミンのジェネリック医薬品であるクロルプロマジンは、コントミンと同等の効果効能を有しています。
お薬代はクロルプロマジンの方が遥かに安いため、服用の続けやすさはコントミンより優れています。
治療の長期化による経済的負担が軽減できますので、安心して服用を続けることが可能です。
コントミンの継続服用による経済的負担を感じている方は、クロルプロマジンへの切り替えがおすすめです。

クロルプロマジンの服用方法

1回の用量
0.3~4.5錠(クロルプロマジンとして30~450mg)
服用のタイミング
指定なし
1日の服用回数
数回
服用する間隔
6時間以上

1日30~100mgを数回に分けて、水またはぬるま湯を用いて服用してください。
精神科領域においては、50~450mgを数回に分けて服用してください。
いずれも年齢及び症状に合わせて適宜増減可能です。
初めて服用する際は、少量から服用を開始して様子を見るようにしましょう。

服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。
より高い治療効果を期待して過剰量を服用しても効果に違いはなく、副作用を起こしやすくなってしまいます。
飲み忘れた際は思い出したタイミングで服用してください。
ただし、次回分の服用が迫っている場合は、飲み忘れ分は飛ばして次回分から服用を再開しましょう。
2回分をまとめて服用しないでください。薬の効果を増強する恐れがあるため、アルコールとの併用は避けてください。
服用後は集中力や注意力の低下、眠気を催す恐れがあります。
そのため、服用後に車や機械類の運転及び操作は行わないでください。
服用中に体調不良を感じた場合は、一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。
効果効能には個人差がありますので、予めご了承ください。

クロルプロマジンのよくある質問

医師の診断は受けていませんが、不安定な精神状態になりやすいので飲んでも大丈夫ですか?
クロルプロマジンは精神神経安定剤の中でも強い作用を持つ治療薬であるため、医師の指示に基づいての服用が推奨されています。
自己判断で服用すると症状の悪化や副作用の発症リスクを高めてしまいますので、医師の診察を受けてから服用しましょう。
病院でクロルプロマジンを処方してもらうことは可能ですか?
クロルプロマジンは日本国内において未承認なので、病院で処方してもらうことはできません。
処方せんは必要ですか?
いいえ、必要ありません。当サイトで取り扱っている医薬品は、全て海外から個人輸入で取り寄せるため処方せんは必要ありません。

クロルプロマジンの副作用

主な副作用
  • 頭痛
  • めまい
  • 不眠
  • 錯乱
  • 痙攣
  • 発熱
  • 口喝
  • 倦怠感
  • 血圧降下
  • 不整脈
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 悪心
  • 眼内圧亢進
  • 女性化乳房
  • 過敏症状など

クロルプロマジンを服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。
いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • 悪性症候群
  • 突然死
  • 心室頻拍
  • 再生不良性貧血
  • 溶血性貧血
  • 無顆粒球症
  • 白血球減少
  • 麻痺性イレウス
  • 遅発性ジスキネジア
  • 遅発性ジストニア
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)
  • 眼障害
  • SLE様症状
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 横紋筋融解症
  • 肺塞栓症
  • 深部静脈血栓症など

クロルプロマジンを服用した際に上記のような稀な副作用を起こすことが報告されています。
万が一これらの症状が確認できた場合は、必ず服用を中止してから医師の診察を受けるようにしてください。

クロルプロマジンの注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 初めてクロルプロマジンを服用する方
  • 肝障害又は血液障害をお持ちの方
  • 褐色細胞腫、動脈硬化症又は心疾患の疑いがある方
  • 重症喘息、肺気腫、呼吸器感染症などをお持ちの方
  • てんかんなどの痙攣性疾患又はこれらの既往歴をお持ちの方
  • 高温環境で過ごすことのある方
  • 脱水・栄養不良状態などを伴う身体的疲弊のある方
  • 幼児、小児の方
  • 高齢者の方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • フェノチアジン系化合物及びその類似化合物に対してアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 昏睡状態・循環虚脱状態の方
  • バルビツール酸誘導体・麻酔剤などの中枢神経抑制剤の強い影響下にある方
  • アドレナリンを投与中の方
  • 皮質下部の脳障害の疑いがある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方など
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • 中枢神経抑制剤
  • 降圧剤
  • アトロピン様作用を有する薬剤
  • ドンペリドン
  • メトクロプラミド
  • リチウム
  • ドーパミン作動薬
  • アルコール
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • アドレナリン

クロルプロマジンの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

クロルプロマジンの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー