ロゼレム

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ロゼレム 8mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 11%
OFF
39,000円 34,600円 カートに入れる
ロゼレム
ロゼレム
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

AAAの商品詳細

商品名
ロゼレム錠
内容量
1箱あたり100錠
成分量
8mg
有効成分
ラメルテオン
効果・効能
不眠症の改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
武田薬品工業

ロゼレムは、従来の睡眠薬とは、まったく作用機序の異なる新しい睡眠薬(不眠症治療薬)です。
体内時計を調整する「メラトニン」の作用を促し、体内時計を整える働きがあります。
体内時計を整えることで、自然な眠りに導くのが特徴です。
即効性はないものの、副作用が少なく、依存症などもないため、高齢者の方でも安全に利用することができます。
時間をかけて、自然に眠れるように体質を改善したい方におすすめです。

ロゼレムの特徴

睡眠のリズムを整えることで睡眠を促す新しいタイプの睡眠薬
  • 睡眠のリズムを整え、自然な眠気を強くする
  • 依存症やせん妄などの危険が少なく、安全に利用できる
  • 認知機能を低下させにくいため、高齢者にも適している
効果・効能
不眠症の改善
睡眠障害の改善

ロゼレムは、不眠症や睡眠障害を改善する睡眠薬です。

不眠症の原因のひとつに、体内時計が乱れてしまっていることが挙げられます。

ロゼレムの有効成分ラメルテオンは、メラトニンに作用し、乱れた体内時計を正常に戻す働きがあります。 「覚醒」から「睡眠」にスイッチを切り替える効果があるため、不眠症の中でも、とくに眠っているときに途中で目が覚めてしまう方、予定よりも早くに目覚めてしまう方、しっかり眠ったつもりも熟睡感が得られない方などにおすすめです。

また、時差ボケや交代制勤務などで生活リズムが乱れている場合にも、改善効果が期待できます。 従来のベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬のように即効性はありませんが、じっくりと生活リズムや体内時計を改善したい場合におすすめです。

ロゼレムについて

ロゼレムは、武田薬品工業が開発した新しいタイプの睡眠薬です。 睡眠薬の中では、「メラトニン受容体作動薬」というカテゴリーにわけられます。

従来の睡眠薬は「ベンゾジアゼピン系」や「非ベンゾジアゼピン系」などが主流でしたが、これらの睡眠薬は効果が強く、即効性がある分、副作用や依存症、せん妄などのリスクがありました。

とくにベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、服用をやめられなくなったり、服用をやめることで、不眠症(睡眠障害)が悪化してしまったりするというケースも見受けられます。 ロゼレムは従来の睡眠薬とは作用機序はまったく異なり、メラトニンにはたらきかけることで、自然な睡眠を促すお薬です。

体内時計が乱れてしまって、眠りたい時間に眠れず、おかしな時間に眠くなってしまう方や、従来の睡眠薬では効果や副作用が強すぎた方、はじめて睡眠薬を利用される方にとくにおすすめです。

また、時差ぼけや交代勤務で睡眠時間が不規則になってしまいがちな方にも効果があります。 ただし、即効性はないため、効果を得られるまでに個人差があり、1~4週間程度かかります。 体に負担をかけず、時間をかけて体内時計を正常にし、正しい睡眠のリズムを取り戻したい方に最適です。

不眠症の中でも、とくに中途覚醒や早朝覚醒、熟眠障害に有効

不眠症と一口にいっても、症状はさまざまです。 大きく分類すると、寝つきの悪い「入眠障害」、途中で目が覚めてしまう「中途覚醒」、起きる時間よりも早く目覚めてしまう「早朝覚醒」、睡眠時間は確保できても、眠りが浅い「熟眠障害」の4つにわけられます。

ロゼレムは、不眠症の中でも、中途覚醒や早朝覚醒、熟眠障害に効果がとくにあるとされています。 これらの症状がある方は、睡眠のスイッチの切り替えがうまくいっていないとされています。 ロゼレムはメラトニンに作用し、体内時計を正常に戻します。

「覚醒」から「睡眠」にスイッチを切り替えることで、自然な睡眠を促すのです。 しっかりと睡眠スイッチに切り替えることで、眠っても途中で目覚めてしまうことや、予定よりも早く起きてしまうこと、しっかり眠ったつもりなのに眠った気がしないということがなくなり、睡眠の質をあげることで不眠症を改善してくれます。

一方、即効性や、強引に眠りにつかせるという作用はないため、入眠障害には効果が薄いとされています。

また、不眠症の原因がうつ病などの精神疾患を伴う場合や、重度の不眠症には向かないとされています。 入眠障害や精神疾患を伴う不眠症、重度の不眠症の方は、ほかの睡眠薬を検討しましょう。

副作用・依存症の危険が少ないため、睡眠薬がはじめての方も安心

睡眠薬というと、「副作用が強い」「飲むのをやめたら禁断症状が出て、服用をやめられなくなる」というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、即効性がある分、たしかに副作用の強さ、筋弛緩作用によるふらつき、せん妄による記憶障害、依存症などを引き起こすリスクがありました。 ですがロゼレムは、従来の睡眠薬とはまったくことなった作用機序でメラトニンに作用するため、副作用や依存症、離脱症状などの心配がほとんどありません。

従来の睡眠薬は、依存症の懸念から、病院で処方する場合は30日分までと定められていますが、依存症の心配がほとんどないため、その制限もありません。

睡眠薬の服用がはじめてという方も、比較的安心して飲めるお薬であるといえるでしょう。 また、ふらつきや備忘、記憶障害などの可能性もあることから、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、高齢者の方の服用は難しいという面がありました。

ロゼレムはこれらの心配がほとんどないため、高齢者の方でも飲みやすいお薬といえます。 メラトニンは、加齢とともに分泌が低下します。 年をとると、眠りが浅くなるのはこのためです。 メラトニンの分泌が低下している高齢者には、もっとも適した睡眠薬といえます。

有効成分のラメルテオンが体内時計を正常化に導く

ロゼレムの有効成分は、ラメルテオンです。 ラメルテオンは、メラトニンの作用する受容体に働きかけることで、不眠症を改善します。

メラトニン受容体には、「MT1受容体」「MT2受容体」「MT3受容体」の3つがあります。 ラメルテオンは、催眠作用のあるMT1受容体、体内時計を整えるMT2受容体に作用します。

この働きによって、睡眠のリズムを整え、自然な眠りに導き、睡眠状態を安定させる効果があるのです。 そのため、とくに中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害にお悩みの方に適しています。

ロゼレムの服用方法

1回の用量
1錠、または1/2錠(ラメルテオンとして8mg)
服用のタイミング
就寝前
1日の服用回数
1回

ロゼレムは、就寝前に、1日1錠服用します。 効果には個人差があるため、翌朝までに眠気が残ってしまう場合があります。 その際は、錠剤を半分に割って、服用する量を減量する、もしくは服用する時間を早めるなどの対策をとりましょう。

服用時の注意

ロゼレムを服用する場合、食事と同時、もしくは食後すぐの服用は避けましょう。 食事と同時に服用してしまうと薬が吸収されず、効果が半減してしまいます。

また、副作用を強める可能性があるため、飲酒も控えましょう。 逆にカフェインは、薬の効果を弱めてしまう可能性があるため、コーヒー、お茶、紅茶などはできるだけ控え、飲む場合は、ロゼレムを服用するまでの時間と空けるのがおすすめです。

なお、睡眠薬ですので、服用した後の車の運転や危険を伴う作業は控えるようにしましょう。 基本的には、ロゼレムを飲んだ後は、寝るだけという状態にすることが推奨されています。 なお、効果があらわれるまでには時間がかかるため、自己判断で用量を増やさないようにしましょう。

ロゼレムの副作用

主な副作用
  • 強い眠気
  • 倦怠感
  • めまい
  • 頭痛
  • 便秘
  • 吐き気など

ロゼレムは睡眠薬ですので、眠気は副作用ではなく「効果」にあたります。 しかし強すぎると、翌日にまで眠気を持ち越してしまうこともあります。 副作用があらわれた場合は、用量を減らすか、医師に相談してみましょう。

稀な副作用
  • じんましん
  • 発疹
  • 血管浮腫
  • アナフィラキシー症状
  • プロラクチン上昇など

ロゼレムは副作用が少ないお薬ですが、長期服用の場合、プロラクチン上昇があらわれることがあります。 症状としては、生理不順、無月経、性欲減退などです。 起こる確率は低い副作用ですが、気になる場合は、医師に相談しましょう。

ロゼレムの注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 高齢者の人
  • 脳器質的障害の人
  • 軽度から中等度の肝機能障害の人
  • 高度の睡眠時無呼吸症候群の人
  • 内服中の薬がある人
  • 統合失調症の人
  • 精神疾患の人
  • うつ病の人
  • 妊娠中または授乳中の人
  • 小児
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • ロゼレムの成分に過敏症のある人
  • 高度肝機能障害の人
  • フルボキサミンマレイン酸塩を投与中の人
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • フルボキサミンマレイン酸塩

ロゼレムの保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ロゼレムの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー