ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ) 10mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 5%
OFF
3,800円 3,610円 カートに入れる
200錠 10%
OFF
7,600円 6,860円 カートに入れる
300錠 10%
OFF
10,800円 9,750円 カートに入れる
ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)
ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)の商品詳細

商品名
オリザ
内容量
1箱あたり100錠
成分量
10mg
有効成分
オランザピン
効果・効能
双極性障害における躁状態、うつ状態の改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
インタスファーマ社

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)は処方箋医薬品として使用されているジプレキサのジェネリック医薬品です。
ジプレキサと同等の効果を持ちながら、ジプレキサよりも安価で購入できますのでコストパフォーマンスに優れています。
気分が沈む、不安になりやすいなどといった心療内科領域のメンタル症状は、継続的に薬を使用するケースが多いので、治療が必要だが診療費が高いと感じている人にはおすすめです。

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)の特徴

脳内を正常に補正して不安症状やうつ病を改善します
  • ジプレキサよりもコストパフォーマンスに優れています
  • 脳内の神経伝達物質の異常な分泌を正常にしてくれます
  • うつ病、統合失調症、双極性障害など、複数のメンタル症状に効果的です
効果・効能
統合失調症、双極性障害などの精神病
不安、イライラ、悩みなど、精神的に不安定な人に

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)は脳内に複数存在する物質の分泌を補正し、正常に機能させることで気持ちの高ぶり、怒り、焦り、絶望感などの不安定な症状を改善してくれます。

原因を根治させるような医薬品ではないものの、不安定な精神症状を穏やかにして療養中のあなたをサポートしてくれるでしょう。

多方面から脳内にアプローチしますので、さまざまな精神症状に効果が期待できます。 継続的な服用により効果を実感しやすいため、きちんと服用すれば普通の日常生活を送れるようになります。

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)について

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)はインタスファーマ社が製造販売するジェネリック医薬品です。 インタスファーマ社はインドのアフマダーバードに本拠地を構えている医薬品メーカーで、主にジェネリック医薬品を中心に事業を展開しています。

インド国内でも多くのシェアを獲得しており、アメリカのFDA(食品医薬品局)など、世界の医薬品を規制する機関より認可を受けているグローバル企業です。

インタスファーマ社の展開している医薬品は各国の厳しい検査基準をクリアし、製造されているので、安全性はかなり高いといえるでしょう。

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)は脳内におけるドパミン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなど、複数の伝達物質に働きかけ、不安症状、イライラ、抑うつ症状といった精神疾患でみられる症状を改善してくれます。

ジプレキサよりも安く購入でき、続けやすい医薬品です。

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)はジプレキサのジェネリック医薬品にあたるため、ジプレキサよりもリーズナブルです。

ジプレキサ1錠あたり255円に対し、ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)は1錠あたり36円ですのでおよそ1/7程度の費用削減になります。

長期的な服用が予想されますので、治療による費用を大幅に減らすことができるでしょう。 ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)は1錠あたり10㎎ですが、半分に割って使用しても人によっては充分な効果を発揮してくれます。ピルカッターなどで分割して使用すれば、コストパフォーマンスを更に向上させられるでしょう。

気持ちの高ぶりや気分の落ち込みの両方に効果的です。

抗不安薬や精神安定剤というと気持ちが沈んでいる人を元気にさせると考えている人もいるでしょうが、ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)は興奮状態、抑うつ状態のどちらにも効果があります。

セロトニン、ドーパミンをメインにさまざまな部分に効果を発揮するため、多方面からのアプローチにより精神状態を安定化してくれるでしょう。

国内では統合失調症や双極性障害の適用ですが、うつ病や適応障害など、他のメンタル系の病気に対しても使用可能です。

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)の服用方法

1回の用量
0.5~2錠(オランザピンとして5~20mg)
服用のタイミング
いつでも
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間

1回あたり0.5錠~2錠を目安に水かぬるま湯にて服用してください。 用法用量を正しく守って使用してください。

初めて使用する際には、体に合うか確かめるために少ない用量からスタートし、効果を確認しながら使用してください。

錠剤を半分にする際には、包丁やカッターよりも専用のピルカッターを使用すると綺麗に分割できます。

服用時の注意

必要に応じて増量できますが、2錠(20㎎)を超えての使用はしないでください。 眠気や注意力、判断力の低下を引き起こすおそれがありますので、服用後は高所作業、精密な操作を必要とする自動車の運転は避けてください。

アルコールの摂取によって薬の効果に影響が出てしまうことがあります。 使用する際にはアルコールの摂取は避けておいてください。

すでに睡眠導入剤や精神安定剤など、他のお薬を使用されている人は購入前にかかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。

その他の飲み薬であったとしても、薬同士の飲み合わせに問題があるケースがありますので、事前に確認しておいた方が安心です。

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)の副作用

主な副作用
眠気
ふらつき
めまい
だるさ
体重増加など

使用により眠気やふらつきなどを起こすことがあります。 服用後に症状がみられる場合には、服用を寝る前にするのが良いでしょう。 症状がひどい場合には、かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

また、体重増加がみられるケースがあります。 服用中は体重にも注意し、体重増加の兆候がみられましたら、食事を制限する、適度な運動を行うなど体重管理を行ってください。

稀な副作用
高血糖
悪性症候群
遅発性ジスキネジアなど

服用後、血糖値の上昇をきたすことがあります。 喉が渇く、多飲、トイレの回数が増えるもしくは1回の量が多いなどの症状が見られましたら、高血糖となっている可能性があります。 症状が見られましたら、近隣の医療機関に受診し医師の診察を受けてください。

また、稀なケースですが、悪性症候群を引き起こしてしまうことがあります。 使用後に筋肉のこわばり、血圧の変動、発汗や発熱などの初期症状が見られましたら、すぐに服用をやめ、かかりつけの医師に相談してください。

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 太っている人
  • 緑内障の人
  • 尿の出が悪い人
  • てんかん発作を起こしたことがある人
  • 心臓や血管に何らかの病気を抱えている人
  • 自殺を考えたことがある人
  • 脳に物理的な障害を持つ人
  • 肝臓に障害を持つ人
  • 妊娠中または妊娠している可能性のある人
  • 小さいお子様
  • 高齢者の人
  • 他に睡眠導入剤や精神安定剤を使用中の人
  • 抗コリン作用を有する薬を使用中の人
  • タバコを吸っている人
  • フルボキサミンを使用中の人
  • シプロフロキサシンを使用中の人
  • カルバマゼピンを使用中の人
  • オメプラゾールを使用中の人
  • リファンピシンを使用中の人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 昏睡状態の人
  • バルビツール酸誘導体系などの中枢神経剤を使用中の人
  • ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)に含まれる成分で過敏症を起こしたことがある人
  • 糖尿病の人
併用禁忌
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • アドレナリン(ボスミン)

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。
・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ジプレキサ・ジェネリック(オリザ)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー