プリモボラン(プリモノロン)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

プリモボラン(プリモノロン) 25mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
150錠 10%
OFF
29,000円 26,100円 カートに入れる
プリモボラン(プリモノロン)
プリモボラン(プリモノロン)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

プリモボラン(プリモノロン)の商品詳細

商品名
プリモノロン
内容量
1本あたり150錠
成分量
25mg
有効成分
メテノロン酢酸エステル
効果・効能
筋肉増強
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
男女兼用
製薬会社
Lloyd Laboratories Inc.(ロイド・ラボラトリーズ社)

プリモノロンは筋肉増強作用や脂肪燃焼作用をもつたんぱく同化ステロイド薬です。
有効成分として、メテノロン酢酸エステルを含有しており、国内ではブリモボランとして処方箋医薬品に分類されています。
プリモノロンはボディビル界隈でも使用されるほど知名度の高いアナボリックステロイド薬です。
使用することで筋肉が増えるのを効率よくサポートし、ムキムキとした筋肉質な肉体へと導いてくれるでしょう。

プリモボラン(プリモノロン)の特徴

筋肉増強作用をもつ国内承認成分を含んだアナボリックステロイド薬
  • 筋肉の成長に必要なたんぱく質を増やし、筋肉量を飛躍的に向上させます
  • 脂肪燃焼効果に優れており、たるんだお肉を効率よく減らします
  • 日本で承認されている成分ですので、安全性は確保されています
効果・効能
筋肉の成長に必要なたんぱく質の量を高めます
通常の筋力トレーニングよりも効果を実感しやすくなります

有効成分であるメテノロン酢酸エステルは体内で男性ホルモンとしてはたらきかけ、体内に含まれる栄養分からたんぱく質をつくり出します。

体内のたんぱく質量が増えていくので、筋肉が育ちやすくなり、結果として筋肉量の増大が期待できます。

服用を続けることで、筋肉肥大をサポートし、より男性らしい肉体へと変化していくでしょう。

プリモボラン(プリモノロン)について

プリモノロンを製造販売しているLloyd Laboratories Inc.(ロイドラボラトリーズ社)はフィリピンにあるブラカン州に本拠地をもつ製薬企業です。

複数の国に工場を持っており、年間1億ドルの売り上げをもつグローバル医薬品メーカーです。 外国企業ですが、品質は折り紙付きで、アメリカのFDA(食品医薬品局)やWHOからも承認を受けています。

プリモノロンは代表的なアナボリックステロイド薬のひとつで、筋肉量を増やす筋肉増強作用を持っています。

同じ有効成分をもつ処方箋医薬品として“ブリモボラン”がありますが、特定の疾患の人にしか保険が適用されず、自由診療(全額自己負担)となるため費用が高額になりがちです。

プリモノロンであれば、診察の必要もないので病院で処方してもらうよりもハードルは格段に低くなるでしょう。

普段の筋トレなどに追加して使用することで、効率的に筋肉量のアップが期待できます。 また、同じ作用を持つ成分の中でも脂肪燃焼作用に優れているので、身体に溜まった皮下脂肪を燃焼させつつも筋肉を肥大させてくれるでしょう。

同系統のステロイドよりも脂肪燃焼効果に優れており、弱った身体の回復を助けます

プリモノロンは他のアナボリックステロイド薬よりも脂肪燃焼効果に優れているといわれています。 脂肪を燃焼させる作用はアドレナリンβ3受容体を刺激することでおこりますが、プリモノロンはアドレナリンβ3受容体に結合しやすいといわれています。 このことから、ボディビルなどで行われるカッティング(脂肪除去)に使用されるケースが多いです。

脂肪を効率的に燃やしてくれるので、肥大させた筋肉の凹凸が目立ちやすくなっていきます。 ただ単に筋肉を増やしていくよりも筋トレの成果や薬の効果が実感しやすいでしょう。

また、筋肉細胞以外の身体の組織の成長も促してくれますので、筋トレ後の消耗した身体ややけどやケガといった症状の回復を助けてくれる効果も併せ持っています。

他のステロイドと比べて副作用が少なく使いやすいです

アナボリックステロイド薬は酵素の働きによって女性ホルモンへと変換されてしまうことがあります。 ステロイドは長期的に使用を続けることで、副作用の症状がみられるケースがあり、特に高用量を長期間使用すると副作用のリスクが上昇するといわれています。

たんぱく同化作用をもつステロイド剤は女性化や電解質の蓄積などが懸念されていますが、メテノロン酢酸エステルは同系統のステロイドと比べると副作用のリスクが少ないため、他のアナボリックステロイドと比べても使用しやすいといえるでしょう。

プリモボラン(プリモノロン)の服用方法

1回の用量
0.4錠~0.8錠(メテノロン酢酸エステルとして10~20mg)
服用のタイミング
いつでも
1日の服用回数
2~3回
服用する間隔
8時間~12時間

1日あたり0.4錠~0.8錠を2~3回に分けて服用してください。 水またはぬるま湯にて服用してください。 食事の指定はありませんので、食前と食後のどちらでも服用可能です。

錠剤を分割して使用する場合、カッターや包丁などを使用しても分割可能ですが、ピルカッターを使用すると錠剤をどこかへ弾き飛ばしてしまう、手をケガするなどのリスクを抑えられます。 1回だけ使用するよりもある一定期間連日服用を継続したほうが効果を実感しやすいです。

服用時の注意

用法用量を正しく守って使用しましょう。 始めて使用する場合には、副作用のリスクを抑えるために少ない用量から使用を開始してください。 用法用量を守らない。または大量投与をしてしまうと、腎臓や肝臓に負担をかけ思わぬ副作用をおこしてしまうおそれがあります。

小さいお子様の手の届かない場所に保管してください。 賞味期限の切れた商品は使用しないでください。 薬やサプリメントを常用している人は飲み合わせのリスクがあるため、使用する前にかかりつけの医師や薬剤師に確認しておいたほうがよいでしょう。

スポーツなどの大会に出場する場合には、ドーピング検査に反応してしまうおそれがありますので、必ずアンチドーピングに関する有資格者に相談してから使用してください。

プリモボラン(プリモノロン)のよくある質問

処方せんは必要ですか?
いいえ、必要ありません。当サイトで取り扱っている医薬品は、全て海外から個人輸入で、取り寄せるもののため処方せんは必要ありません。
妊娠していても服用できますか?
いいえ、できません。妊娠中に医薬品を使用する場合は母体だけでなく胎児への影響について十分注意が必要です。

プリモボラン(プリモノロン)の副作用

主な副作用
嘔気
発疹
変声
多毛
持続性勃起
月経異常
精子減少など

男性の場合、使用中の人は定期的に前立腺の検査を受けましょう。

また、数時間にわたって勃起し続けるといった症状がみられることがあります。 4時間以上勃起状態が続いている場合には医療機関に受診し、医師の診察を受けてください。 女性の場合、一定期間使用に伴い声変わりが起こるケースがあります。

稀な副作用
過敏症
肝機能障害など

商品が身体に合わなかった場合、全身に発疹がでたり、かゆみが止まらないなどといった症状がみられるケースがあります。

蕁麻疹などの症状がみられましたら、使用を中止し、かかりつけの医師や薬剤師に相談してください。

長期間の使用により肝臓に負担を与えることがありますので、定期的に血液検査などで肝臓の数値をチェックしたほうがよいでしょう。

また、肝機能数値の著しい上昇に伴い、白目や肌が黄色くなる黄疸症状を伴うケースがあります。 白目などが黄色がかってくるなどの症状が見られた場合には服用をやめてすみやかに受診してください。

プリモボラン(プリモノロン)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 前立腺肥大を指摘された人
  • 心臓に病気を抱えている人
  • ガンが骨に転移していると診断された人
  • 糖尿病のある人
  • 腎臓に障害を持つ人
  • 肝臓に障害を持つ人
  • 現在授乳中の人
  • 小さいお子様
  • 65歳以上の高齢者の人
  • 本商品の他にステロイドを使用中の人
  • 血液をサラサラにする効果のある薬を病院からもらっている人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • アンドロゲン依存性悪性腫瘍(前立腺ガン)の人またはその可能性があると指摘を受けた人
  • 妊娠または妊娠している可能性のある人
併用禁忌薬
  • 使用してはいけない薬は特にありません

プリモボラン(プリモノロン)の保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。
・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

プリモボラン(プリモノロン)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー