フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック) 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
20錠 10%
OFF
2,500円 2,250円 カートに入れる
40錠 14%
OFF
5,000円 4,280円 カートに入れる
60錠 19%
OFF
7,500円 6,080円 カートに入れる
80錠 24%
OFF
10,000円 7,650円 カートに入れる
フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)
フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)の商品詳細

商品名
フルボキサミン
内容量
1箱あたり20錠
成分量
50mg
有効成分
フルボキサミンマレイン酸塩
効果・効能
うつ病、不安症、強迫性障害などの改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Neuraxpharm Arzneimittel(ネウラックスファーム)

フルボキサミンは、抗うつ剤「ルボックス」のジェネリック医薬品です。
うつ病や不安障害、強迫性障害に効果がある選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に分類されます。
脳内にセロトニン量を増やすことで、不安感や悲観的な気持ちを改善します。
効果はマイルドで、副作用が少なく安全性が高いため、長期間の維持療法にも適しています。

フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)の特徴

うつ病や不安障害に効果のある抗うつ剤ルボックスのジェネリック医薬品
  • セロトニンの働きを強めることで、うつ病や不安を改善
  • 同系のお薬の中では、マイルドな効果で安全性が高い
  • ジェネリックのため、長期服用でも費用を抑えることが可能
効果・効能
うつ病の改善
不安症の改善
強迫性障害の改善

フルボキサミンは、主にうつ病、うつ状態、強迫性障害、社会不安障害などの心の病気を改善する効果があります。

それ以外にも小児の強迫性障害、パニック障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、過食症、抜毛症、ギャンブル依存、醜形恐怖などにも効果が認められたという報告もあり、広い範囲の病気に有効です。

とくに抗うつ剤として用いられることが多く、うつ病の症状である意識の低下、不安、イライラ、不眠などの症状を改善してくれます。

フルボキサミンは、抗うつ剤の中ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)にあたります。 うつ病は、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンやなどの働きが不調に陥ることで、さまざまな症状が起こります。

フルボキサミンは、脳内でセロトニンの再取り込みを阻害して、セロトニンの働きを強くすることによって、うつ病など、さまざまな不調を改善します。

従来の抗うつ剤に比べるとマイルドに効くことが特徴で、うつ病の場合は2週間から3週間、強迫性障害の場合は3週間から4週間ほどで治療効果を得られます。

フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)について

フルボキサミンは、ドイツに本社を置くNeuraxpharm Arzneimittel(ネウラックスファーム)が製造している抗うつ剤です。

抗うつ剤の中でも選択的セロトニン再取込阻害薬に分類され、第3世代の抗うつ剤として知られています。

主成分はフルボキサミンマレイン酸塩で、うつ病や不安障害などで起こる悲観的な気持ち、憂うつな気持ち、不安な気持ち、やる気の減退、集中できない、不眠症などを改善し、気持ちを前向きにしてくれます。

また、強迫性障害、外傷後ストレス障害(PTSD)などの治療にも用いられます。 同系統のお薬と比べると効果はマイルドで、副作用が少ないため、安全性が高いのが特徴です。

そのため、長期の服用でも負担は少ない点がメリットです。 さらに、ルボックスのジェネリックのため、安く購入できます。 先発薬であるルボックスと同じ有効成分・効果・副作用ですので、安く購入したい方におすすめです。

副作用が少なく、安全に利用できる抗うつ剤

フルボキサミンは、抗うつ剤の中でも選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)にあたるお薬です。

抗うつ剤としては第3世代とされており、服用しても比較的安全で、さらに治療領域が広いことから、うつ病などの精神疾患の第一選択薬として用いられています。

従来の抗うつ剤は、口の渇きや便秘、性機能異常などの副作用が見られましたが、フルボキサミンでは比較的少なく、はじめて抗うつ剤を利用される方も、飲みやすいといえます。 もちろんまったく副作用がないわけではなく、とくに飲みはじめは吐き気などが起こることがありますが、ほとんどの場合は、2週間程度でおさまります。

抗うつ剤は、症状によっては長期的な服用が必要になるお薬です。 そのため、副作用の少なさや安全性は、重視すべき点といえます。

副作用によっては、日常生活に支障をきたしてしまうこともあるため、できるだけ副作用の少ないお薬でうつ病や不安障害などを改善したい方に、とくにおすすめです。

長期の服用でも、費用を抑えた治療が可能

長期間服用する場合、副作用や安全性以外に気になるのが、治療費用です。 フルボキサミンは、ルボックスのジェネリック医薬品です。

有効成分は先発薬であるルボックスと同じフルボキサミンマレイン酸塩ですので、効果や副作用は同じでありながら、安く購入することができます。 抗うつ剤のように長期間服用するお薬の場合、費用が普段になってしまいますが、ジェネリックは先発薬よりも安いため、費用面での負担も軽減できます。

添加物や形、味などは先発薬と異なることがありますが、それ以外は基本的には先発薬との違いはほとんどありません。

ジェネリック医薬品は、日本でも最近は広く利用されるようになってきて、安全性も認識されてくるようになってきましたが、フルボキサミンは、ドイツの大手製薬会社ネウラックスファームが製造しているお薬ですので、安全性の面でも、信頼できるといえるでしょう。 お薬代を安くしたい方には、フルボキサミンがおすすめです。

フルボキサミンの服用方法

1回の用量
1~3錠(フルボキサミンマレイン酸塩として50~150mg)
服用のタイミング
食後
1日の服用回数
2回
服用する間隔
12時間

フルボキサミンの副作用

主な副作用
眠気
口渇
腹痛
食欲不振
頭痛
嘔気・悪心など

抗うつ剤の中では比較的安全性が高く、副作用は少ないお薬です。 飲みはじめに胃腸症状が起こることがありますが、その場合は胃薬や吐き気止めなどをご利用ください。

稀な副作用
性欲低下
セロトニン症候群
幻覚
せん妄
アナフィラキシー
意識障害
肝臓の障害など

フルボキサミンの注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 肝障害のある人
  • 重篤な腎障害のある人
  • てんかんなどの痙攣性疾患、またはこれらの既往歴のある人
  • 自殺念慮又は自殺企図の既往のある人、自殺念慮の人
  • 躁うつ病患者の人
  • 脳の器質的障害、または統合失調症の素因のある人
  • 衝動性が高い併存障害を有する人
  • 心疾患のある人
  • 出血性疾患の既往歴、または出血性素因のある人
  • 緑内障、または眼内圧亢進のある人
  • 65歳以上の人
  • 24歳以下の人
  • 妊娠中、または妊娠の可能性のある人
  • 授乳中の人
  • 小児
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 有効成分にアレルギーのある人
  • MAO阻害剤を服用している人
  • ピモジド、チザニジン塩酸塩、ラメルテオンを服用している人
併用禁忌薬
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • MAO阻害剤
  • ピモジド
  • チザニジン塩酸塩
  • ラメルテオン

フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。
・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

フルボキサミン(ルボックス・ジェネリック)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー