ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

土日割
簡単購入ガイド

ハロベートクリーム

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ハロベートクリーム 30g
内容量 獲得ポイント 1本単価 販売価格 ご注文
1本 59 1,980円 1,980円 カートに入れる
2本 112 1,880円 3,760円 カートに入れる
3本 160 1,783円 5,350円 カートに入れる
ハロベートクリーム
ハロベートクリーム
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ハロベートクリームの商品詳細

商品名
ハロベートクリーム
内容量
1箱あたり30g
成分量
ハロベタゾール0.05%
有効成分
ハロベタゾール
効果・効能
アトピー性皮膚炎
湿疹
乾癬
円形脱毛症などの改善
形状・剤形
軟膏、クリームタイプ
対象性別
男女兼用
製薬会社
Eris Oaknet Healthcare Pvt. Ltd.

ハロベートクリームは5段階に分類されるステロイドの強さの中で、最も強い作用を持つstrongestの有効成分ハロベタゾールが配合されたステロイド外用薬です。

優れた抗炎症作用と免疫抑制作用を持ちますので、治療が難しいとされているアトピー性皮膚炎を含む重度のアレルギー症状に対して高い治療効果を発揮します。

また全身性の副作用を起こしにくい局所作用の外用薬なので、安全性が気になる方におすすめの治療薬です。

ハロベートクリームの特徴

強力な抗炎症作用と免疫抑制作用で重い症状も素早く鎮めるステロイド外用薬
  • アトピー性皮膚炎による辛い痒みや赤みも抑えることが可能
  • 局所作用を発揮する外用薬だから全身性の副作用を起こしにくい
  • 皮膚から吸収されやすいクリームタイプなので即効性も抜群
効果・効能
・アトピー性皮膚炎、湿疹、乾癬、円形脱毛症などの改善
・優れた抗炎症作用と免疫抑制作用によって、アトピー性皮膚炎などの辛い痒みや赤みを速やかに鎮めます。

ハロベートクリームに配合されている有効成分ハロベタゾールは、ステロイドの強さで最も強いstrongestに分類されています。

市販されているステロイド外用薬より強い作用を持っているため、重度のアレルギー症状や皮膚が厚い場所に現れた症状に対しても優れた治療効果を発揮します。

本剤はクリームタイプなので患部に吸収されやすく、内服薬と比較して速やかに症状を鎮めることができます。

他のステロイド剤と同様に長期連用できないため使用する際は注意が必要です。

ハロベートクリームについて

ハロベートクリームはステロイド外用薬です。
日本では未承認の治療薬なので国内の医療機関で処方されることはありませんが、海外では優れた抗炎症作用と免疫抑制作用を持つ治療薬として広く使用されています。

配合されている有効成分ハロベタゾールはステロイドの強さで1群のstrongest(最も強い)に分類され、市販のステロイド外用薬では症状が改善できなかった重い皮膚症状に対しても高い治療効果が期待できます。

特にアトピー性皮膚炎の治療薬として使用されることが多く、辛い痒みや赤みを素早く抑えることが可能です。

ただし非常に作用が強いので皮膚が薄いデリケートな場所には使用できないなど、塗布する場所には注意しなければいけません。

辛い痒みをいち早く抑えたい方にピッタリなクリームタイプ

アトピー性皮膚炎などアレルギー症状による痒みは非常に強く、放置していると患部を掻きむしってさらに皮膚の状態を悪くしてしまう恐れがあります。

そんなアレルギー症状を抑える治療方法として、内服薬を用いることがあります。内服薬は広範囲に症状が現れているときに有効ですが、一度薬効成分が胃や腸から体内に吸収されて患部に行き渡るため即効性にはあまり期待できません。

今回紹介するハロベートクリームは皮膚に直接塗布する外用薬なので、狭い範囲に症状が現れているときに有効です。また有効成分が素早く患部に吸収されるため、辛い症状を素早く抑えることができます。

さらに優れた抗炎症作用によって短期間の使用で症状が改善できますので、ステロイド外用薬で注意すべき長期連用を避けることができます。

ハロベートクリームの使用方法

1回の用量
適量
使用のタイミング
指定なし
1日の使用回数
1~2回
使用する間隔
指定なし

患部と手を清潔にした上で、1日1~2回薬剤を直接塗布してください。塗布した後は手を綺麗に洗いましょう。

必要最低限の使用が推奨されていますので、症状が改善したら速やかに使用を中止しましょう。

症状により適宜増減できますが、使用量や使用期間はかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

使用時の注意

必ず用法用量を守って使用してください。より早い症状改善を期待して過剰量を使用しても効果に違いは無く、副作用を起こしやすくなってしまいます。

本剤は外用としてのみお使いください。皮膚の薄い場所には使用しないでください。また目に薬剤が入らないよう気を付けてください。

皮膚感染を伴う症状の箇所には使用しないでください。

塗り忘れた場合は思い出したタイミングで塗布してください。ただし次回分の塗布が近い場合は、塗り忘れ分は飛ばして次回分から塗布を再開しましょう。

2回分をまとめて塗布しないでください。2週間ほど使用しても症状が改善しない場合は、使用を中止して早めに医師の診察を受けるようにしてください。

また使用中に異常が現れた場合も同様に、一旦使用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

ハロベートクリームのよくある質問

皮膚が化膿している場所にも使えますか?
本剤を含めステロイド外用薬は、細菌感染やウイルス感染による皮膚症状にはお使いいただけません。
皮膚が化膿していると細菌感染などが疑われますので、抗菌薬など別のお薬を使うようにしてください。
塗布した後のべたつきはありますか?
本剤は非常に伸びの良いクリームに仕上げられていますので、塗布後もべたつきにくい特徴を持っています。
ただし使用感は個人差がありますので、ご購入される際は予めご了承ください。
処方せんは必要ですか?
いいえ、必要ありません。当サイトで取り扱っている医薬品は、全て海外から個人輸入で取り寄せるため処方せんは必要ありません。

ハロベートクリームの副作用

主な副作用
  • 過敏症(痒み、赤みなど)
  • 皮膚刺激感
  • 皮膚真菌症
  • 細菌感染症
  • ざ瘡様発疹
  • ステロイド皮膚
  • 接触性皮膚炎
  • 下垂体・副腎皮質系機能抑制など

ハロベートクリームを使用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。
いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • 眼圧亢進
  • 緑内障
  • 後のう白内障など

ハロベートクリームを使用した際に上記のような稀な副作用を起こすことが報告されています。万が一これらの症状が確認できた場合は、使用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

ハロベートクリームの注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 初めてハロベートクリームを使用する方
  • 高齢者の方
  • 小児の方など
使用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にハロベートクリームに含まれる成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患をお持ちの方
  • 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎をお持ちの方
  • ベーチェット病を除く潰瘍がある方
  • 第2度深在性以上の熱傷・凍傷がある方など
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • 特になし
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 特になし

ハロベートクリームの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ハロベートクリームの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー