ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

土日割
簡単購入ガイド

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

メインテート・ジェネリック(ビセレクト) 5mg
内容量 獲得ポイント 1錠単価 販売価格 ご注文
100錠 70 23円 2,340円 カートに入れる
メインテート・ジェネリック(ビセレクト)
メインテート・ジェネリック(ビセレクト)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)の商品詳細

商品名
ビセレクト
内容量
1箱あたり100錠
成分量
5mg
有効成分
ビソプロロールフマル酸塩
効果・効能
本態性高血圧症・狭心症・頻脈性不整脈の改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Intas Pharmaceuticals(インタスファーマ)

ビセレクトは、原因疾患が特定できない本態性高血圧症の治療薬で、メインテートのジェネリック薬です。心拍数の上昇を抑えて心臓と血管の負担を軽減することで、高血圧症を改善します。
また高血圧症以外にも、心拍数の上昇が原因で起こる狭心症や不整脈にも効果があります。

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)の特徴

高血圧・狭心症・不整脈の三つを改善!メインテートのジェネリック
  • 本態性高血圧症を改善し、高血圧が起因となる重篤な疾病を予防
  • 心臓の負担を減らし、狭心症や不整脈にも効果あり
  • 1日1回の服用で十分な効果が得られます
効果・効能
軽~中等度の本態性高血圧症の改善
狭心症の改善
頻脈性不整脈の改善

ビセレクトは、心拍数を抑え心臓の負担を軽減することで、高血圧症だけでなく狭心症や不整脈も改善するお薬です。

高血圧症を放置すると、血管に過度の負担がかかることによって動脈硬化を引き起こしてしまう恐れがあります。動脈硬化は、脳卒中や心筋梗塞の引き金にもなり得る病気です。

ビセレクトを服用して根本の原因である高血圧症を改善することで、将来的な心血管系疾患を未然に防ぐことができます。

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)について

ビセレクトは、インドの製薬会社であるIntas Pharmaceuticals社が製造する高血圧症治療薬で、メインテートのジェネリック薬です。

本態性高血圧症や狭心症、不整脈を改善するβ遮断薬に分類されます。

本態性高血圧症とは、高血圧症の中で様々な検査を行っても原因となる疾患が特定できないものを言います。実は高血圧症患者の約90%が本態性高血圧症で、塩分の過剰摂取やストレスなどの環境因子や、太りやすい体質などの遺伝因子が関係しているとされています。

ビセレクトは1日1回の服用で済み、服薬管理も簡単です。

心臓への負担を減らすことで血圧上昇・狭心症・不整脈を改善します

運動している時や負荷の高い労働中など、心拍数を上げて多くの血液を送り出すために作用するのが、心臓にあるβ1受容体です。β1受容体は主に心機能の亢進をつかさどる受容体で、これが刺激されることにより心拍数と血圧が上昇することになります。

ビセレクトは、このβ1受容体の働きを阻害するβ遮断薬です。これにより心拍数が抑えられ、心臓及び血管の負担を軽減します。

また心拍数の抑制は、バセドウ病やパニック障害などの症状として起こる動悸の改善にも用いられます。動悸や緊張、赤面などの場面に応じて、医師か薬剤師に相談の上頓服薬として服用することも可能です。

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)の服用方法

1回の用量
1錠(ビソプロロールフマル酸塩として5mg)
服用のタイミング
毎日決まった時間
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間

本態性高血圧症に対して用いる場合、1日1回1錠をたっぷりの水かぬるま湯と一緒に服用してください。

ビセレクトは食事の影響を受けないため、食前食後を問わず毎日決まった時間に服用するようにしましょう。

飲み忘れてしまった場合は、次回の服用まで間隔があいていれば気付いた時点ですぐに1錠を服用してください。二回分をまとめて服用することは絶対にやめましょう。

服用時の注意

虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく慢性心不全に対して服用する場合、1日1回1/8錠(ビソプロロールフマル酸塩として0.625mg)を二週間以上継続して服用してください。

強い副作用がなければ1日1回1/4錠に増量し、その後四週間以上の間隔をあけながら段階的に最大1錠(ビソプロロールフマル酸塩として5mg)まで増量することが可能です。服用中強い副作用が出た時は、適宜減量を行ってください。

頻脈性心房細動に対して服用する場合、1日1回1/2錠(ビソプロロールフマル酸塩として2.5mg)から服用開始し、十分な効果が得られない時は最大1錠(ビソプロロールフマル酸塩として5mg)まで増量できます。

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)の副作用

主な副作用
  • 徐脈
  • 倦怠感
  • めまい
  • ふらつきなど

ビセレクトの服用によって、めまいやふらつき、倦怠感などの軽微な副作用症状が現れることがあります。

ほとんどの場合は有効成分が代謝されると共に改善していきますが、万一症状が長時間おさまらない時や悪化する時は医師か薬剤師にご相談ください。

稀な副作用
  • 心不全
  • 完全房室ブロック
  • 高度徐脈
  • 洞不全症候群など

高血圧症での服用における頻度は極めて低いものですが、心不全や洞不全症候群などの重篤な副作用症状が起こる可能性があります。

心機能検査で異常が見つかった場合や身体に異常を感じた場合は、ビセレクトの服用を中止しすみやかに医師の診察を受けるようにしましょう。

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)の注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 気管支喘息、気管支痙攣の恐れのある人
  • 突発性低血糖症、管理不十分な糖尿病、長期間絶食状態の人
  • 甲状腺中毒症の人
  • 重度の肝障害の人
  • 重度の腎障害の人
  • 抹消循環障害のある人
  • 徐脈、房室ブロック(Ⅰ度)のある人
  • 過度に血圧の低い人
  • 異型狭心症の人
  • 乾癬の人またはその既往歴のある人
  • 65歳以上の高齢者
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • ビソプロロールフマル酸塩に過敏症の既往歴がある人
  • 48時間以内に手術を行う予定のある人
  • 妊娠中またはその可能性がある人
  • 授乳中の人
  • 高度の徐脈、房室ブロック(Ⅱ、Ⅲ度)、洞房ブロック、洞不全症候群のある人
  • 糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある人
  • 心原性ショックのある人
  • 肺高血圧による右心不全のある人
  • 強心薬または血管拡張薬を静脈内投与する必要のある心不全の人
  • 非代償性の心不全の人
  • 重度の抹消循環障害のある人
  • 未治療の褐色細胞腫の人
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • 交感神経系に対し抑制的に作用する薬(レセルピンなど)
  • 血糖降下剤(インスリン製剤、トルブタミドなど)
  • Ca拮抗剤(ベラパミル塩酸塩、ジルチアゼム塩酸塩など)
  • ジギタリス製剤(ジゴキシン、メチルジゴキシンなど)
  • クロニジン塩酸塩、グアナベンズ酢酸塩
  • クラスⅠ抗不整脈剤(リン酸ジソピラミド、プロカインアミド塩酸塩など)
  • 非ステロイド性抗炎症剤(インドメタシンなど)
  • 降圧作用を有する薬(降圧剤、硝酸剤)
  • フィンゴリモド塩酸塩
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 特に報告されていません

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)の保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。
医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。
サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。
薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。
医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

メインテート・ジェネリック(ビセレクト)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー