ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

祝日割
簡単購入ガイド

エナラプリル

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

エナラプリル 2.5mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
150錠 93 20円 3,110円 カートに入れる
300錠 143 15円 4,790円 カートに入れる
エナラプリル
エナラプリル
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

エナラプリルの商品情報

商品名
エナラプリル
内容量
1箱あたり150錠
成分量
2.5mg
有効成分
エナラプリルマレイン酸塩
効果・効能
本態性高血圧症、腎性高血圧症、腎血管性高血圧症、悪性高血圧などの症状改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Intas Pharmaceuticals Ltd(インタスファーマシューティカル)

エナラプリルは血管拡張作用によって高くなった血圧を下げる効果を持つ、経口服用タイプの降圧薬です。
本態性高血圧症や腎性高血圧症など幅広い高血圧症に対して優れた治療効果を持っており、若者から年配の方まで幅広い方が服用できます。

高血圧症は様々な病気を進行させる原因となるため、高血圧症を改善することによって様々な病気の予防効果にも併せて期待できます。

また1日1回の服用で効果を発揮しますので、忙しい方や薬の飲み忘れが気になる方でも安心してご使用いただけます。

エナラプリルの特徴

飲みやすさとコストパフォーマンスの高さの両方に優れたおすすめの降圧薬
  • 1日1回好きなタイミングで服用できるから誰でも続けやすい
  • 血圧を正常に保つ作用で重大な病気の進行を防ぐことが可能
  • レニベースのジェネリック医薬品なので低価格で購入可能
効果・効能
本態性高血圧症、腎性高血圧症、腎血管性高血圧症、悪性高血圧などの症状改善
血管拡張作用を持つ有効成分の働きによって、高くなった血圧を正常値に近づける効果を持っています。

エナラプリルに配合されている有効成分エナラプリルマレイン酸塩は、アンジオテンシン変換酵素の働きを抑制する効果を持っています。

アンジオテンシン変換酵素はアンジオテンシンIIの生成に必要な酵素で、アンジオテンシンIIは血管の収縮を促して血圧を上げる作用があります。

エナラプリルマレイン酸塩の働きによってアンジオテンシン変換酵素の働きが抑制されると、アンジオテンシンIIの生成が抑えられるため血圧が下がります。
血中濃度半減期が約14時間と長いため、1日1回の服用でも高い降圧作用を発揮します。

エナラプリルについて

エナラプリルはインドのアフマダーバードに本拠地を置く、製薬会社のIntas Pharmaceuticals Ltd(インタスファーマシューティカル)が製造販売している降圧薬です。

日本の医療機関でも処方されているレニベースと同じ有効成分エナラプリルマレイン酸塩が配合されたジェネリック医薬品で、優れた治療効果と価格の安さを兼ね備えています。

エナラプリルを製造販売しているIntas PharmaceuticalsはアメリカのFDA(食品医薬品局)を筆頭に世界各国の機関で承認を受けた施設で製造しているため、品質面について気にすることなく安心してご使用いただけます。
また1箱150錠も入っているため、何度も購入手続きをしたくない方にもおすすめです。

高血圧症の改善で健康的な身体づくりを目指すことが可能

高血圧症は治療せずに放置すると動脈硬化が進行して、脳卒中や心筋梗塞、腎臓病など生活習慣病の発症リスクを高めてしまいます。
高血圧症自体は分かりやすい自覚症状が特にないため、早期発見するには定期的に健康診断を受けるか日々血圧を測定しなければいけません。

早い段階で高血圧症を発見してエナラプリルの服用を開始すると、優れた降圧作用によって動脈硬化の進行を抑えることができます。
さらに高血圧症が改善できると生活習慣病の予防にも繋がりますので、薬の服用と並行してバランスの良い食事と適度な運動を心掛けることで健康的な身体づくりが目指せます。

また制限なく日常生活が送れる「健康寿命」を延ばす効果にも併せて期待できますので、老後を元気に過ごしたい方も必見の治療薬です。

エナラプリルの服用方法

1回の用量
1~4錠(エナラプリルマレイン酸塩として2.5~10mg)
服用のタイミング
指定なし
1日の服用回数
1回
服用する間隔
指定なし

1日1回、病気や症状に合わせて1~4錠を水またはぬるま湯を用いて服用してください。
年齢及び症状に合わせて服用量及び服用期間は適宜増減できます。

初めて服用する方はかかりつけの医師に服用量などを事前に相談してください。
服用タイミングに指定はありませんが、毎日決まった時間に服用してください。

服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。過剰量を服用しても効果に違いは無く、副作用を起こしやすくなってしまいます。

初めて服用する場合は一過性の急激な血圧低下を起こす恐れがありますので、服用後はしばらく体調に変化がないか慎重に様子を見てください。
飲み忘れた場合は思い出したタイミングで服用してください。
ただし次回分の服用が近い場合は、飲み忘れ分は飛ばして次回分から服用を再開しましょう。

2回分をまとめて服用しないでください。
副作用の一部でめまいや貧血を起こす恐れがありますので、服用中に車や機械類の運転及び操作は控えるようにしましょう。

急性腎障害や重篤な血液障害が現れる恐れがあるため、定期的に検査を実施するようにしてください。
服用中に体調不良を感じた場合は、一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

エナラプリルのよくある質問

血圧が正常値より少しだけ高いですがエナラプリルは服用できますか?
エナラプリルは高血圧症と診断を受けた方を対象とした降圧薬です。そのため病院で高血圧症の診断を受けていない状態で服用することはできません。
自己判断でエナラプリルを服用してしまうと、過剰に血圧を下げてしまう恐れがあるため注意してください。
エナラプリルを服用中も、高血圧症の改善を目的とした食事制限や運動はした方がいいですか?
高血圧症の治療は食事療法及び運動療法と投薬治療の両方を同時に行うことが何より重要とされています。
エナラプリルを服用しても偏った食事や運動不足が続いてしまうと、高血圧症の症状が改善できない恐れがあります。
薬だけに頼らず、食事療法と運動療法はずっと続けるようにしましょう。
処方せんは必要ですか?
いいえ、必要ありません。当サイトで取り扱っている医薬品は、全て海外から個人輸入で取り寄せるため処方せんは必要ありません。

エナラプリルの副作用

主な副作用
  • 頭痛、めまい、眠気、貧血、白血球減少、低血圧、動悸、胸痛、腹痛、嘔気、下痢、口喝、倦怠感、しびれ、クレアチニン上昇など

エナラプリルを服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。
いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • 血管浮腫、ショック、心筋梗塞、狭心症、急性腎障害、汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少、膵炎、間質性肺炎、剥脱性皮膚炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、錯乱、肝機能障害、肝不全、高カリウム血症、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)など

エナラプリルを服用した際に上記のような稀な副作用を起こすことが報告されています。
万が一これらの症状が確認できた場合は、必ず服用を中止してから医師の診察を受けるようにしてください。

エナラプリルの注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 初めてエナラプリルを服用する方
  • 両側性腎動脈狭窄のある方又は片腎で腎動脈狭窄のある方
  • 高カリウム血症をお持ちの方
  • 脳血管障害をお持ちの方
  • 厳重な減塩療法を実施している方
  • 重症の高血圧症をお持ちの方
  • 重篤な腎機能障害をお持ちの方
  • 血液透析中の方
  • 腎障害をお持ちの方
  • 小児の方
  • 高齢者の方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にエナラプリルに含まれる成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 血管浮腫の既往歴がある方
  • デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール又はポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスを施行中の方
  • アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜(AN69)を用いた血液透析施行中の方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • アリスキレンを投与中の糖尿病患者の方
  • アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬を投与中の方又は投与中止から36時間以内の方
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • カリウム保持性利尿剤
  • カリウム補給剤
  • トリメトプリム含有剤
  • リチウム
  • アリスキレン
  • アンジオテンシンII受容体拮抗剤
  • 利尿降圧剤、利尿剤
  • カリジノゲナーゼ製剤
  • ニトログリセリン
  • 非ステロイド性消炎鎮痛剤
  • リファンピシン
  • ビルダグリプチンなど
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコール又はポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスの施行
  • アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜を用いた透析
  • アリスキレン(ラジレス)
  • アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬など

エナラプリルの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

エナラプリルの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー