ED治療薬バイアグラ・シアリス・レビトラや早漏、育毛、避妊、性病、睡眠治療のジェネリック医薬品を多数取り揃えております。

断然お得!土日割

コントレイブ

110,000円~
口コミ評価(0)
到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

コントレイブ ナルトレキソン8mg / ブプロピオン90mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
120錠 8%
OFF
120,000円 110,000円 カートに入れる
コントレイブ
コントレイブ
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

コントレイブの商品詳細

商品名
コントレイブ
内容量
1箱あたり120錠
成分量
ナルトレキソン 8mg / ブプロピオン 90mg
有効成分
ナルトレキソン塩酸塩、ブプロピオン塩酸塩
効果・効能
ダイエット、肥満の改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Currax Pharmaceuticals LLC(カラックスファーマシューティカル)

コントレイブは脳に働きかけて空腹感や食べ物への依存をコントロールし、減量をサポートする薬です。
ストレス発散のために食べ過ぎてしまう、常に何かを口に入れてしまっているというついやりがちな摂食行動を抑え、食べ過ぎを防ぎます。
肥満が社会問題となっているアメリカで、多くの医師が処方する有効性の高い抗肥満症薬です。

コントレイブの特徴

食欲や食べ物への依存心を抑えて、体重のコントロールをサポート
  • 食事療法中の空腹感を抑えてくれます
  • 甘いものや脂質の多いものなど、特定の食べ物への依存を改善
  • FDA(アメリカ食品医薬局)承認の安全な減量薬
効果・効能
食欲の抑制

有効成分のナルトレキソン塩酸塩はオピオイド受容体拮抗薬で、アルコールや薬物などへの依存症の改善薬として使用されています。

もう一つの有効成分ブプロピオン塩酸塩はノルアドレナリン・ドパミン再取り込み阻害薬で、抗うつ薬や禁煙補助薬として使用されています。

現時点ではコントレイブがどのように作用し、食欲を抑えるのか完全には解明されていません。しかし複数の臨床試験で有効性や安全性が実証されています。

コントレイブについて

コントレイブはアメリカのカラックス社が製造する減量補助剤です。カラックスはアメリカ人の死亡原因の多くを占める、肥満と喫煙を焦点に医薬品を製造する企業です。

コントレイブは肥満が社会問題となっているアメリカで、減量薬として大きなシェアを誇っています。

アメリカにおいてはコントレイブは肥満度指数 (BMI)が 30 kg/㎡ 以上の肥満の成人、または BMI が 27 kg/㎡以上 の成人で、高血圧、高コレステロール、または 2 型糖尿病などの肥満を原因とする疾患を併発している人の減量、体重維持のために処方されています。

「食べたい」という欲求が自然におさえられます

肥満にはさまざまな原因がありますが、そのひとつに食物に対する依存があります。

高糖質の食物や高脂質の食物は脳の報酬系という部分に作用し、気分を高揚させる効果があることがわかってきています。

そのため、ストレスや疲れを感じると甘い物や脂っこいものが食べたくなる、気が付くと口にしているといった衝動的な摂食行動を起こしやすくなります。

報酬系は薬物やアルコールなどへの依存にかかわっており、食物への依存も同じ仕組みで起こると考えられています。

ナルトレキソン塩酸塩を含有したコントレイブが食べ物への欲求を抑える可能性が示唆されています。

コントレイブの服用方法

1回の用量
1~2錠(ナルトレキソン塩酸塩として8~16mg、ブプロピオン塩酸塩 として90~180mg)
服用のタイミング
朝夕
1日の服用回数
2回

定められた時間に、コップ一杯の水(250cc程度)で服用してください。

コントレイブの服用は必ず1日1回1錠からスタートし、徐々に増量します。

使用開始1週目は夕方は服用せず朝1錠のみ、2週目は朝夕1錠ずつ、3週目は朝2錠・夕方1錠、4週目以降は朝夕2錠ずつ服用してください。

服用時の注意

本剤使用時は必ず少量から開始し、徐々に増量してください。腎機能や肝機能に障害のある方は高容量の使用が適さない場合があります。医師に相談の上、用量を決定してください。

本剤はカットしたり噛み砕いたりせず、必ずそのまま服用してください。

用量を増やしても効果が早く出たり、効果が強まったりするものではありません。朝夕ともに2錠を超えての服用はしないでください。

飲み忘れてしまった場合は飲み忘れた分の服用をせず、次回分から服用を再開してください。1度に2回分服用することのないようにしてください。

睡眠に影響する可能性があります。就寝前の服用は避けてください。 本剤を脂質の多い食品と一緒に摂取しないでください。 本剤服用中は飲酒をしないでください。

他の疾患を治療中の方、薬剤・サプリメントを使用中の方は本剤服用前に医師に相談してください。

本剤服用中の女性の妊娠が発覚した場合、ただちに服用を中止し医師に相談してください。 母乳に移行するので、本剤を服用する場合は授乳を中止してください。

服用開始から16週間経過しても効果があらわれなかった場合は服用を中止し、医師に相談してください。

コントレイブの副作用

主な副作用
  • 吐き気
  • めまい
  • 便秘
  • 不眠
  • 頭痛
  • 口の渇き
  • 嘔吐
  • 下痢など

ほとんどの副作用は飲み初めに起こります。薬に慣れるにしたがって収まりますが、気になる場合は服用を中止し医師の診察を受けてください。

稀な副作用
  • 自殺念慮など

子供や未成年に自殺念慮や異常行動を引き起こす可能性があります。18歳未満の方は服用しないでください。また、精神疾患のある方は病状が悪化する可能性があります。

コントレイブの注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 腎障害や肝障害のある方
  • 糖尿病治療中の方
  • 服薬によって血糖コントロールをしている方
  • うつや双極性障害などの精神疾患のある方、またはその既往歴のある方
  • 高血圧の方
  • 低血症、低ナトリウム血症のある方、またはその既往歴のある方
  • 心疾患の方、またはその既往歴のある方、脳卒中の既往歴のある方
  • 65歳以上の高齢者
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 本剤の成分に過敏症の既往歴のある方
  • 18歳未満の方
  • 治療によってコントロールされていない高血圧の方
  • 拒食症や過食症のある方
  • 脳や中枢神経に外傷や腫瘍のある方
  • 妊娠中、または妊娠の可能性のある方
  • アルコール依存の治療中、大量に飲んでいた酒を断っている方、鎮静剤、抗てんかん薬、ベンゾジアゼピン系の薬の離脱期間中にある方
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • モノアミン酸化酵素阻害薬
  • CYP2D6により代謝される薬物
  • ジゴキシン
  • CYP2B6阻害剤
  • CYP2B6誘導物質
  • ドパミン作動性薬
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • ノルエピネフリン・ドーパミン再取り込み阻害薬(ザイバン等)
  • オピオイド鎮痛薬
  • オピオイド受容体作動薬(メタドン等)
  • ブプレノルフィン
  • ベンゾジアゼピン
  • モノアミンオキシターゼ阻害剤

コントレイブの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

コントレイブの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー