ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

断然お得!土日割

カルポル6プラス

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

カルポル6プラス 250mg / 150ml
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1本 9%
OFF
3,300円 3,000円 カートに入れる
カルポル6プラス
カルポル6プラス
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

カルポル6プラスの商品詳細

商品名
カルポル6プラス
内容量
1本あたり150ml
成分量
250mg/5ml
有効成分
パラセタモール(アセトアミノフェン)
効果・効能
解熱、頭痛・月経痛・歯痛等の緩和
形状・剤形
液状のシロップタイプ
対象性別
男女兼用
製薬会社
GlaxoSmithKline(グラクソ・スミスクライン)

カルポル6プラスは、シロップタイプの解熱鎮痛剤です。粉薬や錠剤が苦手な方でも飲みやすいのがメリットです。
発熱やさまざまな痛みの症状を改善します。有効成分のパラセタモールは、日本ではアセトアミノフェンとも呼ばれていて、風邪薬などにもよく利用されています。
また、胃に負担が少なく、眠気などの副作用が起こりにくいのも特徴です。

カルポル6プラスの特徴

シロップタイプなので、飲みやすく、副作用も少ない解熱鎮痛剤
  • シロップタイプのため、錠剤な粉薬よりも飲みやすい
  • 眠気などの副作用が起こりにくいため、お仕事中なども服用が可能
  • 日本の処方箋薬や市販薬にも配合されている成分のため、安全性が高い
効果・効能
解熱
頭痛、月経痛、歯痛などの緩和

カルポル6プラスは、飲みやすいシロップタイプの解熱鎮痛剤です。

解熱や頭痛、月経痛、歯痛などの辛い痛みを改善する効果があります。

有効成分はパラセタモールで、日本では「アセトアミノフェン」とも呼ばれています。国内で処方されている「カロナール」や、市販薬の「タイレノールA」と同じ有効成分のため、安心してご利用いただけます。

ただしカルポル6プラスは、軽度から中等度の痛みを穏やかにする対処療法薬になります。そのため、リウマチなどの強い炎症を伴う痛みを改善することはできないため、ご注意ください。

カルポル6プラスについて

カルポル6プラスは、イギリスの製薬会社Glaxo Smith Klineが製造している解熱鎮痛剤です。

発熱やさまざまな痛みを改善し、日本では風邪やインフルエンザなどで処方されることが多い有効成分「パラセタモール(アセトアミノフェン)」を含有しています。

パラセタモールは、視床下部の体温調節中枢に直接作用し、汗腺や血管を拡げ、熱を体外へ逃がすことで、解熱作用を発揮します。さらに、大脳皮質と視床の痛覚閾値を高めることにより、鎮痛効果も得られます。

錠剤が苦手な方でも飲みやすいシロップタイプ

カルポル6プラスはシロップタイプのため、錠剤や粉薬が苦手な方でも、飲みやすいのが特徴です。また、甘めな味になっているため、お子さんも飲むのを嫌がらないとされています。製造国のイギリスでは、とくに解熱鎮痛剤としてはメジャーなお薬です。

さらに副作用も少なく、胃への負担や、眠気などの副作用が起こりにくい点もメリットです。

腰痛や関節症、生理痛、頭痛など、さまざまな痛みに効果があるため、常備しておけば、症状があらわれたときに、すぐに対処することができます。

風邪をひきやすい方や、生理痛がひどい方などにもおすすめです。

カルポル6プラスの服用方法

1回の用量
500~1000mg(10~20ml)(パラセタモールとして、1回500~1000mg(10~20ml))
服用のタイミング
食後
1日の服用回数
1~4回
服用する間隔
4時間以上空ける

成人にはパラセタモールとして、1回500~1000mg(10~20ml)を服用してください。 空腹時をなるべく避けて服用してください。

なお、24時間以内に4回以上服用しないようにしましょう。また、服用の間隔は、4時間以上空けてください。

服用時の注意

服用中は、飲酒はお控えください。

飲み忘れた場合は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分の服用はせず、飛ばしてください。

2回分を一度に服用しないようにご注意ください。誤って多く服用してしまった場合は、医師にご相談ください。

カルポル6プラスの副作用

主な副作用
  • チアノーゼ
  • 悪心・嘔吐
  • 食欲不振
  • 血小板減少
  • 血小板機能低下(出血時間の延長)
  • 過敏症状など

副作用は起こりにくいお薬ですが、異常を感じた場合は、医師にご相談ください。

稀な副作用
  • アナフィラキシーショック
  • 黄疸
  • 顆粒球減少症
  • 中毒性表皮壊死融解症
  • 皮膚粘膜眼症候群
  • 急性汎発性発疹性膿疱症
  • 喘息発作の誘発
  • 劇症肝炎
  • 肝機能障害
  • 間質性肺炎
  • 間質性腎炎
  • 急性腎不全など

滅多に起こることはない副作用ですが、異常を感じた場合は服用を中止し、すぐに医師にご相談ください。

カルポル6プラスの注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 喘息やアレルギーのある人
  • 胃腸、肝臓、腎臓の悪い人
  • 妊娠中の方または、妊娠の可能性のある人
  • 授乳中の人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 成分に過敏性の既往歴のある人
  • 重篤な肝臓、腎臓の悪い人
  • 消化性潰瘍のある人
  • 心機能不全のある人
  • アスピリン喘息の人、または、既往歴のある人
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • リチウム製剤
  • 炭酸リチウム
  • チアジド系利尿剤
  • ヒドロクロロチアジド
  • クマリン系抗凝血剤
  • ワルファリンカリウム
  • カルバマゼピン
  • フェノバルビタール
  • フェニトイン
  • プリミドン
  • リファンピシン
  • イソニアジド
  • 抗生物質
  • 抗菌剤
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 併用が禁止されているお薬は、報告されていません

カルポル6プラスの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。
医薬品等の通販・個人輸入について

カルポル6プラスの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー