ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

祝日は全商品送料分無料!

パリエットジェネリック(ラベマック)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

パリエットジェネリック(ラベマック) 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 9%
OFF
5,434円 4,940円 カートに入れる
パリエットジェネリック(ラベマック)
パリエットジェネリック(ラベマック)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

パリエットジェネリック(ラベマック)の商品情報

商品名
パリエットジェネリック(ラベマック)
内容量
1箱あたり100錠
成分量
10mg
有効成分
ラベプラゾールナトリウム
効果・効能
胃痛の改善
むかつき
吐き気の抑制
胃、十二指腸潰瘍の治療
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Macleods Pharmaceuticals Ltd. Made in India (マクレオーズ社)

パリエットジェネリック(ラベマック)は胃酸の分泌を抑えてくれる制酸剤です。
胃酸が活発にでると胃の内部を荒らしてチクチクとした胃痛、胃が重たい感じがするといった症状を引き起こします。また、胃の入り口である「噴門」から胃酸が漏れ出ることで「逆流性食道炎」になってしまうことも。
ラベマックは胃酸の分泌をコントロールし、前述した症状を改善してくれます。国内でも承認を受けている「パリエット」と同じ有効成分「ラベプラゾールナトリウム」を同用量配合しているジェネリック医薬品です。

パリエットジェネリック(ラベマック)の特徴

 胃酸の分泌を強力に抑え込み、胃酸の出すぎによる悪影響を改善してくれます
  • 胃痛や胸やけなどの不快症状を和らげます
  • 1日1回の服用で1日中効果が持続します
  • 国内承認薬「パリエット」のジェネリック医薬品です
効果・効能
・胃痛、胸やけの改善
・胃潰瘍、十二指腸、逆流性食道炎の改善
・痛み止めなどの副作用の予防
・ヘリコバクターピロリの除菌補助

胃酸は食べ物を消化しやすくしたり、異物に含まれている細菌を殺菌する大切な役割を持っていますが、胃酸が必要以上に分泌されてしまうと胃壁を傷つけてしまい、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こしてしまうかもしれません。

胃酸の逆流によって逆流性食道炎などが起こる可能性も考えられます。 病気の進行によって、吐き気、胸やけ、胸の痛み、胃痛、胃が熱い、胃が重たい感じがするなどの周辺症状が起き、日常生活に大きな支障を与えてしまいかねません。

ラベマックは胃酸の分泌をコントロールし、過度な分泌を抑え込むことで症状の緩和を促してくれます。また、NSAIDsなどの胃に負担がかかりやすい薬剤の副作用予防して使用されるケースがあります。

他にも、胃がんのリスクとなりうるピロリ菌の除菌補助にも使用されることがあるなど、使用される用途はさまざまです。

パリエットジェネリック(ラベマック)について

ラベマックはインドのムンバイに本拠地を置く、マクレオーズ社が製造販売する制酸剤です。マクレオーズ社はインド国内のトップ企業10位内に数えられており、東南アジアやアフリカ、ヨーロッパ諸国など、世界約80か国に商品を提供しているグローバル医薬品メーカーです。

品質向上のため、独自の製造プログラムをもっており、安全かつ有効な製剤の開発研究を行っています。心臓血管、糖尿病、婦人科、整形外科、ED治療など、あらゆる分野の医薬品を製造していて、その数は600以上といわれています。製品の品質性や安全性に注力しているトップ企業ですので、信頼性は確かなものでしょう。

ラベマックはプロトンポンプ阻害作用をもつ制酸剤で、胃酸を強力に抑え込んで症状を改善してくれます。

国内でも承認され、今現在も治療に使用され続けている医薬品「パリエット」と同じ有効成分「ラベプラゾールナトリウム」を同用量配合しており、ジェネリック医薬品であれど同等の効果を発揮してくれます。

他の系統の薬剤よりも胃酸を強く抑制するため、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療では1番最初に使用する薬剤として推奨されています。

現在のストレス社会を乗り越えていくために、ラベマックは大きな支えとなってくれることでしょう。

胃粘膜に存在する酵素にはたらきかけ、胃酸を強力に抑え込みます

ラベマックに含まれる有効成分「ラベプラゾールナトリウム」はプロトンポンプ阻害薬に分類されます。
この系統は胃粘膜に存在している酵素に作用します。

この酵素は胃酸を分泌する過程に密接に関与しており、ラベプラゾールナトリウムは胃粘膜の酵素のはたらきを阻害することで、胃酸の分泌をコントロールしてくれます。

プロトンポンプ阻害薬は持続性にも優れており、1日1回の使用で長時間効果が持続します。

ラベマックも同様に1日1回使用するだけで1日中効果が長続きしてくれます。
朝起きた時の酸っぱいものが上がってくる感じや胸の痛み、胃のチクチクとした痛みも服用によって速やかに和らげてくれるでしょう。

パリエットジェネリック(ラベマック)の服用方法

1回の用量
1~2錠(ラベプラゾールナトリウムとして10~20mg)
服用のタイミング
いつでも
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間
服用する期間
適宜

1回あたり1錠を目安に水かぬるま湯にて服用してください。
1日1回であれば食事に関係なくどのタイミングでも使用可能です。

1回の服用でも効果があらわれ始めますが、胃潰瘍や逆流性食道炎をしっかり治すためには継続的な使用が有用です。
症状に応じて量を調整可能で、20mgまで増量できます。

ヘリコバクターピロリの除菌補助として使用する場合には、ラベマック10mgをアモキシシリン水和物やクラリスロマイシンとともに1日2回、7日間服用し続けてください。

服用時の注意

用法用量を正しく守って服用してください。
効果をより得たいからといって、頻回に使用したり、上限を超えての使用はおすすめしません。副作用のリスクが上昇してしまうおそれがあります。

また、使用期間には上限が設けられており、十二指腸潰瘍では6週間、逆流性食道炎や胃潰瘍では8週間までと定められております。

パリエットジェネリック(ラベマック)のよくある質問

多少何か口にいれなければ薬は飲めませんか。
ラベマックは食事に関係なく服用が可能です。症状がひどく食欲がわかないといったケースでも、時間で薬だけを服用してください。
薬を服用後の吐いてしまった場合にはどうしたらよいですか。
服用直後や15~30分程度で吐き出してしまった場合には薬が吸収される前ですので、もう1錠追加で飲んでいただいてもかまいません。
それ以上であれば薬が吸収されている可能性が高いので、そのまま様子見で良いでしょう。
処方せんは必要ですか?
いいえ、必要ありません。当サイトで取り扱っている医薬品は、全て海外から個人輸入で取り寄せるため処方せんは必要ありません。

パリエットジェネリック(ラベマック)の副作用

主な副作用
  • 便秘
  • 下痢
  • 頭痛
  • 白血球減少
  • 肝機能以上など

副作用は少ない方ですが、人によっては服用後に下痢や便秘頭痛などの症状を感じるケースがあります。
症状が続いたり、ひどいケースに関してはかかりつけの医師や薬剤師に相談した方が良いでしょう。

稀な副作用
  • 汎血球減少
  • 肝機能障害
  • 間質性肺炎
  • 横紋筋融解症など

稀なケースですが、使用後に肝臓に関する数値が悪化したり、白血球が減少するなどの報告があります。
長期的に使用されている方は、念のために定期的に血液検査などを受けた方が良いでしょう。

また、使用後に尿は赤黒くなる、だるさ、全身の筋肉痛などの症状がみられることがあります。

横紋筋融解症の初期症状の可能性もありますので、万が一症状がみられた際にはすぐに使用をやめ、近隣の医療機関に受診して医師の診察を受けてください。

パリエットジェネリック(ラベマック)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 肝臓に障害を持つ人
  • 妊娠または妊娠している可能性のある人
  • 現在授乳中の人
  • 小さいお子様
  • 高齢者
服用してはいけない人
次の人は、この薬を服用することはできません。
  • ラベマックに含まれる成分で過去に過敏症や蕁麻疹を起こしたことがある人
併用注意
次の薬と合わせての服用には注意が必要です。
  • ジゴキシン
  • イトラコナゾール
  • ゲフィチニブ
  • 吸い酸化アルミニウムや水酸化マグネシウム含有の制酸剤
  • メトトレキサート
併用禁忌
次の薬と合わせての服用は避けてください。
  • アタザナビル硫酸塩
  • リルビピリン塩酸塩

パリエットジェネリック(ラベマック)の保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

パリエットジェネリック(ラベマック)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー