全商品20%OFF クリスマスセール

ローリナ(低用量ピル)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ローリナ(低用量ピル) 21錠
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1箱 10%
OFF
2,050円 1,840円 カートに入れる
2箱 10%
OFF
3,380円 3,040円 カートに入れる
3箱 10%
OFF
4,730円 4,250円 カートに入れる
ローリナ(低用量ピル)
ローリナ(低用量ピル)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

商品情報

商品名
ローリナ
内容量
1箱あたり21錠
有効成分
デソゲストレル、エチニルエストラジオール
効果・効能
避妊、生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)、月経困難症などの改善
形状・剤形
経口服用タイプの錠剤
対象性別
女性
製薬会社
Aspen Pharma Trading Limited社

ローリナは優れた避妊効果と月経困難症の症状改善効果を持つ3相性の経口避妊薬です。低用量ピルとして世界的に使用されているマーベロンと同じ有効成分が配合されており、優れた避妊及び月経困難症の改善効果を発揮します。ローリナは21錠1セットの避妊薬で21日間指定された服用方法に従うだけで、非常に高い各種効果が期待できます。また身体に優しい特徴を持つ3相性に分類されるピルなので、他のピルを服用した際に副作用が辛かった方にもおすすめです。

ローリナの特徴

避妊だけでなく月経困難症の症状緩和にも使える3相性に分類される経口避妊薬
  • 有効成分の配合量が異なる3種類の錠剤で身体への負担を軽減
  • 低用量ピルの中でも特に副作用を起こしにくい優れた安全性
  • 子宮内膜の増殖抑制作用で辛い月経困難症の症状も改善可能
効果・効能
排卵抑制による避妊及びホルモンバランスの乱れに伴う諸症状の改善
避妊したい方や月経困難症などの悩みを抱えている方におすすめです

女性ホルモン2種が配合されているローリナを服用すると排卵に必要となるホルモンの分泌が抑制されるため、排卵を抑えることができます。

また精子が子宮内に侵入するのを防ぐ作用や受精卵が子宮内膜に着床しにくい状況が作れるため、非常に優れた避妊効果を発揮します。さらに排卵抑制作用は子宮内膜の増殖抑制にも繋げられますので、辛い症状で多くの女性を悩ませる月経困難症や生理不順を抑えることができます。

ローリナは3相性の低用量ピルに分類されるとても身体に優しい特徴を持つ経口避妊薬なので、初めてピルを服用する方でも安心してご使用いただけます。

ローリナについて

身体への負担を抑えながら避妊したい方に是非おすすめしたい経口避妊薬が、今回紹介するローリナです。ローリナはAspen Pharma Trading Limited社が製造販売している低用量ピルで、デソゲストレルとエチニルエストラジオールの2種類の女性ホルモンが配合されています。

一般的なピルは全ての錠剤が同量の有効成分を含有していますが、ローリナは有効成分の配合量が異なる錠剤が3種類セットになった3相性に分類される経口避妊薬です。女性の身体の中では日々女性ホルモンのバランスが変化しており、3相性のローリナはホルモンバランスの変化を自然に近い形へと近づけることができます。

このような特徴を持つため、1相性や2相性の経口避妊薬と比較して身体への負担を大幅に抑えながら服用することができます。

ローリナには7錠1セットの錠剤が3種類入っており、それぞれ1週間ずつ飲み続けて全ての錠剤の服用が終わった段階で7日間の休薬期間を挟みます。毎日欠かすことなく服用を続けることで効果を発揮しますので、飲み忘れや途中での服用休止は絶対に避ける必要があります。

毎日服用を続ける手間はあるものの99%以上の避妊効果を持つため、絶対妊娠は避けたいという方にローリナは高い評価を得ている経口避妊薬です。

3相性の低用量ピルだから副作用や身体への影響が怖い方でも安心

低用量ピルは配合されている女性ホルモンの量がどれも同じの1相性、配合量が2種類に分けられる2相性と3種類に分けられる3相性の3種類が存在します。今回紹介しているローリナはこの中でも3相性に分類されている低用量ピルの一種です。

服用すると体内のホルモンバランスに影響を与える低用量ピルは高い避妊効果が期待できる反面、副作用など意図しない身体への影響もあるので服用する際には注意が必要です。特に1相性の低用量ピルは配合されているホルモンの量が一定なので、身体に与える影響も大きくなりがちです。

しかし配合量が全て異なる3相性のローリナは、ホルモンバランスの変化に大きな影響を与えにくい特徴を持っています。世界的に使用者の多い低用量ピルのマーベロンは1相性に分類されるため、マーベロンを使用した際に身体の負担が気になった方でもローリナであれば問題なくご使用いただけます。

副作用に関しても同じ低用量ピルの中で少ない特徴を持っているため、今まで低用量ピルを試したことが無い方にもおすすめです。

ホルモンバランスの乱れが関連する女性特有の病気にも改善効果を発揮

女性のホルモンバランスの乱れは男性のホルモンバランスの乱れと比較して、身体に与える影響が非常に大きいのが特徴です。女性がホルモンバランスを乱してしまうと生理痛や生理不順、月経困難症に加えて不妊など多くの病気へと繋がってしまいます。精神的にも不安定になりやすいため、早めに治療しなければいけません。

ローリナは経口避妊薬に分類されているお薬ですが、乱れてしまったホルモンバランスを正常に整えてくれる効果も併せて持っています。有効成分として配合されているデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、体内に吸収されると黄体ホルモンや卵胞ホルモンと同じ働きをしてくれます。

ローリナを継続して服用するだけで自然とホルモンバランスを整えることができますので、生理不順やホルモンバランスの乱れを原因とする肌荒れなどの改善効果が期待できます。

また排卵が抑制されるため、避妊できるだけでなく子宮内膜の増殖も抑えられるので月経困難症なども症状改善効果が期待できます。

ローリナの服用方法

1回の用量
1錠
服用のタイミング
毎日同じ時間
1日の服用回数
1回
服用する期間
21日

1日1回1錠を水又はぬるま湯を用いて服用してください。シートで決められた順番に必ず従い、錠剤の色毎に7日間続けて服用してください。合計21日間の服用が終わったら次は7日間の休薬期間を設けてください。ホルモンバランスを整える必要があるため、服用する時間は毎日同じ時間で統一してください。

服用時の注意

必ず用法用量を守って服用してください。ローリナは有効成分の配合量が異なる3種類がセットで入っており、それぞれ指定された順番を守って服用しなければ効果を発揮することができません。

また飲み忘れをしてしまった場合は12時間以内であれば思い出したタイミングで服用してください。次回分でまとめて2錠服用する等の服用は絶対に止めてください。12時間を超えてしまうと避妊効果が低下してしまう恐れがあります。何度も飲み忘れが続くと避妊効果が一切無くなる可能性があるため、ローリナを服用する際は服用習慣を身に付けるようにしてください。

持病などをお持ちの方は服用できない場合がありますので、初めて服用する方は必ず注意事項をしっかりチェックしてください。

ローリナの副作用

主な副作用
乳房の痛み
しこり
性器分泌
吐き気
頭痛
不正出血
下痢な

ローリナを服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まりますが、辛い場合は病院の受診を検討してください。

稀な副作用
血栓症など

非常に稀なケースでありますが、ローリナを服用した際に血栓症を発症する恐れがあります。激しい頭痛や下肢の痛み、嘔吐やめまいなどの症状が現れた場合は血栓症の疑いがあるため、必ず病院を受診してください。

ローリナの注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 初めてローリナを服用する方など
  • 40歳以上の女性
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にローリナに含まれている成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • エストロゲン依存性悪性腫瘍又は子宮頸癌の方及びその疑いのある方
  • 重度の肝機能障害の方
  • 脂質代謝異常の方
  • 血栓性静脈炎の方
  • 肺塞栓症の方
  • 耳硬化症の方
  • 骨成長が終了していない方
  • 脳血管障害の方
  • 冠動脈疾患の方
  • 原因不明の異常性器出血の方
  • 重度の高血圧の方
  • 35歳以上で1日に15本以上喫煙される方
  • 妊娠中の方又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方など
併用禁忌薬
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • オムビタスビル水和物
  • パリタプレビル水和物
  • リトナビル配合剤など

ローリナの保管方法

・直射日光や高温多湿をさけて室温で保管してください。
冷蔵庫に保管する必要はなく、直射日光や高温多湿は避けて室温で保存します。
・子供の手の届かない所に保管してください。
誤って服用する可能性は避けましょう。

参考サイト

このページの詳細は、下記サイトを参考にさせて頂いております。

薬ストアでは正確な情報提供を努めておりますが、情報の正確性および完全性を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

【医薬品情報サイト】
おくすり110番
病院で処方される医薬品の効果や有効成分、服用方法、併用禁忌薬など詳しい情報が検索できるサイトです。各医薬品の添付文書が見られるほか、病気別の薬の検索や禁忌薬に特化したページ、薬価の検索、薬用植物図鑑など幅広い情報が載っています。
KEGG
日本医薬情報センター(JAPIC)から提供された医薬品の添付文書や、国内では販売されていないアメリカの医薬品の添付文書も確認できるサイトです。 薬の一般名や有効成分、会社名、JAPIC IDなど複数の項目から検索可能です。
【行政機関サイト】
厚生労働省
生活の保障や経済発展のため、国民の健康や子育て、社会福祉、介護、雇用・労働、年金に関する政策を所管している国の行政機関のサイトです。医療保険制度の制定も担い、海外医薬品の輸入に関する規則や検査も行っています。

医薬品等の通販・個人輸入について

医薬品等の個人輸入については、日本の薬機法(旧薬事法)により規制があります。

個人レベルでの購入と定められており誰かの代わりに通販購入する、購入後に第三者への譲渡などの行為は禁じられています。

ご注文者ご本人が、個人で使用する分を購入可能数量の範囲内でご注文ください。

医薬品等の個人輸入について詳しくはこちら
厚生労働省-医薬品等の個人輸入について

ローリナ(低用量ピル)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー