デジレル・ジェネリック(トラゾドン)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

デジレル・ジェネリック(トラゾドン) 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
7,000円 6,300円 カートに入れる
200錠 19%
OFF
14,000円 11,340円 カートに入れる
300錠 25%
OFF
21,000円 15,800円 カートに入れる
デジレル・ジェネリック(トラゾドン)
デジレル・ジェネリック(トラゾドン)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)の商品詳細

商品名
トラザロン
内容量
1箱あたり100錠
成分量
50mg
有効成分
トラゾドン
効果・効能
うつ病、不眠症の改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
サンファーマ社

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、脳内のセロトニンによる神経伝達を改善する働きがあります。これにより、憂うつな気分や不眠を改善したり、意欲を高めたりする効果がある抗うつ剤です。
抗うつ剤の中ではSARI(セロトニン遮断再取り込み阻害薬)に分類されます。
耐性、副作用、依存などのリスクも少ないため、安全に利用できます。
現在は、睡眠薬として利用される機会も多くなっているお薬です。

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)の特徴

憂うつな気分をやわらげ、不眠症にも効果があるセロトニン遮断再取り込み阻害薬
  • 抗不安・鎮静作用により、憂うつな気分を緩和し、意欲を高める抗うつ剤
  • 睡眠を深くする効果もあるため、不眠症をともなううつ病に最適
  • 依存、耐性、副作用などのリスクが低く、安全に利用できる
効果・効能
うつ病・うつ症状の改善
不眠症の改善

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、うつ症状と不眠症の改善効果があります。

うつ病は、脳内のセロトニンの少なくなることで発症しますが、デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、セロトニンが再取り込みされることを阻害する働きがあります。 それにより脳内のセロトニン濃度を増やし、うつ状態を改善する効果があります。

ただし、重度や中等症のうつ病の方には治療結果が乏しいという報告もあるため、症状によっては、ほかの抗うつ剤の選択も考慮に入れる必要があります。

また、アドレナリン受容体(α1)、ヒスタミン受容体(H1)の遮断作用ももちあわせています。 眠気を引き起こす作用があるため、不眠症の治療薬として利用されることもあるお薬です。 うつ病や不眠症の治療に用いられることが一般的ですが、全般性不安障害、神経性大食症、認知症に伴う興奮、強迫性障害(OCD)、せん妄状態などに有効であったという報告もあります。

ただし、臨床試験ではプラセボとの差異が見られなかったという結果もあり、服用する量の調整も難しいため、これらの症状に利用する場合、医師と相談しながら利用するようにしましょう。

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)について

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、インドの大手製薬会社サンファーマ社が製造している抗うつ剤です。

セロトニン遮断再取り込み阻害薬(SARI)に分類され、脳内のセロトニン濃度を増やす働きがあります。 それにより、うつ病による憂うつな気分・不安感を緩和し、意欲を高める効果があります。

また、抗ヒスタミン作用があり、眠気を強くする効果もあるため、睡眠薬として用いられることも増えています。

一般的には、三環系抗うつ薬のような強い効果はないとされていますが、副作用や依存、耐性などのリスクが少なく、不安感や不眠症を伴う比較的軽度のうつ病などに適しています。 有効成分であるトラゾドンは、もともとは1970年代にイタリアで合成され、アメリカで1980年代に治療薬として認可されました。

日本では1991年から利用されている歴史の長い抗うつ剤です。 デジレル・ジェネリック(トラゾドン)はジェネリック医薬品のため、同じ効果や成分・副作用でありながら、治療費用を抑えながら治療を続けられることもメリットです。

できるだけ安いお薬で耐性や副作用などのリスクも抑え、比較的軽度のうつ状態や不安、不眠の症状などを改善したい方におすすめです。

うつ病だけでなく、不眠症の改善にも最適な抗うつ剤

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、セロトニンの濃度を増やすことで、うつ状態や不安な状態を改善する抗うつ剤です。

一般的には三環系抗うつ薬よりも効果がゆるやかとされていますが、治療効果は同等という見解もあります。

抗うつ剤としては選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が主流になってきたため、使用される機会は減ってきてはいるものの、とくに軽度のうつ病には、効果が認められています。

近年は、抗ヒスタミン作用による眠気を利用し、睡眠薬として用いられる機会も増えています。 ベンゾジアゼピン受容体作動性睡眠薬などでは耐性や依存症が問題となり、服用をためらう方も多いかもしれませんが、デジレル・ジェネリック(トラゾドン)はこれらの心配がほとんどないため、安心して利用できます。

不眠症にはさまざまな症状がありますが、とくに途中で目覚めてしまう中途覚醒や、早朝に目が覚めてしまう早朝覚醒などに有効だとされています。

また、PTSDにともなう不眠症に用いたところ、9割以上で入眠が改善したという報告もあります。 うつ病で、とくに不眠症の症状が強い方や、中途覚醒や早朝覚醒などの不眠症で、耐性や依存症が心配な方におすすめの抗うつ剤です。

依存症や耐性、副作用などのリスクを抑えて治療が可能

抗うつ剤や睡眠薬は、服用期間が長くなりやすいお薬です。 そのため、懸念されるのは、副作用や耐性が形成されること、依存症などになってしまうことなどが挙げられます。

ですが、それを心配するあまり、いつまでも症状を改善できないのは辛いものです。 デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、抗うつ剤の中でも、副作用、耐性、依存症などのリスクが少ないのがメリットです。

抗うつ剤や睡眠薬は、これらの問題から服用をためらってしまう方も多いとされていますが、デジレル・ジェネリック(トラゾドン)であれば、これらの心配をほとんどなく、治療することが可能です。

飲みはじめや、服用量を増やした場合などは副作用がやや強めにでることもありますが、それでもSSRIなどに比べると、軽度なものになります。

とくにSSRIは、性機能障害が生じることが気になる方が多いかもしれませんが、デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、その可能性も低いとされています。

また、ふらつきなどの副作用には注意しなくてはいけませんが、高齢者の方も、利用しやすい抗うつ剤です。 依存や副作用などが心配で抗うつ剤や睡眠薬の服用に踏み切れない方は、リスクの少ないデジレル・ジェネリック(トラゾドン)をぜひ一度お試しください。

セロトニンが神経細胞へ回収されるのを阻害することで抑うつ状態を改善

うつ病は、脳はセロトニンが少なることで発症するため、脳内のセロトニン量を増やすことで、抑うつ状態を改善できます。

神経細胞の間にセロトニンが放出されることによって情報が伝わっていきますが、放出されすぎたセロトニンは、再び神経細胞に回収されます。この際に、セロトニンが神経細胞へ回収されてしまうと、その分、情報伝達に関わるセロトニンの量が少なくなります。

トラゾドンは、セロトニンが神経細胞へ回収される過程を阻害する働きがあります。この働きにより、セロトニンの量が増えるため、抑うつ状態を改善できるようになるのです。

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)の服用方法

1回の用量
1~4錠(トラゾドンとして75~200mg)
1日の服用回数
1~複数回

1日75〜100mgを、水またはぬるま湯で服用してください。 状況により、1日200mgまで増量可能ですが、1度にまとめて服用せず、1〜数回にわけて服用します。

なお、年齢・症状によって、適宜増減します。 効果や副作用が強い場合は、錠剤を半分や4分の1にするなどして調整しましょう。

服用時の注意

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、服用量は個人差があるため、まずは少量から飲みはじめます。

様子を見ながら、効果が足りないようであれば、量を増やしましょう。 即効性があるわけではないため、効果がでてくるまで、2~3週間、あるいはそれ以上かかることもあります。

症状がよくなったとしても、自己判断で服用を中止せず、医師にご相談ください。 個人差はありますが、半年から2年ほど服用を続けることが推奨されています。

服用中は、眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがあります。 自動車の運転など、危険を伴う作業、高所での作業などには従事しないよう、気をつけてください。

なお、口が渇く副作用が起こりやすいため、水で口をゆすぐなどしましょう。 立ちくらみも副作用として起こるため、急に立ち上がらず、ゆっくり動作するようにしてください。

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)の副作用

主な副作用
眠気
口渇
便秘
めまい・ふらつき
動悸
手の震え
低血圧
かゆみ
発疹など

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)は、抗うつ薬のなかでは副作用が少ないお薬です。 副作用の症状が軽度であればそれほど問題はありませんが、症状が重いときには、早めに医師にご相談ください。

なお、飲みはじめたばかりのときや、服用量を増やしたときは、副作用が起こりやすくなります。

稀な副作用
悪性症候群
せん妄・錯乱
セロトニン症候群
重い不整脈
麻痺性イレウス
重い血液成分の異常
陰茎・陰核の持続性勃起など

焦燥感や不安感、落ち着かない、気分の高ぶりなど、精神的な変化が副作用として起こることもあります。

上記のような副作用が起こることは滅多にありませんが、少しでも異常を感じたら、すぐに医師にご相談ください。

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 緑内障の人
  • 尿の出にくい人(前立腺肥大症)
  • 心臓病の人
  • てんかんの人
  • 躁うつ病の人
  • 統合失調症の素因、衝動性が高い精神症状をともなう人
  • 高齢者
  • 24歳以下の人
  • 自殺念慮のある人
  • 授乳中の人
  • 妊娠中の人、または妊娠している可能性のある人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 有効成分にアレルギーのある人
  • サキナビルメシル酸塩を投与中の患者の人
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • アルコール
  • 中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体等)
  • 降圧剤
  • モノアミン酸化酵素阻害剤
  • 強心配糖体(ジゴキシン等)、フェニトイン
  • フェノチアジン誘導体(クロルプロマジン等)
  • ワルファリン
  • カルバマゼピン
  • CYP3A4阻害剤(リトナビル、インジナビル)
  • タンドスピロン、パロキセチン、アミトリプチリン

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。
・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

デジレル・ジェネリック(トラゾドン)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー