トピナ・ジェネリック(トピロール)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

トピナ・ジェネリック(トピロール) 25mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 23%
OFF
6,500円 5,000円 カートに入れる
200錠 15%
OFF
10,000円 8,550円 カートに入れる
300錠 19%
OFF
15,000円 12,150円 カートに入れる
トピナ・ジェネリック(トピロール)
トピナ・ジェネリック(トピロール)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

トピナ・ジェネリック(トピロール)の商品詳細

商品名
トピロール
内容量
1箱あたり100錠
成分量
25mg
有効成分
トピラマート
効果・効能
てんかん発作の予防
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
サンファーマ社

トピナ・ジェネリック(トピロール)は、てんかんの発作を抑えるてんかん治療薬です。
てんかんの発作の中でも、「部分発作」に効果があります。
また、ほかのてんかん薬とは作用機序が異なるため、ほかのてんかん薬との併用も可能です。
一般的なてんかん薬では効果が得られなかった方も、併用することで、効果が得られることもあります。
現在では100ヵ国以上の国で使用されていて、アメリカでは、片頭痛の予防薬としても利用されています。

トピナ・ジェネリック(トピロール)の特徴

てんかんによる発作を抑える新しいタイプのてんかん薬トピナのジェネリック
  • 脳の興奮を鎮めることで、てんかんによる部分発作を抑える
  • ほかの抗てんかん薬で効果が得られなかった場合の併用療法として使用
  • 安全性が認められているため、2歳以上の小児も利用可能
効果・効能
てんかん発作の予防

トピナ・ジェネリック(トピロール)は、てんかんの発作を抑える効果があります。 脳の興奮を鎮める以外にも、てんかんによる発作のきっかけとなるグルタミン受容体の機能を停止させることができます。

てんかんの発作には、脳の全体から突発的な興奮が起こる「全般発作」と、脳の一部から起こる「部分発作」の2種類があります。 トピナ・ジェネリック(トピロール)は、部分発作の治療に使用されるてんかん薬です。

また、ほかのてんかん薬とは異なる作用機序をもっていることも特徴です。 そのため、ほかのてんかん薬と併用することで、てんかん発作を抑制します。 臨床試験においても、併用することで、発作頻度を30%減少させられることが認められています。

ただし、てんかんの発作の原因そのものを治せるお薬ではありません。 予防として長く飲み続けることが多いですが、状態によっては、服用量の減量や中止も可能です。 その場合は、医師の指示に従いましょう。

トピナ・ジェネリック(トピロール)について

トピナ・ジェネリック(トピロール)は、インドの大手製薬会社、サンファーマが製造しているてんかんの発作の予防薬です。

てんかんの発作の中でも部分発作に適応があり、脳神経の興奮を鎮める作用などがあります。 ほかの抗てんかん薬で効果が得られない場合、併用されることもあるお薬です。

また、トピナのジェネリック医薬品にあたるため、安く購入することが可能です。 トピナ・ジェネリック(トピロール)は発作の予防薬ですので、比較的長期間服用することが多いお薬です。

長期間服用となると、費用もかさんでしまいますが、ジェネリックなら同じ効果・成分などでありながら安く入手できるため、家計への負担も軽減できるでしょう。

なお、副作用として食欲減退が挙げられますが、これにより痩せるともいわれているため、一部の病院ではダイエット薬として処方しているようです。

ただし、てんかんでない方が服用するにはリスクも伴う可能性が高いため、ダイエット目的で利用される場合は、一度医師に相談しましょう。

作用機序が異なるため、ほかの抗てんかん薬と併用することも可能

トピナ・ジェネリック(トピロール)は、ほかの抗てんかん薬とは作用機序が異なります。 そのため、ほかの治療薬で効果を得られなかった場合も、トピナ・ジェネリック(トピロール)と併用することで、効果が得られることがあります。

臨床試験では、発作頻度を30%減少させられたと認められています。 てんかんによる発作のうち、部分発作(二次性全般化発作を含む)の治療に使用され、脳の興奮を鎮めることにより、発作の症状を抑えます。

また、安全性も認められているため、成人だけでなく、2歳以上の小児のてんかん治療としても利用されるお薬です。

さらに、片頭痛の予防薬として使用する場合もあります。 一般的な抗てんかん薬では効果が得られなかった方も、ぜひお試しください。

長期間の服用でも治療費を抑えられるジェネリック医薬品

トピナ・ジェネリック(トピロール)は、トピナのジェネリック医薬品です。 ジェネリックは日本でも知名度があがってきましたが、先発薬と同じ成分や効果・副作用でありながら、安く購入することができるお薬です。

通常は薬の開発には、数億もの開発費がかかります。 先発薬は薬の特許があるため、約20年は、ほかの製薬会社は、同じ薬を製造することができません。 特許が切れたあとに販売されるのが、ジェネリックです。 ジェネリックは、開発費を抑えられるため、安く販売することが可能です。

トピナ・ジェネリック(トピロール)は、のインドの大手製薬会社であるサンファーマが製造しているため、安全性なども信頼できます。

ある程度長い期間服用することが必要になる薬は、治療費が負担になってしまいます。 トピナ・ジェネリック(トピロール)も予防薬であるため、ある程度の期間服用することが一般的です。

ジェネリックであれば、治療費を抑えることができるため、費用を原因に、治療を断念する必要もほとんどありません。 治療費を抑えたい方に、おすすめです。

脳の神経の過剰な興奮を抑え、刺激を伝わりにくくすることで発作を抑制

てんかんは、脳内で神経が異常に興奮することによって起こります。 脳には神経細胞が集積していますが、神経伝達物質などの作用によって神経細胞が興奮し、シグナルが伝わると、神経伝達がおこります。

神経の興奮伝達に関わる物質にはさまざまなものがありますが、Clーは抑制性のシグナルとして作用し、Na+やCa2+は興奮性のシグナルとして作用します。

また、炭酸脱水酵素という酵素が、けいれんなどの発症に関わっているとされています。 トピラマートには、Na+、Ca2+の通り道であるナトリウムチャネルやカルシウムチャネルの抑制作用、抑制性シグナルであるClーの神経細胞内への流入を促す作用や、炭酸脱水酵素を阻害する作用などがあります。 これらの働きにより、てんかんの発作を抑えます。

トピナ・ジェネリック(トピロール)の服用方法

1回の用量
2錠(トピラマートとして50mg)
1日の服用回数
1回または2回

成人の場合、はじめは1日50mgを1日1~2回を、水またはぬるま湯で服用してください。 それ以降は、1週間以上の間隔をあけて増量し、1日量200〜400mgを、2回にわけて服用します。 症状によって適宜増減しますが、1日の最高投与量は、600mgまでです。

小児の場合、2歳以上は1日量1mg/kgで飲みはじめます。 それ以降は、2週間以上の間隔をあけて1日量2mg/kgに増量してください。 以後、2週間以上の間隔をあけて1日量として2mg/kg以下ずつ増量し、維持量として1日量6mg/kgを服用します。

症状によって適宜増減しますが、1日最高服用量は、9mg/kg又は600mgのいずれか少ない服用量までです。 いずれの場合も、1日2回にわけて服用しましょう。

服用時の注意

飲み忘れた場合は、気がついたときに、1回分をできるだけ早く飲んでください。 ただし、次の服用時間が近い場合はその分は飲まず、次の服用時間に1回分を飲みましょう。 2回分を一度に飲むことは、避けてください。

眠気や注意力・集中力・反射運動能力の低下などが起こることがあります。 自動車の運転や危険物の取扱、高所での作業など、危険を伴う作業には従事しないよう十分注意してください。 結石を生じやすい体質の方は、十分に水分をとりましょう。

また、汗が出にくくなることがあるため、体温が上昇することがあります。 とくに夏は、気温が高くなる場所は、できるだけ避けましょう。 体重減少があらわれることがありますので、徴候があらわれた場合は、医師にご相談ください。

なお、服用中、自己判断で服用を中止しないようにしましょう。 突然中止してしまうと、反動で重い発作を起こしてしまう危険があります。 服用を中止したい場合は、医師にご相談ください。

トピナ・ジェネリック(トピロール)の副作用

主な副作用
  • めまい
  • 眠気
  • 体重減少
  • 摂食異常
  • しびれ感など

比較的起こりやすい副作用の発現率は、それぞれ平均して30%前後です。 試験では、全体では、75.2%の方に、なんらかの副作用があらわれています。 副作用が気になる場合は、すぐに医師にご相談ください。

稀な副作用
  • 急性近視
  • 緑内障
  • 腎結石
  • 尿路結石
  • アシドーシス
  • 乏汗症
  • 高熱など

発汗減少がおこることがあるため、夏はとくに、体温上昇に気をつけましょう。

トピナ・ジェネリック(トピロール)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 閉塞隅角緑内障の患者の人
  • アシドーシスの素因を有する人、またはアシドーシスで治療を受けている人
  • 腎機能障害、肝機能障害のある人
  • 自殺企図の既往、および自殺念慮を有するうつ病の患者の人
  • 高齢者
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある人
  • 授乳中の人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 成分に過敏症のある人
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • 肝代謝酵素(CYP3A4)誘導作用を有する薬剤
  • フェニトイン
  • 中枢抑制薬
  • 炭酸脱水酵素阻害剤
  • 経口避妊薬
  • リスペリドン
  • メトホルミン
  • ピオグリタゾン
  • アミトリプチリン
  • ジゴキシン
  • ヒドロクロロチアジド
  • リチウム
  • セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品

トピナ・ジェネリック(トピロール)の保管方法

・直射日光を避けて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はありませんが、高温多湿の場所には保管しないでください。
・小さなお子様の手の届かない所に保管してください。
お子様が誤って服用することのないよう十分注意して保管してください。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
日本医薬情報センター
安全性および有効性を中心とした医薬品情報の提供を行う一般財団法人のサイトです。医薬品に関する国内外の情報を迅速かつ公正に整理・分析し速やかに情報提供することによって、国民の健康や医療の向上に貢献しています。サイト内には国内の医薬文献情報と医薬品添付文書情報がデータベースにまとめられており、添付文書や治験など各段階における医薬品情報が検索できます。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

一般の個人が自分で使用するための購入のみ認められており、「代理で通販購入する」「購入後に第三者への譲渡する」などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

トピナ・ジェネリック(トピロール)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー