最大6,000円OFF BLACK FRIDAY SALE

ジャヌビア(シタグリプチン)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ジャヌビア(シタグリプチン) 25mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 11%
OFF
7,290円 6,500円 カートに入れる
ジャヌビア(シタグリプチン) 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 11%
OFF
7,730円 6,900円 カートに入れる
ジャヌビア(シタグリプチン) 100mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
28錠 11%
OFF
12,540円 11,200円 カートに入れる
ジャヌビア(シタグリプチン)
ジャヌビア(シタグリプチン)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ジャヌビア(シタグリプチン)の商品詳細

商品名
ジャヌビア
内容量
1箱あたり7錠
成分量
25mg / 50mg / 100mg
有効成分
シタグリプチン
効果・効能
2型糖尿病の治療
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
MSD Pharmaceuticals(メルクアンドカンパニー)

ジャヌビアはDPP-4阻害薬に分類される2型糖尿病治療薬です。DPP-4はインスリンの分泌に関与している、インクレチンの働きを阻害する作用を持っています。DPP-4の働きが阻害されるとインスリンの分泌が促進されて、血糖値を下がりやすくなります。他の血糖値を下げる効果を持つ糖尿病治療薬と比較して血糖値を必要以上に下げることがないので、重篤な副作用である低血糖を起こしにくいとされています。糖尿病には1型と2型が存在しますが、ジャヌビアは2型糖尿病にだけ治療効果を持っています。

ジャヌビア(シタグリプチン)の特徴

好きなタイミングで服用できる使いやすさに優れた2型糖尿病治療薬
  • 低血糖の発症リスクが気になる方も安心の有効成分を配合
  • 食事の影響を受けにくく服用タイミングも自由に選ぶことが可能
  • 日本の医療機関でも処方されている高い実績を持つ優れた治療効果
効果・効能
2型糖尿病の治療
DPP-4阻害作用でインスリンの分泌を促進し、血糖値を下げることができます。血糖値が高いときのみ作用するため、低血糖を起こしにくいとされています。

2型糖尿病を患っている方はインクレチンと呼ばれるホルモンの働きが弱っていることが多く、その結果としてインスリンの分泌量が減少したり働きが弱まったりしてしまいます。

ジャヌビアに配合されている有効成分シタグリプチンはインクレチンの働きを弱めるDPP-4を阻害する作用を持っているため、インクレチンが活発に働くようになりインスリンの分泌を高めることができます。

インクレチンは血糖値が低い状態だとインスリンの分泌量も少なくなりますので、低血糖を起こしにくいとされています。

ジャヌビア(シタグリプチン)について

ジャヌビアはアメリカのニュージャージー州に本拠地を置き、世界140か国以上で事業を展開している世界的な製薬企業のMSD(メルクアンドカンパニー)が製造販売している2型糖尿病治療薬です。

糖尿病はインスリンがうまく働かず、高血糖の状態が慢性的に続いてしまう状態の病気を指します。高血糖が続くと糖尿病だけでなく様々な合併症を発症しやすくなるため、いち早く血糖値を正常な状態へと近づける必要があります。

ジャヌビアはDPP-4阻害薬に分類される治療薬で、DPP-4の働きを阻害することによって血糖値を下げることができます。

この作用は血糖値が高い時のみ起きるため、糖尿病治療薬に多い副作用である低血糖を起こしにくい優れた特徴を持っています。体内でインスリンの分泌機能が壊れていると効果を発揮しないので、1型糖尿病の方はジャヌビアを服用することはできません。

1日1回の服用で血糖値をコントロールできる使いやすさ抜群の治療薬

血糖値の最も上がる瞬間が食後であり、高血糖を解消するために毎食後服用する治療薬が大多数を占めています。しかし食事の度に治療薬を服用することが面倒に感じる方も多く、また仕事をしている方だと朝や昼は忙しくて薬を服用する時間が取れないケースもあります。

そんな方でも安心して服用できる2型糖尿病治療薬がジャヌビアです。ジャヌビアは1日1回服用するだけで血糖降下作用を発揮する治療薬で、服用タイミングに関しても食事の影響を受けにくい特徴を持っているため食前・食後といった指定はありません。

そのため1日の中で余裕のある時間を見つけて、ゆっくり服用することができます。肝心の血糖降下作用に関しても高くなった血糖値だけ下げますので、低血糖の発症リスクは他の治療薬より低くなっています。

ジャヌビア(シタグリプチン)の服用方法

1回の用量
1錠(シタグリプチンとして50mg)
服用のタイミング
指定なし
1日の服用回数
1回
服用する間隔
指定なし

1日1回1錠を水またはぬるま湯を用いて服用してください。食事の影響を受けにくいため、好きなタイミングで服用できます。

薬の血中濃度を一定にするために、毎日同じ時間帯に服用するようにしましょう。症状に合わせて適宜増減できますがシタグリプチン換算で1日最大100mgを上限としてください。

服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。より高い治療効果を期待して過剰量を服用しても大きな違いはなく、副作用を起こしやすくなってしまいます。

ジャヌビアは2型糖尿病治療薬であるため、1型糖尿病の方は服用できません。糖尿病治療は食事療法と運動療法が基本となりますので、ジャヌビアを服用している間も継続するようにしましょう。副作用の一部でめまいを起こす恐れがあるため、服用中は車など機械類の運転や操作は控えるようにしてください。

服用中に体調不良を感じた場合は、一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。服用する際に注意すべきことが数多くありますので、初めて服用する方は注意事項をしっかり確認するようにしましょう。

ジャヌビア(シタグリプチン)の副作用

主な副作用
  • 頭痛
  • めまい
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 発疹
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 浮腫
  • 倦怠感など

ジャヌビアを服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • アナフィラキシーショック
  • 皮膚粘膜眼症候群
  • 剥脱性皮膚炎
  • 低血糖
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 急性腎障害
  • 急性膵炎
  • 間質性肺炎
  • 腸閉塞
  • 横紋筋融解症
  • 血小板減少
  • 類天疱瘡など

ジャヌビアを服用した際に上記のような稀な副作用を起こすことが報告されています。万が一これらの症状が確認できた場合は、必ず服用を中止してから医師の診察を受けるようにしてください。

ジャヌビア(シタグリプチン)の注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 初めてジャヌビアを服用する方
  • 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全をお持ちの方
  • 栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足など衰弱状態の方
  • 激しい筋肉運動をしている方
  • 過度のアルコールを摂取している方
  • 腹部手術又は腸閉塞の既往歴がある方
  • 腎機能障害をお持ちの方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 小児の方
  • 高齢者の方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にジャヌビアに含まれている成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 重症ケトーシスをお持ちの方
  • 糖尿病性昏睡又は前昏睡をお持ちの方
  • 1型糖尿病をお持ちの方
  • 重症感染症をお持ちの方
  • 手術前後又は重篤な外傷をお持ちの方など
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • 糖尿病用薬
  • ジゴキシン
  • 血糖降下作用を増強する薬剤
  • 血糖降下作用を減弱する薬剤など
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 特になし

ジャヌビア(シタグリプチン)の保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ジャヌビア(シタグリプチン)の口コミ

口コミ評価(6)

  • ジャヌビア(シタグリプチン) ユーザー
    口コミ評価  男性 38
    コロナ感染が怖くて人が集まる病院へ行きたくない私にとって、人に会うことなくネットで購入できるのは何より大きなメリットに感じています。血糖降下作用も問題ないので、これからもずっと愛用していきたいと思います。
  • ジャヌビア(シタグリプチン) ユーザー
    口コミ評価  女性 42
    食事の有無を気にせず薬を飲めるのが良いですね。服用回数も1日1回だから飲み忘れる心配も殆どなく、血糖値も高めの状態から今では正常値を保てるようになりました。副作用も全然起きないし安心して使うことができています。
  • ジャヌビア(シタグリプチン) ユーザー
    口コミ評価  男性 57
    年齢的に体に負担を与えにくい治療薬をと思い見つけたのがこちらのお薬でした。期待していた通り低血糖の症状は一切起きることなく飲み続けることができています。他の副作用も起きていないので、安全性は抜群だと思いますよ。
  • ジャヌビア(シタグリプチン) ユーザー
    口コミ評価  女性 47
    今までジェネリック医薬品の2型糖尿病治療薬を使ってきたので、1錠当たりの価格が高くてビックリしました。血糖値を下げる効果は普通といった感じなので、これなら価格の安い前の薬のほうが良かった気がします。
  • ジャヌビア(シタグリプチン) ユーザー
    口コミ評価  女性 49
    以前別の糖尿病治療薬で低血糖を起こしたことがあるので、内服タイプの治療薬を服用するのに抵抗感がありました。しかしこれを服用してからはその抵抗感も薄れました。半年くらい飲んでいるけど1回も低血糖を起こしていません。
  • ジャヌビア(シタグリプチン) ユーザー
    口コミ評価  男性 35
    他の糖尿病治療薬は朝食後や夕食後などあらかじめ決められた時間に服用しないといけないから飲みにくさを感じていたけど、これは服用タイミングの指定がないので自分のライフスタイルに合わせて服用できるのが気に入っています。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー