最大6,000円OFF BLACK FRIDAY SALE

アマリール(グリメピリド)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

アマリール(グリメピリド) 1mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
2,400円 2,160円 カートに入れる
60錠 24%
OFF
4,800円 3,670円 カートに入れる
90錠 28%
OFF
7,200円 5,180円 カートに入れる
アマリール(グリメピリド) 2mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
2,500円 2,250円 カートに入れる
60錠 24%
OFF
5,000円 3,820円 カートに入れる
90錠 28%
OFF
7,500円 5,400円 カートに入れる
アマリール(グリメピリド) 4mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 10%
OFF
2,700円 2,430円 カートに入れる
アマリール(グリメピリド)
アマリール(グリメピリド) アマリール(グリメピリド) アマリール(グリメピリド)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

アマリール(グリメピリド)の商品詳細

商品名
アマリール
内容量
1箱あたり30錠
成分量
1mg / 2mg / 4mg
有効成分
グリメピリド
効果・効能
2型糖尿病の治療
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Sanofi Aventis(サノフィ・アベンティス)

アマリールは血糖値を下げるインスリンの分泌促進作用を持つ、有効成分グリメピリドが配合された2型糖尿病治療薬です。膵臓にあるSU受容体に作用してインスリンの分泌を促進し、血糖値を正常な値へと近づける効果を持っています。SU受容体に作用する治療薬の中でも膵臓へ与える負担が少ないので、優れた安全性を備えています。アマリールはインスリンの代わりとして効果を発揮するわけではないため、インスリンが分泌されなくなる1型糖尿病の治療薬として使うことはできません。

アマリール(グリメピリド)の特徴

糖尿病の改善だけでなく予防効果にも期待できる優れた2型糖尿病治療薬
  • インスリンの分泌促進作用で血糖値を速やかに下げることができます
  • 第三世代のSU薬に分類され膵臓への負担を抑えることが可能
  • 高血糖による合併症を予防する効果にも併せて期待ができます
効果・効能
2型糖尿病の治療
膵臓から分泌されるインスリンの量を増やす作用で血糖値を下げ、2型糖尿病の治療及び予防効果が期待できます。

アマリールに配合されている有効成分グリメピリドは、膵臓でインスリンの分泌に関与するSU受容体に作用する効果を持っています。

高くなった血糖値を下げることができますので、糖尿病の進行を抑えると同時に高血糖による合併症を予防することもできます。

膵臓からインスリンの分泌ができなくなる1型糖尿病の方は、アマリールを服用しても治療効果は期待できないので別の治療薬を使うようにしてください。

アマリール(グリメピリド)について

アマリールはフランスのパリに本拠地を置く世界有数の製薬企業である、Sanofi Aventis(サノフィ・アベンティス)が製造販売している2型糖尿病治療薬です。

日本の医療機関でも2型糖尿病の治療薬として広く処方されてきた実績を持っており、安全性を重視してお薬を選びたい方におすすめです。

経口血糖降下薬の中でも古くから使われているSU薬であり、その中でも最新の第三世代に分類されています。第二世代以前と比較してインスリンの分泌促進作用は比較的穏やかでありながら、血糖値をしっかり下げる効果があります。膵臓への負担を抑えることができる点にも要注目です。

第一世代や第二世代のSU薬は副作用として体重増加が起きやすいのが難点でしたが、第三世代のアマリールは体重増加を含むその他の副作用も起こしにくいとされています。

穏やかな作用で副作用が気になる方も安心して服用することが可能

糖尿病治療薬は膵臓から分泌されるインスリンの量を増やして血糖値を下げることによって治療効果を発揮するタイプが多く、インスリンが過剰に働いてしまうと副作用として低血糖を起こしやすくなる場合があります。

低血糖は命にかかわる事態へと陥る副作用の一つで、糖尿病治療薬を服用する上で注意すべき副作用でもあります。

今回紹介するアマリールは糖尿病治療薬の中でも第三世代のSU薬に分類される治療薬で、インスリンの分泌促進作用が穏やかな特徴を持っています。

そのため血糖値をしっかり下げながら、低血糖の発症リスクを抑えることができます。体重増加などその他の副作用も同様に軽減されていますので、安全性を重視しつつ2型糖尿病の治療を進めることが可能です。

アマリール(グリメピリド)の服用方法

1回の用量
0.5~2錠(グリメピリドとして0.5~2mg)
服用のタイミング
朝又は朝夕の食前若しくは食後
1日の服用回数
1~2回
服用する間隔
指定なし

朝又は朝と夕の2回、1日グリメピリドとして合計1~4mgを水又はぬるま湯を用いて服用してください。

症状に応じて適宜増減できますが、1日最大6mgを上限としてください。錠剤を分割する際はピルカッターなど専用の道具を使うようにしましょう。

服用量及び服用期間はかかりつけの医師に相談してください。

服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。より高い治療効果を期待して過剰量を服用しても効果に違いはなく、副作用を起こしやすくなってしまいます。

アマリールは2型糖尿病にのみ治療効果を持っています。1型糖尿病に対しては治療効果を持たないため、1型糖尿病の方は服用しないでください。

飲み忘れた際は飲み忘れ分は飛ばして、次回分から服用を再開してください。思い出したタイミングで服用したり、2回分をまとめて服用したりしないでください。

副作用の一部でめまいなどを起こす恐れがあるため、服用中は車など機械類の運転や操作は控えるようにしましょう。服用中に体調不良を感じた場合は、一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

アマリール(グリメピリド)の副作用

主な副作用
  • 頭痛
  • めまい
  • 発疹
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 腹痛
  • 貧血
  • 倦怠感など

アマリールを服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • 低血糖
  • 汎血球減少
  • 無顆粒球症
  • 溶血性貧血
  • 血小板減少
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 再生不良性貧血など

アマリールを服用した際に上記のような稀な副作用を起こすことが報告されています。万が一これらの症状が確認できた場合は、必ず服用を中止してから医師の診察を受けるようにしてください。

アマリール(グリメピリド)の注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 初めてアマリールを服用する方
  • 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全をお持ちの方
  • 栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足など衰弱状態の方
  • 激しい筋肉運動をしている方
  • 過度のアルコールを摂取している方
  • 腎機能障害をお持ちの方
  • 肝機能障害をお持ちの方
  • 授乳中の方
  • 小児の方
  • 高齢者の方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にアマリールに含まれる成分又はスルホンアミド系薬剤でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 重篤な腎機能障害をお持ちの方
  • 重篤な肝機能障害をお持ちの方
  • 下痢や嘔吐など胃腸障害をお持ちの方
  • 重症ケトーシスをお持ちの方
  • 糖尿病性昏睡又は前昏睡をお持ちの方
  • インスリン依存型糖尿病をお持ちの方
  • 重症感染症をお持ちの方
  • 手術前後又は重篤な外傷をお持ちの方など
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • 糖尿病用薬
  • プロベネシド
  • クマリン系薬剤
  • サリチル酸剤
  • プロピオン酸系消炎剤
  • アリール酢酸系消炎剤
  • オキシカム系消炎剤
  • β-遮断剤
  • モノアミン酸化酵素阻害剤
  • クラリスロマイシン
  • サルファ剤
  • クロラムフェニコール
  • テトラサイクリン系抗生物質
  • シプロフロキサシン
  • レボフロキサシン水和物
  • フィブラート系薬剤
  • アゾール系抗真菌剤
  • ジベンゾリンコハク酸塩
  • ジソピラミド
  • ピルメノール塩酸塩水和物
  • アドレナリン
  • 副腎皮質ホルモン
  • 甲状腺ホルモン
  • 卵胞ホルモン
  • 利尿剤
  • ピラジナミド
  • イソニアジド
  • リファンピシン
  • ニコチン酸
  • フェノチアジン系薬剤
  • フェニトイン
  • ブセレリン酢酸塩など
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 特になし

アマリール(グリメピリド)の保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

アマリール(グリメピリド)の口コミ

口コミ評価(6)

  • アマリール(グリメピリド) ユーザー
    口コミ評価  女性 53
    病院へ行くことなく薬が入手出来てとても助かっています。このご時世、人が集まる場所はなるべく行きたくないので、今後も引き続きこちらで購入させてもらおうと思っています。肝心の効果もバッチリで血糖値も正常値を保てています。
  • アマリール(グリメピリド) ユーザー
    口コミ評価  女性 39
    ただ飲むだけだとあまり血糖値は下がらないですね。しっかり運動療法と食事療法を続けると、血糖値が正常値に近づき始めました。少し怖かった副作用の低血糖も、今のところ全く発症していません。引き続き飲み続けようと思います。
  • アマリール(グリメピリド) ユーザー
    口コミ評価  男性 41
    いつもこちらで購入して飲んでいます。ジェネリック医薬品ではないのにかなり安いので、2型糖尿病を患っている方で治療費を少しでも抑えたいと考えている方は是非チェックするべきだと思います。
  • アマリール(グリメピリド) ユーザー
    口コミ評価  男性 54
    服用開始から2週間弱経ったが、思うように血糖値は下がらなかった。服用していない時と比較すると確かに下がっているが、正常値より少し高めを推移しているのでもう少し下がってほしい。今度は別の薬を試します。
  • アマリール(グリメピリド) ユーザー
    口コミ評価  女性 38
    コロナ感染が怖くて病院へ行くのに抵抗感があったんですが、こちらで購入すれば病院へ行くことなく薬が手に入るので重宝しています。担当の先生にもしっかり了承を得て、服用方法等も指示された通り飲んでいるので安心して飲むことができています。
  • アマリール(グリメピリド) ユーザー
    口コミ評価  男性 45
    これまで数種類の2型糖尿病治療薬を試してきましたが、個人的にこれが一番効き目が良かったです。錠剤も小ぶりで飲みやすく、副作用も気になるような症状は一切起きていないので安全性にも優れていると思いますよ。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー