プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド) 1mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 9%
OFF
4,500円 4,100円 カートに入れる
200錠 18%
OFF
9,000円 7,400円 カートに入れる
300錠 19%
OFF
13,500円 11,000円 カートに入れる
プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)
プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)について

薄毛の進行を抑え発毛を促進するAGA治療薬。プロペシアのジェネリックです。
  • 有効成分「フィナステリド」がAGAの原因物質を抑制します。
  • 抜け毛を抑えるだけではなく、発毛にも高い効果が期待できます。
  • プロペシアと同じ有効成分でありコスパに優れています。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の有効成分

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の適応症

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)は飲むタイプのAGA(男性型脱毛症または壮年性脱毛症)治療薬です。世界的に有名な「プロペシア」のジェネリックで、インドのイーストウエストファーマ社(East West Pharma)が製造しています。有効成分は「フィナステリド」で、プロペシアと同じです。臨床試験においてAGAに対して高い効果が認められている成分です。AGAの原因となる物質を抑制することで抜け毛を防止し、ヘアサイクルを整えながら発毛や育毛を促します。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の特徴

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)は男性の薄毛、抜け毛の悩みを改善する経口型のAGA治療薬です。

通常、発毛、育毛のサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間に分かれています。この中で「成長期」が最も長く、3年から6年続きます。成長期は発毛してからしっかり育毛する時期で、髪にとって一番重要な期間です。

しかし、ヘアサイクルが乱れ、この成長期の期間が短くなると髪が成長せず、ハリやコシのない弱い髪になり、最終的には成長しないまま抜けてしまいます。薄毛、抜け毛を防ぐためにはヘアサイクルを整え、成長期を正常化する必要があります。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の有効成分フィナステリドは、薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の合成を抑制する働きがあります。DHTの量が増えると、髪の元となる毛母細胞の働きが低下し、発毛が不十分に。ヘアサイクルも乱れ、育毛にも悪影響を及ぼします。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)を服用すればDHTの増加が抑えられ、ヘアサイクルも徐々に正常化します。薄毛、脱毛を改善し、健康的な髪の発毛、育毛をサポートします。

臨床試験で高い効果が認められた有効成分「フィナステリド」

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の有効成分「フィナステリド」は元々は前立腺肥大症の薬として開発された成分でしたが、AGAに対しても臨床試験で高い効果が認められています。AGAで悩む20歳以上50歳以下の男性を対象に3年に渡って行われた臨床試験で、98%の人に薄毛が改善されたと報告されています。

また、服用開始後1年で効果が顕著に出始め、3年間継続して服用した人ほど、毛髪量が改善されたという結果も出ています。AGAの治療は根気良く継続することが大切であるといわれますが、プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)を服用する場合も、長く続けることでAGAの進行が抑えられ、加えて発毛にも高い効果があるということがこの結果から伺えます。

「フィナステリド」は、米国食品医薬局(FDA)によりAGAの治療薬として認められている成分で、世界60ヵ国以上で承認されています。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)は薄毛、抜け毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増加を抑えます。DHTは男性ホルモン「テストステロン」がある酵素と結びついて生成されるのですが、プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)を服用するとこのDHTが生成されにくくなります。その結果、髪の元となる毛母細胞がしっかりと働くようになり、ハリやツヤのある健康的な髪の発毛へと繋がります。

ヘアサイクルを整え薄毛の進行を予防。発毛にも効果が期待できます。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)は薄毛の進行を抑え、抜け毛を予防しながら発毛を促進します。毛根には将来髪となる「毛母細胞」という細胞があり、この細胞が活発に活動することで健康的な髪が育ちます。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の有効成分フィナステリドは毛母細胞の活動の邪魔をする物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成されないよう作用します。DHTが生成されなくなると毛母細胞がしっかり働き、発毛が活性化。ヘアサイクルも整ってくるので髪の成長期が維持され、太くて健康的な強い髪が育ちます。

個人差はありますが、服用後3ヶ月から6ヶ月程で薄毛の進行が抑えられているような効果を感じ、発毛に関しても1年ほどで改善が見られます。ただ「初期脱毛」といって、服用開始後抜け毛の量が一時的に増えることがあります。これはヘアサイクルがリセットされる際に起きる現象と言われており、どの治療薬を使用した場合でもAGA治療を始めたときによく見られます。一般的には2週間から3週間程で収まりますので、焦らず慌てず、根気良く治療を続けましょう。

AGAは継続した治療が必要となるため、その治療にかかる経済的負担も積り積もればとても大きなものになります。先発薬があることで研究開発費用が抑えられ、先発薬と同じ有効成分、同じ効果がありながら、安い価格で購入できるのがジェネリックです。プロペシアのジェネリックであるプロペシア・ジェネリック(フィナバルド)は懐への負担を軽減し、長期にわたるAGA治療をアシストします。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の効果

効果・効能
AGA(男性型脱毛症または壮年性脱毛症)の進行を抑制し、発毛を促進

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)は男性型脱毛症を改善する経口型の治療薬です。有効成分フィナステリドが薄毛、抜け毛の原因物質「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑え、ヘアサイクルを整えながら健康的な発毛、育毛を促します。

「ジヒドロテストステロン(DHT)」は脱毛の指示を出す物質「TGF-β」を生成するのを助けます。AGAはこの「TGF-β」が脱毛の指示を出すことで起きるので、これを極力減少させるためにも、DHTを抑えることはとても大切です。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)はDHTを減少させ、毛母細胞が活発化するのを助け、ヘアサイクルを正常化しながらハリとツヤのある健康的な髪の発毛、育毛を促進します。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の服用方法

1回の用量
1錠(フィナステリドとして1mg)
服用のタイミング
毎日決まった時間の服用を推奨
1日の服用回数
1回

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)は水またはぬるま湯で1日1回1錠を上限に服用してください。服用に特に決まったタイミングはありませんが、毎日決まった時間に服用することをおすすめします。そうすることで有効成分フィナステリドが体内で一定に保たれ、薬の作用の継続が期待できます。フィナステリドの1日の用量は上限1mg ですので、用量は必ず守ってください。

服用時の注意

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)をはじめ、AGAの治療薬は、服用することですぐに効果が現れるものではありません。髪の成長には時間がかかりますので、少なくとも6ヶ月程度は諦めずに継続することが大切です。

服用を始めてしばらくすると、脱毛が起こる可能性があります。これはヘアサイクルを整えるために一時的に起きる現象で、2週間から3週間ほど経過するとおさまります。不安な気持ちになるかもしれませんが、ヘアサイクルが変わりつつあるために起こる現象ですので、根気良く継続してください。

有効成分フィナステリドの1日の最大摂取量は1mgです。これ以上増やしてしまうと強い副作用の症状が現れる危険性がありますので、用量は必ず守ってください。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の有効成分について

有効成分「フィナステリド」がAGAの原因物質DHTを抑制します。

男性ホルモン「テストステロン」が5-α還元酵素(5-αリダクターゼ)と結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質が作られます。このDHTは脱毛の指示を出す「TGF-β」の元となります。

有効成分フィナステリドは5-αリダクターゼの働きを抑制する「5-α還元酵素阻害薬」に分類されており、DHTが生成されるのを妨げ、TGF-βを減少させます。5-αリダクターゼにはI型とII型があり、I型は側頭部や後頭部、II型は前頭部や頭頂部に多くあります。フィナステリドは特にII型に作用します。

また、DHTは毛母細胞へ栄養を送る毛乳頭部に取り込まれ、毛母細胞の活動を低下させます。フィナステリドはDHTの生成を減少させ毛母細胞を活発化します。このように、フィナステリドはAGAの進行を阻止しながら、元気な髪の発毛を促します。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の副作用

主な副作用
頭痛
腰痛
鼻詰まり
蕁麻疹
性欲減退
勃起障害など

いずれも一時的な症状で時間の経過とともにおさまりますが、長引いたり普段とは異なる症状が現れた場合は使用を中止し、医師にご相談ください。

稀な副作用
肝機能障害など

ごく稀に黄疸が出たり、強い倦怠感を感じる場合があります。これらの症状が出た場合は直ちに薬の服用をやめ、医師の診断を受けてください。

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 肝機能障害のある人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にフィナステリドに対してアレルギー反応が出た人
  • 妊婦または妊娠している可能性のある女性
  • 授乳中の女性
  • 20歳未満の人
併用禁忌薬
  • 特になし

プロペシア・ジェネリック(フィナバルド)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー