最大6,000円OFF BLACK FRIDAY SALE

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン) 500mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 23%
OFF
4,700円 3,600円 カートに入れる
メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)
メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)の商品詳細

商品名
ゾメット
内容量
1箱あたり100錠
成分量
500mg
有効成分
メトホルミン
効果・効能
2型糖尿病の治療
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Intas Pharmaceuticals(インタスファーマ)

ゾメットは有効成分メトホルミンを配合した、メトグルコのジェネリック医薬品に該当する2型糖尿病治療薬です。有効成分メトホルミンは筋肉・肝臓・小腸など、複数の場所に作用して血糖値を抑える効果を持っています。運動療法や食事療法で血糖値を下げることができなかった際に使われることが多く、血糖値をコントロールしたい方におすすめの治療薬です。メゾットの服用で治療効果を発揮するのは2型糖尿病だけなので、1型糖尿病の方は別のお薬を使うようにしてください。

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)の特徴

3つの作用で効率よく血糖値を下げることが可能な2型糖尿病治療薬
  • 優れた血糖値降下作用で高血糖による厄介な合併症の予防が可能
  • 多様な作用でしっかりと血糖値を下げる効果が期待できます
  • 低価格が魅力のジェネリック医薬品なので治療費削減が目指せます
効果・効能
2型糖尿病の治療
筋肉での糖質分解作用の促進、肝臓での糖新生の抑制作用、小腸での糖吸収抑制作用の3つの作用で、効率的に血糖値を下げることができます

メトグルコ・ジェネリックは有効成分メトホルミンを配合した、メトグルコのジェネリック医薬品に該当する2型糖尿病治療薬です。

有効成分メトホルミンは筋肉・肝臓・小腸など、複数の場所に作用して血糖値を抑える効果を持っています。運動療法や食事療法で血糖値を下げることができなかった際に使われることが多く、血糖値をコントロールしたい方におすすめの治療薬です。

メトグルコ・ジェネリックの服用で治療効果を発揮するのは2型糖尿病だけなので、1型糖尿病の方は別のお薬を使うようにしてください。

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)について

メトグルコ・ジェネリックは日本の医療機関でも2型糖尿病治療薬として広く使われているメトグルコのジェネリック医薬品に該当する治療薬です。

インドに本社を置きジェネリック医薬品をメインに取り扱っている、Intas Pharmaceuticals(インタスファーマ)が製造販売しています。インタスファーマ社はアメリカのFDA(食品医薬品局)など厳しい審査を必要とする機関からも認可を受けており、高品質かつ安全性に優れたジェネリック医薬品を数多く販売しています。

2型糖尿病治療薬は膵臓のインスリン分泌に関与する働きを促進し、インスリンの働きによって血糖値を下げるものが多く処方されています。

しかし今回紹介するメトグルコ・ジェネリックは膵臓には関与せず、筋肉・肝臓・小腸の3つに作用することによって血糖値を下げることができます。

また前述のとおりメトグルコ・ジェネリックはジェネリック医薬品に該当するお薬なので、先発医薬品であるメトグルコと比較して格安で購入できます。治療にかかるお金を大幅に節約できるため、2型糖尿病治療による経済的負担を軽減したい方におすすめです。

食事療法と運動療法による効果をさらに高める優れた有効成分を配合

糖尿病の原因となる高血糖は、適度な運動と栄養バランスの取れた食事を心がけることによって改善することができます。

しかし中には食事療法と運動療法のどちらを実施しても、思うように血糖値が下がらない場合があります。そんな時に使われるのがメトグルコ・ジェネリックです。

運動で筋肉を動かす際に使用される糖の取り込みを促進、肝臓で作り出される糖の量を抑制、小腸での糖の吸収を抑制など、様々な作用を持つ有効成分メトホルミンが配合されています。メトホルミンの働きによって食事療法や運動療法の効果を上げることができ、速やかに血糖値を下げる効果が期待できます。

このように糖の分解や糖が体内に吸収されるのを抑制する作用を持つため、体重減少によるダイエット効果も併せ持っています。

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)の服用方法

1回の用量
0.5錠~(メトホルミンとして250mg~)
服用のタイミング
食後
1日の服用回数
2~3回
服用する間隔
指定なし

メトホルミンとして500mgを1日2~3回に分けて、水またはぬるま湯を用いて食後に服用してください。

服用量は症状に合わせて適宜増減できますが、1日の合計服用量が2250mgを超えないようにしてください。メトグルコ・ジェネリックを服用中も食事療法と運動療法を継続していきましょう。

服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。

より高い治療効果を期待して過剰量を服用しても効果に違いはなく、副作用を起こしやすくなってしまいます。

飲み忘れた際は飲み忘れ分は飛ばして、次回分から服用を再開してください。2回分をまとめて服用しないでください。

服用を中止する際は自己判断ではなく、かかりつけの医師に相談してください。副作用の一部にめまいが含まれているため、服用中は車の運転など機械類の操作は控えるようにしましょう。

またアルコールを日頃から摂取している方は肝臓機能が低下している恐れがありますので、副作用を起こしやすくなる可能性があり注意が必要です。その他服用中に体調不良を感じた場合は、一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)の副作用

主な副作用
  • 頭痛
  • めまい
  • 眠気
  • 浮腫
  • 動悸
  • 発疹
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 便秘
  • 胃腸障害
  • 貧血
  • 肝機能異常など

メトグルコ・ジェネリックを服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、辛い場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
  • 低血糖
  • 乳酸アシドーシス
  • 肝機能障害
  • 黄疸
  • 横紋筋融解症など

メトグルコ・ジェネリックを服用した際に上記のような稀な副作用を起こすことが報告されています。万が一これらの症状が確認できた場合は、必ず服用を中止してから医師の診察を受けるようにしてください。

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)の注意事項

慎重投与
次の人は、使用に注意する必要があります。
  • 初めてメトグルコ・ジェネリックを服用する方
  • 高齢者の方
  • 不規則な食事摂取又は食事摂取量が不足している方
  • 激しい筋肉運動をしている方
  • 感染症をお持ちの方
  • 他の糖尿病用薬を服用している方
  • 軽度から中等度の腎機能障害をお持ちの方
  • 軽度から中等度の肝機能障害をお持ちの方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にメトグルコ・ジェネリックに含まれている成分又はビグアナイド系薬剤でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 乳酸アシドーシスをお持ちの方
  • 重度の腎機能障害をお持ちの方
  • 重度の肝機能障害をお持ちの方
  • 心血管系又は肺機能に高度の障害をお持ちの方
  • 低酸素血症を起こしやすい方
  • 脱水症をお持ちの方
  • 過度のアルコールを摂取している方
  • 重症ケトーシスをお持ちの方
  • 糖尿病性昏睡又は前昏睡をお持ちの方
  • 1型糖尿病をお持ちの方
  • 重症感染症、手術前後、重篤な外傷をお持ちの方
  • 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態の方
  • 脳下垂体機能不全又は副腎機能不全をお持ちの方など
併用注意
次の薬と合わせての使用には注意が必要です。
  • ヨード造影剤
  • 腎毒性の強い抗生物質
  • 利尿作用を有する薬剤
  • 糖尿病用薬
  • タンパク同化ホルモン剤
  • サリチル酸剤
  • β-遮断剤
  • モノアミン酸化酵素阻害剤
  • アドレナリン
  • 副腎皮質ホルモン
  • 甲状腺ホルモン
  • 卵胞ホルモン
  • ピラジナミド
  • イソニアジド
  • ニコチン酸
  • フェノチアジン系薬剤
  • シメチジン
  • ドルテグラビル
  • ビクテグラビル
  • バンデタニブ
  • イメグリミン塩酸塩など
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • アルコール(過剰摂取)

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)の保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン)の口コミ

口コミ評価(6)

  • メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン) ユーザー
    口コミ評価  女性 46
    安いけどしっかり血糖値を下げる効果は期待できますよ。さすがジェネリック医薬品といった感じ。血糖値も安定してきて、体重も若干減ってきています。しばらくはリピート購入させてもらおうと思います。
  • メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン) ユーザー
    口コミ評価  男性 54
    以前は別の2型糖尿病治療薬を使っていて、その際は軽い低血糖の症状が時々起きていた。しかしこれは低血糖を起こしにくい印象。現在半年ほど飲み続けているが低血糖を含め、副作用に近い症状は一切起きていない。
  • メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン) ユーザー
    口コミ評価  女性 41
    予想していたより血糖値の下がりが悪いです。運動と食事のどちらにも気を付けながら服用しているはずなんですが、まだ正常値より少し高めを推移しています。副作用は特にないのでもう少し続けて様子を見たいと思います。
  • メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン) ユーザー
    口コミ評価  女性 33
    これを飲みだしてから体重が減ってきました。最初は副作用かと思いましたが、少し調べてみたら配合されている有効成分にはダイエット効果もあるんですね。想定外でしたが糖尿病治療と併せてダイエットできるのは嬉しいです。
  • メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン) ユーザー
    口コミ評価  男性 40
    食事療法と運動療法を続けても思うように血糖値が下がらなかったので飲み始めたんですが、期待していた以上に効いてくれています。現在は血糖値も正常値でキープできて、糖尿病の症状も抑えられています。
  • メトグルコ・ジェネリック(メトホルミン) ユーザー
    口コミ評価  男性 53
    とっても飲みやすいので愛用しています。血糖値も正常値を保つことができて、健康的な毎日を送ることができています。毎食後に服用する習慣をつけているので、飲み忘れも防ぎながら続けられています。
口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー