ファモチジン(ガスター・ジェネリック)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ファモチジン(ガスター・ジェネリック) 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
3,870円 3,480円 カートに入れる
200錠 10%
OFF
6,890円 6,200円 カートに入れる
ファモチジン(ガスター・ジェネリック) 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
4,430円 3,990円 カートに入れる
200錠 10%
OFF
7,910円 7,120円 カートに入れる
ファモチジン(ガスター・ジェネリック)
ファモチジン(ガスター・ジェネリック)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ファモチジン(ガスター・ジェネリック)の商品詳細

商品名
ファモチジン
内容量
1箱あたり100錠
成分量
10mg / 20mg
有効成分
ファモチジン
効果・効能
胃潰瘍や胃痛症状などの改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Sawai Pharmaceutical

ファモチジンは胃潰瘍治療薬として有名なガスターのジェネリック医薬品となります。
名前は違えども、ガスターと全く同じ効果を発揮しつつ、ガスターよりも安い価格帯で購入できるためコストパフォーマンスに優れています。
ストレス社会の日本では、多くの人が胃痛や胃部不快感といった症状に悩まされています。
ファモチジンは胃の不快症状の原因と考えている胃酸の出すぎを抑え、胃への負担を和らげてくれます。

ファモチジン(ガスター・ジェネリック)の特徴

ガスターと同レベルの効果を発揮するジェネリック医薬品
  • 活発に出る胃酸を抑え、むかつきや胃痛などの不快な症状を改善します
  • ジェネリック医薬品なので、ガスターよりもコストパフォーマンスに優れます
  • 長年活躍してきた有効成分ですので、安全性が高く信頼できるでしょう
効果・効能
胃潰瘍の改善
日常生活のストレスによる胃のむかつきやキリキリとする胃痛症状を緩和します

胃酸が過剰に出すぎてしまうことによりみられる症状、胃痛、嘔気、胸やけ、出血といった症状に対し効果を発揮します。

胃粘膜内部の血液の流れる量をコントロールするはたらきも併せ持っていますので、胃酸によってできた潰瘍などの病変治癒に貢献してくれます。

胃酸の出すぎをコントロールしつつ、胃粘膜病変の改善を促進させますので、消化性潰瘍による炎症や消化管出血などの病変への治癒効果も発揮してくれるでしょう。

ファモチジン(ガスター・ジェネリック)について

ファモチジンはSawai Pharmaceutical(=沢井製薬)が製造販売するジェネリック医薬品です。

Sawai Pharmaceutical社は日本の医薬品製造メーカーで、大阪府に本拠地を置いています。 1929年に創立し、生活習慣病治療薬、抗がん剤など、数多くの医療用医薬品のジェネリック医薬品を開発してきました。

年間売上高は1535億円ともいわれ、ジェネリック医薬品といえば沢井製薬といわれるほど有名です。 国産のプライドに恥じないよう安全性と品質を第一に考えており、安全性はかなり高いといえるでしょう。 また、先発品を超えるような製品開発にも注力しており、医薬品によっては、先発品よりも扱いやすい製品があるほどです。

ファモチジンはガスターのジェネリック医薬品にあたりますので、ガスターよりも手頃な価格で入手が可能です。

市販のガスターを購入する場合、1錠あたりの値段はおよそ85円ですが、ファモチジンですと、1錠あたり34円程度といわれており、半分以下にまでコストを抑えられます。

胃の症状を改善するには一定期間の服用が有効とされていますので、治療に費用としてはかなり優秀といえます。

価格が抑えられつつも効果の強さは同じですので、ガスターの効果を遜色なく受けられるでしょう。

胃潰瘍やストレス性胃炎など、さまざまな胃の治療に用いられます。

ファモチジンは今現在の医療現場でも実際に使用されるほど、高い有効性を発揮する医薬品です。

胃潰瘍をはじめ、十二指腸潰瘍、消化管内出血、ストレス性胃炎などによる胃のむかつき、キリキリとした胃痛、胃もたれなどの諸症状を改善してくれます。 胃部不快症状の原因の一端といわれている胃酸の過剰な分泌を抑え込み、胃粘膜の悪化を防ぎつつ、諸症状を治療してくれます。

処方箋医薬品として使用されるケースが多いので、その実力は折り紙付きといえるでしょう。 胃酸の出すぎを積極的にコントロールしてくれますので、幅広い胃症状に対して改善効果が期待できます。

他の胃薬と併用することでより治療効果が期待できます。

胃酸の過剰な分泌を抑え込むことで治療効果を発揮するファモチジンですが、他の作用をもつ胃薬を一緒に服用することで、より治療効果が期待できます。

例えば、胃の粘膜を保護するような成分と併用すれば、胃酸の分泌を正常に保ちつつ、胃粘膜を保護し修復してくれますので、単体での治療よりも早期に治療効果を実感できるでしょう。

同じ胃薬だったとしても、症状へのアプローチ方法が違うため、それぞれの薬が邪魔しあう心配も少ないです。

ただし、市販薬の中にはファモチジンと同様の作用をもつ成分が配合されているものもありますので、併用を検討している人は事前に薬剤師や登録販売者、かかりつけ医に相談しておくことをおすすめします。

胃酸の過剰な分泌を抑制し、胃の不快感や嘔気などの消化器症状を改善します。

ファモチジンは胃粘膜にある壁細胞とよばれる細胞のH2受容体に結び付き、プロトンの結合を阻害します。 受容体が阻害されることで、活発な胃酸分泌をコントロールし、消化性潰瘍や消化管出血からくる諸症状の改善を促してくれます。

胃粘膜内部の血液流量を増加させる作用もあるため、胃酸を抑えつつも胃粘膜の修復を促してくれます。

ファモチジン(ガスター・ジェネリック)の服用方法

1回の用量
1~2 錠(ファモチジンとして10-20mg)
服用のタイミング
食後または寝る前
1日の服用回数
1日1~2回
服用する間隔
12~24時間

1回あたり1~2錠を1日2回水かぬるま湯にて服用してください。 用法用量を正しく守って服用しましょう。

食後の服用が望ましですが、胃部不快感や胃部症状がひどく食欲がわかない場合、無理に胃に食べ物を入れず、空腹のまま服用が可能です。

毎日同じ時間に服用することでより効果を実感しやすいでしょう。

症状が出ている時に短期的に使用することで、治療効果を発揮しつつ、副作用発現のリスクを抑えてくれます。

服用時の注意

始めて使用する場合には忍容性を確認するため少量から開始してください。 小さいお子様の手の届かない場所に保管してください。

使用期限の切れている場合、薬の効果が正しく発揮されないおそれがありますので、使用の際には期限内であることを確認してから使用してください。 アルコールを摂取した状態での服用は、薬の効果に影響が出る可能性がありますので、なるべく避けた方が良いでしょう。

症状改善後も漫然と服用を続けていると、思わぬ副作用が起こるおそれがあります。 使用は必要最小限にとどめ、症状が改善した場合には徐々に減らしながら最終的には中止したほうがよいでしょう。

ファモチジン(ガスター・ジェネリック)の副作用

主な副作用
白血球減少
肝機能数値上昇
便秘
発疹
倦怠感など

使用により血液検査の数値が異常をきたすことがあります。 定期的に血液検査や健康診断を行い、数値に異常がないかを確認しておいたほうがよいでしょう。

特に腎機能に障害を持つ人や高齢者の人に対しては、腎機能のはたらきを妨げてしまうおそれがありますので、注意が必要です。

使用する際には少量からスタートするなど体調をよく観察しながら服用開始してください。

また、服用後に便秘、下痢、食欲不振などの消化器症状を引き起こすおそれがあります。 もしも症状が見られた場合には、お近くの医療機関に受診し、医師の診察を受けてください。

稀な副作用
アナフィラキシーショック
無顆粒球症
汎血球減少
中毒表皮壊死症
肝機能障害
横紋筋融解症など

使用により、血液検査の数値が大きく乱れて無顆粒球症や生活習慣病になるケースがあります。 頻繁に風邪をひくようになった、風邪がなかなか治らない、出血が止まりにくいなどの症状が見られましたら、すぐに服用をやめてお近くのかかりつけ医に相談してください。

発熱や呼吸しづらいなどの症状を伴う間質性肺炎になることがあります。 重度の発熱や息苦しい症状があらわれた場合には、同様に服用をやめて医療機関に受診し診察を受けてください。

使用後に尿が赤黒く変色したり、全身に筋肉痛を感じるケースがあります。 症状が見られた場合にはすぐに服用をやめ、近隣の病院に受診してください。

ファモチジン(ガスター・ジェネリック)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 心臓に病気のある人
  • 腎臓に障害を持つ人
  • 肝臓に障害を持つ人
  • 妊婦の人
  • 現在授乳中の人
  • 未成年のお子様
  • 高齢者の人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • ファモチジンに含まれる成分で過去に過敏症や蕁麻疹などの症状を起こしたことがある人
  • アゾール系抗真菌薬を服用中の人
併用禁忌
  • 使用してはいけない薬は特にありません

ファモチジン(ガスター・ジェネリック)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。
・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ファモチジン(ガスター・ジェネリック)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー