ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

簡単購入ガイド

メラトニン

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

メラトニン 3mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
60錠 77 43円 2,580円 カートに入れる
120錠 122 34円 4,080円 カートに入れる
メラトニン 5mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
120錠 157 43円 5,250円 カートに入れる
240錠 263 36円 8,780円 カートに入れる
メラトニン
メラトニン メラトニン
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

メラトニンの商品詳細

商品名
メラトニン
内容量
1本あたり60錠/120錠
成分量
3mg/5mg
有効成分
メラトニン、ビタミンB6など
効果・効能
睡眠障害の改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Source Naturals(ソースナチュラルズ)

メラトニンは睡眠の質を向上させる有効成分が配合された、睡眠障害に悩まされている方必見の睡眠導入サプリメントです。
睡眠障害はストレスや生活習慣の乱れが原因で、年齢問わず誰でも発症する恐れがあります。メラトニンは医薬品成分が一切配合されていませんので、睡眠薬のように副作用を気にすることなくご使用いただけます。
本商品は有効成分の配合量と錠数が異なる2タイプが購入できますので、自分の身体に合ったサプリメントが購入可能です。

メラトニンの特徴

就寝前に服用するだけで自然な眠りを誘う身体に優しい睡眠改善サプリメント
  • 医薬品成分未配合のサプリメントだから副作用が気になる方にピッタリ
  • 有効成分の配合量が2種類から選べるので身体に合わせて購入可能
  • 穏やかな作用で依存性や習慣性を起こしにくい優れた安全性
効果・効能
睡眠障害の改善
睡眠の質を向上させる効果を持つメラトニンの働きによって、スムーズな入眠を促し睡眠障害を改善へと導く効果が期待できます。

有効成分として配合されているメラトニンは脳の松果体で分泌されているホルモンの一種で、睡眠や覚醒のリズムを整える作用を持っています。
睡眠障害の方は体内時計が乱れていることが多く、メラトニンを摂取することによって体内時計を正常な状態に戻す効果が期待できます。
これらの効果は睡眠薬と比較して穏やかなので、副作用などを起こしにくくなっています。

メラトニンについて

メラトニンはアメリカに本拠地を置く、Source Naturals(ソースナチュラルズ)が製造販売している睡眠改善効果が期待できるサプリメントです。

代表的な症状として不眠症が挙げられる睡眠障害は、ストレスや生活習慣の乱れなどを原因として発症してしまいます。
日本では成人している方の約20%は、何らかの睡眠障害に悩みを抱えていると言われています。
また近年では就寝間際のスマホやPCの利用によって入眠障害を持つ方も増加しています。

そんな睡眠障害の治療方法として睡眠薬の服用が一般的ですが、睡眠薬は副作用も起こしやすく使いにくさを感じる方も多くいらっしゃいます。
そんな方におすすめなのが今回紹介する睡眠改善サプリメントのメラトニンです。サプリメントなので医薬品成分を一切含んでおらず、睡眠薬のような副作用を起こすことはありません。
またメラトニンの配合量と錠数が異なる2タイプが揃っていますので、ライフスタイルや体質に合わせてご購入いただけます。

幅広い年代の方が愛用できる使いやすさに優れたサプリメント

医師の処方は勿論、ドラッグストアでも購入できる睡眠薬は優れた睡眠改善効果を持つ反面、一部の睡眠薬はふらつきや運動機能の低下、さらには認知機能の低下など様々な副作用を起こすことが報告されています。

特に高齢の方はこれらの副作用が強く出る恐れがあるため、睡眠薬はなるべく服用しないことが推奨されています。
「自分も高齢者に該当する年齢だけど、不眠症が辛いので治療したい」、そんな方でも安心してお使いいただけるのがサプリメントのメラトニンです。

睡眠障害の改善効果が期待できる有効成分が配合されていますが、いずれも医薬品成分ではないので睡眠薬特有の急激な眠気や副作用を起こすことはありません。
そのため高齢者の方でも、副作用を気にすることなく服用できます。

またメラトニンは睡眠に関連するホルモンを補給して眠気を促しますので、「寝起きが辛くなる」や「日中まで眠気やだるさが残る」といったこともありません。
以上のような理由から、睡眠薬より使いやすさに優れたサプリメントとして高い人気を集めています。

メラトニンの服用方法

1回の用量
1錠(メラトニンとして3mg又は5mg)
服用のタイミング
就寝前
1日の服用回数
1回
服用する間隔
指定なし

睡眠障害の症状が現れているときに、1日1回1錠を水またはぬるま湯を用いて服用してください。
症状に合わせて服用量は適宜調節可能ですが、3mgについては1日2錠、5mgについては1日1錠を超えないようにしてください。
症状が改善したら速やかに服用を中止しましょう。

服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。より高い睡眠改善効果を期待して過剰量を服用しても効果に違いはなく、体調不良を起こしやすくなってしまいます。

就寝前以外には服用しないでください。

病院から処方されている薬がある場合は本サプリメントの服用を開始する前に、医師と併用の可否について相談してください。

サプリメントの効果に影響を与える恐れがあるため、服用前後にアルコールを摂取するのは控えるようにしましょう。

服用後は眠気を催しますので、車や機械類の操作は控えるようにしましょう。

服用中に体調不良を感じた場合は、一旦服用を中止して様子を見るようにしましょう。効果効能には個人差がありますので、予めご了承ください。

メラトニンのよくある質問

睡眠薬と併用してもいいですか?
メラトニンと睡眠薬は睡眠障害に対して、異なる作用機序で改善へと導きます。そのため併用しても特に問題はありません。
ただし併用中に体調不良を感じた場合は、速やかに服用を中止してください。
初めて使うなら3mgと5mg、どちらがおススメですか?
基本的にどちらを使用しても問題ありませんが、初めての使用で不安がある方は有効成分の配合量が少ない3mgから始めるのが良いでしょう。

メラトニンの副作用

主な副作用
  • 特になし

メラトニンを服用した際の副作用についてこれまで報告されていません。
しかし服用中に体調不良を感じた場合は、一旦服用を中止して様子を見るようにしてください。

稀な副作用
  • 特になし

メラトニンを服用した際の稀な副作用はこれまで報告されていません。

メラトニンの注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 初めてメラトニンを服用する方
  • 自己免疫疾患をお持ちの方
  • 糖尿病をお持ちの方
  • 白血病をお持ちの方
  • うつ病をお持ちの方
  • 甲状腺疾患をお持ちの方
  • てんかんをお持ちの方
  • リンパ増殖性障害をお持ちの方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にメラトニンに含まれる成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 未成年の方など
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • MAO阻害薬
  • プレドニン
  • ヒドロコルチゾンなど
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 特になし

メラトニンの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

メラトニンの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー