ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

祝日割
簡単購入ガイド

ガバドン

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ガバドン 300mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
100錠 118 39円 3,940円
ガバドン
ガバドン
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ガバドンの商品情報

商品名
ガバドン
内容量
1箱あたり100錠
成分量
300mg
有効成分
ガバペンチン
効果・効能
てんかんの部分発作抑制
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Knoll Healthcare(ノールヘルスケア)

脳疾患の一つであるてんかんは大きく全般発作と部分発作に分けられ、大人は全般発作より部分発作を起こしやすいと言われています。

ガバドンはてんかんの中でも部分発作に対して特に優れた治療効果を持つ、経口服用タイプの抗てんかん薬です。

ガバドンは従来の抗てんかん薬とは作用機序が異なるため、他の抗てんかん薬との併用でより高い治療効果が期待できます。

また副作用を起こしにくいので、安全性に配慮しながらてんかん治療を進めることが可能です。

ガバドンの特徴

副作用の発症リスクが少なく発作のコントロールもしやすい部分発作の治療薬
  • 大人に多いてんかんの部分発作による諸症状を鎮めることが可能
  • 幅広い方に効果をもたらす新しい作用機序の有効成分を配合
  • 長期に渡るてんかん治療のお供にピッタリなジェネリック医薬品
効果・効能
・てんかんの部分発作抑制
・他の抗てんかん薬と併用することによって、てんかんによる部分発作やけいれんなどの症状を鎮めます。

ガバドンに含まれる有効成分ガバペンチンは、
脳の興奮を抑える受容体の働きを活発にする作用によって、てんかん発作の症状を抑える
ことができます。

他の抗てんかん薬は主に興奮状態の神経細胞膜やシナプス機能に直接作用し、興奮状態を鎮めて発作を抑えます。

このようにガバドンは他の抗てんかん薬と作用機序が異なりますので、併用することによって高い症状改善効果が期待できます。

ガバドンについて

ガバドンはインドに本拠地を置く
Knoll Healthcare(ノールヘルスケア)が製造販売している、てんかんの部分発作抑制作用を持つ治療薬です。

てんかん発作は身体のけいれんなどを伴う脳疾患の一つであり、子供から大人まで年齢関係なく発症する病気です。

脳の過剰な興奮で引き起こされる症状であるため、てんかん発作を抑えるには脳の過剰な興奮を抑える必要があります。

ガバドンに含まれる有効成分ガバペンチンは興奮性の神経伝達物質であるカルシウムイオンの流入や及び結合を抑制する作用を持っており、この作用によって脳の過剰な興奮を抑えることができます。

また抑制性の神経伝達物質であるGABA(γアミノ酸)を増やす作用も持っています。

日本の医療機関でも処方されているガバペンのジェネリック医薬品に該当する治療薬なので、てんかん治療に掛かる費用を少しでも抑えたい方におすすめの治療薬です。

また、この薬はがん疼痛緩和などにおける疼痛補助薬や頭痛発作の予防薬として使用するケースもあります。

他の抗てんかん薬との併用療法でより高い治療効果を発揮

抗てんかん薬に限らず治療薬の効果効能には、服用する方の体質や現れている症状が大きく影響してしまいます。

そのため抗てんかん薬の中には単体の使用では、期待していたほどてんかん発作を抑える効果が期待できない場合もあります。

そんなときにおすすめなのが、今回紹介するガバドンです。他の抗てんかん薬とは異なる作用機序を持っており、併用によって作用や副作用を増強してしまう恐れがありません。

一緒に服用することでそれぞれ異なる作用でてんかんに対して治療効果を発揮しますので、単体の使用では効果が無かった場合でも治療効果が期待できます。

またガバドンは副作用を起こしにくい特徴も備えているため、併用による副作用が気になる方でも安心してご使用いただけます。

ガバドンの服用方法

1回の用量
1~2錠(ガバペンチンとして300~600mg)
服用のタイミング
指定なし
1日の服用回数
2~3回
服用する間隔
指定なし
服用する期間
適宜

成人及び13歳以上の幼児の場合は服用初日は1日600mg、2日目は1200mgをそれぞれ3回に分割して服用します。

3日目以降は1200~1800mgを3回に分割して水またはぬるま湯を用いて服用してください。2日目からは指定量を1日3回に分けて服用しましょう。

症状に合わせて適宜増減できますが、
1日2400mgを超えないようにしてください。

3歳〜12歳の幼児及び小児の場合は1日量10mg、2日目は20mgをそれぞれ3回に分割して服用します。

3日目以降は3〜4歳の幼児には1日40mg、5〜12歳の幼児及び小児には1日25〜35mgを3回に分割して服用させてください。

症状に合わせて適宜増減できますが、1日50mgを超えないようにしてください。

服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。
より高い治療効果を期待して過剰量を服用しても効果に違いは無く、副作用を起こしやすくなってしまいます。

ガバドンは他の抗てんかん薬と併用して服用しなければいけません。
ガバドン単体で服用しないでください。

1日3回服用する場合は服用間隔が12時間を超えないようにしましょう。

服用を忘れた場合は思い出してタイミングで服用してください。
2回分をまとめて服用しないでください。

傾眠やめまい、注意力低下などの副作用を起こしやすいため、服用中は車や機械類の運転及び操作は控えるようにしましょう。

またこれらの副作用は服用初期に特に起こりやすいので注意しましょう。

服用中は体重が増加するケースがありますので、適度な運動やバランスのとれた食事で対処してください。

服用中に体調不良を感じた場合は、一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

ガバドンのよくある質問

薬の効果に食事やアルコールの有無は影響しますか?
ガバドンに含まれる有効成分ガバペンチンは、食事やアルコールの影響を受けるような特性は持っていません。そのため服用する際に食事やアルコールについて、特に気にすることなくご使用いただけます。
てんかん発作の症状が治まってきたら薬を中止しても良いですか?
ガバドンを長期連用している時に服用量を急激に減量したり中止したりすると、てんかん発作の増悪又はてんかん重積状態に陥る場合があります。
そのためガバドンの服用を中止する場合は、事前にかかりつけの医師と相談して最低1週間はかけて徐々に減量してください。
処方せんは必要ですか?
いいえ、必要ありません。当サイトで取り扱っている医薬品は、全て海外から個人輸入で取り寄せるため処方せんは必要ありません。

ガバドンの副作用

主な副作用
  • 傾眠
  • 浮動性めまい
  • 頭痛
  • 複視
  • CK増加
  • サイロキシン減少
  • 抗核因子陽性
  • 神経過敏
  • けいれん
  • チック
  • 発疹
  • そう痒
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲減退
  • 白血球減少
  • 高血圧
  • 動悸
  • 倦怠感
  • 関節痛
  • 体重増加など

ガバドンを服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • アナフィラキシーショック
  • 急性腎障害
  • 皮膚粘膜眼症候群
  • 薬剤性過敏症症候群
  • 肝炎
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 横紋筋融解症など

ガバドンを服用した際に上記のような稀な副作用を起こすことが報告されています。万が一これらの症状が確認できた場合は、必ず服用を中止してから医師の診察を受けるようにしてください。

ガバドンの注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 初めてガバドンを服用する方
  • 腎機能障害をお持ちの方
  • 血液透析をしている方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 小児の方
  • 高齢者の方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を服用することはできません。
  • 過去にガバドンに含まれる成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 過敏症の方
併用注意
次の薬と合わせての服用には注意が必要です。
  • 制酸剤
  • オピオイド系鎮痛剤
  • 水酸化アルミニウム
  • 水酸化マグネシウム
  • モルヒネ
併用禁忌
次の薬と合わせての服用は避けてください。
  • 特になし

ガバドンの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ガバドンの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー