ノディクト

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ノディクト 50mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 9%
OFF
6,500円 5,900円 カートに入れる
60錠 18%
OFF
13,000円 10,700円 カートに入れる
90錠 21%
OFF
19,500円 15,500円 カートに入れる
150錠 25%
OFF
32,500円 24,500円 カートに入れる
ノディクト
ノディクト
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ノディクトについて

アルコール依存症薬「レビア」のジェネリックで、飲酒の欲求を無理なく抑制
  • 我慢せずに飲酒の量と頻度を減らし、アルコール依存症を改善
  • 1日1錠の服用だけでOK
  • レビアと同じ効果・成分でありながら安く購入できる

ノディクトの有効成分

ノディクトの適応症

ノディクトは、アルコール依存症の治療薬「レビア」のジェネリック医薬品です。お酒を飲むことによって得られる高揚感や多幸感を抑えることで、無理なく断酒することを補助します。服用することでお酒を飲みたい欲求が薄れていくため、飲酒への欲求が抑えられず、ついつい飲みすぎてしまう方も、ストレスなく自然に飲酒の量や頻度を減らせます。1日1回の服用で効果を得られるため、お忙しい方や、飲み忘れが心配な方にも最適です。

ノディクトの特徴

やめようと思っても、自分の意志でやめることが難しいのが、お酒です。 適度な飲酒はストレス発散などにも効果的ですが、一般的に適量といわれる量を超えて飲んでしまう方は、注意が必要です。

一時的には我慢できたとしても、我慢した反動でお酒の量が増えてしまい、その自己嫌悪からさらに飲んでしまう、という悪循環に陥ってしまう方も少なくありません。 また、アルコール依存症は、本人が自覚しにくいことや、認めたがらないことが多いことなども危険とされています。

「もしかしたら飲みすぎかもしれない」と思ったら、要注意です。 さらにアルコール依存症は、重症になればなるほど、治療が難しくなってしまいます。 そのため、少しでも気になったら、早めに対策することが大切です。

「お酒をやめたくてもやめられない」「せめてもう少し量を減らしたい」そんな方におすすめなのが、断酒補助薬のノディクトです。 ノディクトはお酒を飲んだときに得られる高揚感などを失わせるため、次第に飲みたいという欲求が減っていきます。 意志の力で無理やりお酒をやめるわけではないため、やめたストレスで飲みすぎてしまうこともありません。 お酒をやめたい気持ちはあるのに、なかなかやめられないという方は、ぜひ試してみてください。

無理に我慢するのではなく、自然にお酒をやめられる

「お酒をやめられないのは、意志が弱いからだ」と思われる方も多いかもしれませんが、アルコール依存症になってしまうと、意志の力だけでやめることは困難です。 タバコなどと同様、依存状態となってしまっているため、お酒を飲みたいという強い欲求をコントロールできなくなってきてしまいます。

アルコール依存症が悪化してしまうと、お酒のことしか考えられず、ほかの娯楽などへの興味は失われ、ご家族も顧みなくなってしまうこともあります。 何日かは我慢できたとしても、少し経つと、我慢したストレスでさらに飲みすぎてしまう、いわゆる「リバウンド」が起こってしまうことも少なくありません。 お酒をやめられない理由のひとつに、お酒を飲んだときに得られる多幸感や高揚感があります。

また、ストレスの多い現代社会において、「飲まなきゃやってられない」ということも多く、お酒を飲むことで、一時的にストレスから逃れられるということもあるでしょう。 ですが、そのためにアルコール依存症になってしまっては、本末転倒です。

ノディクトを服用すれば、お酒を飲んだときに得られる幸福感などを減少させることができます。 飲酒後特有の高揚感が得られなくなるため、自然にお酒に対する欲求が少なくなり、リバウンドすることなく、自然にお酒をやめられるのです。

1日1回の服用で手間をかけず、費用を抑えて治療が可能

個人差はあるものの、ノディクトは、服用してから1時間ほどで効果があらわれ、丸一日効果が続きます。 1日1回の服用のみのため手間もなく、飲み忘れのリスクも減らせます。 服用を続けるうちに飲酒の欲求が減ってくるため、ストレスなくお酒の量や、頻度を減らすことができ、アルコール依存症の改善につながります。 できるだけ早くアルコール依存症や飲みすぎを改善したい方におすすめです。

また、ノディクトはレビアのジェネリック医薬品のため、安く購入できます。 ジェネリック大国であるインドの「サンファーマ」で製造されています。 もちろん通院費などもかからないため、病院でアルコール依存症を治療するよりも、費用を抑えて治療することが可能です。 治療費用をできるだけ抑えたい方にもおすすめです。

さらに、通院の手間もないため、気軽に治療をすることができます。 アルコール依存症は自覚するのが難しく、心配になってきたころには、症状がかなり進行してしまっているということが多い病気です。 また、病院に行くのは気が進まない方も多いかもしれません。 通販を利用すれば、通院よりもはるかに簡単に治療をスタートでき、症状の軽いうちに改善できれば、服用する期間も短く済みます。

通販ならご自宅に届くため、お忙しい方も、通院のための時間を割く必要がありません。 病院へ行くのには抵抗がある方や、普段お忙しい方にもおすすめです。

ノディクトの効果

効果・効能
アルコール依存症治療
慢性アルコール中毒症治療

ノディクトは、有効成分ナルトレキソン塩酸塩のはたらきにより、アルコールを摂取した際に得られる高揚感などをブロックします。 そのため、自分でもどうにもならない飲酒への強烈な欲求も自然に薄れていき、我慢することなく断酒することを補助してくれる効果があるお薬です。

お酒を我慢することがストレスになってしまう方も、無理なく飲酒量や飲酒の頻度を減らせます。 日本では未承認のお薬ですが、海外の臨床試験では、ナルトレキソン塩酸塩とプラセボを投与した試験で、プラセボを投与した患者よりも効果があったという結果があります。

また、断酒補助薬にはいくつか種類がありますが、ほかの断酒補助薬での断酒に失敗した方にも適しているとされています。 そのため、ほかの医薬品で断酒ができなかった方にもおすすめです。

ノディクトの服用方法

1回の用量
1錠(ナルトレキソン塩酸塩として50mg)
服用のタイミング
指定なし
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間

1日1回、50mg(1錠)を、水やぬるま湯で服用します。食事の影響は受けないため、服用のタイミングは、食前でも食後でも構いません。 ただし、毎日決まった時間に服用することで正しく効果を発揮し、薬の効果が持続しやすいため、できるだけ同じ時間に服用するように心がけましょう。

服用時の注意

毎日同じ時間に服用することが推奨されているため、飲み忘れてしまった場合は、気づいた時点で1回分を服用してください。 次に服用する時間が近い場合は、その分は飛ばしましょう。 副作用などが強くでてしまう可能性があるため、2回分をまとめて服用することはお控えください。

また、傾眠などの副作用があらわれることがあるため、服用中は、車の運転や危険を伴う作業・危険な場所での作業などは控えてください。 1錠をピルカッターなどで割って服用する場合は、残った分はピルケースなどに保存し、早めに飲みましょう。 用量以上に服用しても効果が早くあらわれるわけではなく、思わぬ副作用などがあらわれる危険があります。用法用量は必ず守って服用しましょう。

ノディクトの有効成分について

お酒を飲むことで得られる多幸感を低減させ、断酒を補助

ノディクトの有効成分であるナルトレキソン塩酸塩は、「オピオイド受容体拮抗薬」にあたります。 アルコール依存症には、オピオイドという脳内物質が関係しています。 オピオイドとは、脳に快感や幸福感をもたらす神経物質です。

お酒を飲むと、オピオイドが受容体と結合し、高揚感などをもたらします。 アルコール依存症になると、報酬系の回路に異常が起こり、お酒に対する強力な欲求があらわれるため、飲酒がやめられなくなってしまいます。 ナルトレキソン塩酸塩には、オピオイドが受容体と結合するのを防ぐ作用があります。 その結果、飲酒による気分の高揚や多幸感を抑えられ、無理なく断酒することにつながります。

ノディクトの副作用

主な副作用
睡眠障害
腹痛
けいれん
関節痛
頭痛
吐き気
不安など

ほとんどが一時的なものですが、副作用が強い場合は、服用量を減らして調整してください。

稀な副作用
食欲不振
下痢
便秘
喉の渇き
うつ病
めまい
皮膚の発疹
勃起不全など

頻度は10%未満とされていますが、症状があらわれた場合は服用を中止し、症状がおさまらない場合は、医師にご相談ください。

ノディクトの注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 肝機能障害、腎機能障害の人
  • 妊娠中・妊娠の可能性のある人
  • 授乳中の人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 肝機能障害、腎機能障害の人
  • オピオイド含有薬物や中枢性降圧薬を使用している人
併用禁忌薬
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • オピオイド鎮痛薬
  • 枢神経降圧薬

ノディクトの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー