最大6,000円OFF BLACK FRIDAY SALE

ディオバン・ジェネリック(バルザール)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ディオバン・ジェネリック(バルザール) 40mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
3,500円 3,150円
200錠 15%
OFF
7,000円 5,980円
300錠 19%
OFF
10,500円 8,500円
ディオバン・ジェネリック(バルザール) 80mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
100錠 10%
OFF
5,000円 4,500円
200錠 15%
OFF
10,000円 8,550円
300錠 19%
OFF
15,000円 12,150円
ディオバン・ジェネリック(バルザール)
ディオバン・ジェネリック(バルザール)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ディオバン・ジェネリック(バルザール)について

ディオバン錠と同じ副作用の出にくい血圧降下剤が、お求めやすい価格で服用できます
  • 日本国内でも処方される高血圧治療薬ディオバンと同じ成分です
  • 1日1錠だけの服用でOK。毎日お手軽に飲み続けられます
  • 心臓や腎臓を保護する効果もあり、副作用も現れにくくなっています

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の有効成分

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の適応症

高血圧症は自覚症状が少なく、そのままほおっておくと血管が傷ついたり固くなったりして動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化になると、心筋梗塞や脳卒中など、死につながる重篤な病気になる確率がぐっと高まります。
また心臓や腎臓にも負担をかけ、生活の質を落とすことになりかねません。
このようなことから、高血圧は見過ごすことのできない体の状態です。しかし積み重なった生活習慣や遺伝や体質の要素もあるため、なかなか症状が改善しないことも多く、お薬に頼る必要もでてきます。
その一つとして、ディオバン・ジェネリック(バルザール)は効果的な治療薬となっています。

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の特徴

ディオバン・ジェネリック(バルザール)は、国内でも処方されている高血圧治療薬ディオバンのジェネリック医薬品となります。そのため、ディオバンと同じ効果効能ながら、安価で購入することができます。

有効成分であるバルサルタンは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(angiotensin II receptor blocker, ARB)として、血圧降下の作用が認められています。

アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、従来から高血圧の治療に使われているACE阻害薬に近い作用を示しますが、ACE阻害薬に多かった咳の副作用がほとんど見られないという特徴があります。

また、高血圧は生活習慣などが密接に関わる本態性高血圧と、腎臓疾患やホルモン異常などからくる二次性高血圧に分類されますが、バルサルタンはそのどちらの分類の高血圧に対しても効果を示します。

このように、副作用が少ないこと、1日1回の服用で良いこと、ジェネリック医薬品で安価なことなど、長期の服用が続けやすいお薬となっています。

継続して服用し、高血圧の症状を抑えることは、心臓や腎臓の負担も軽減することにもつながります。そのためディオバン・ジェネリック(バルザール)は、心臓疾患や腎臓病、狭心症をお持ちの方にも有効な薬剤とされています。

高血圧でお悩みの方、これまで他の高血圧治療薬で効果が得られなかった方、また他の治療薬が継続できなかった方などに、ディオバン・ジェネリック(バルザール)はおすすめの薬品となっています。

1日1回の服用でOK。毎日お手軽に飲み続けられます

高血圧の治療は、いつまで続くのでしょうか?食事の塩分を減らし、適度な運動をする続け、生活習慣を変えることで、高血圧を改善することはできます。それができれば、薬がいらなくなったり、薬の量を減らすこともできます。ですから、高血圧になったからと言って、一生、血圧の薬を服用しなくてはいけないわけではありません。

しかしながら、多くの高血圧で悩まれる方は、生活習慣の改善でつまずいてしまいます。高血圧症は自覚症状があまり出ないため、ついつい気が緩んで食事や運動の改善がおそろかになってしまうのです。結局、治療薬を服用しないと、血圧を安定させられないという現状がでてきます。

薬を毎日、毎食後服用することは、それ自体がストレスです。仕事や出かけ先などでは忘れてしまうこともあるでしょう。

その点、ディオバン・ジェネリック(バルザール)は、24時間効果が続くので、1日1回の服用でOKです。朝または夜に、時間を決めて服用するだけで大丈夫です。朝服用する場合が多いようですが、就寝前の服用は心疾患のリスクを低下させる結果も出ています。医師に相談して、ご自分の生活スタイルに合わせた服用を選べば良いでしょう。

もしも飲み忘れた場合でも、気づいたときにすぐ服用すれば大丈夫です。ただし、次の服用のほうが近いときは、その日の服用はやめて、翌日分を待ちましょう。

このようにディオバン・ジェネリック(バルザール)は1日1回で、服用が簡単という特徴があります。

日本国内でも処方される高血圧治療薬ディオバンと同じ成分

ジェネリック医薬品をご存じでしょうか?テレビCMで流れたり、薬局のパンフレットなどで、その名前に聞き覚えがある方もいるでしょう。開発した企業の医薬品の独占製造、独占販売の期間が終わり、他の企業が同じ有効成分で製造販売したものが、ジェネリック医薬品になります。

開発費や開発期間が少ないために、ほとんどの場合、開発した企業の商品より安い価格で販売されます。 新しい薬の開発には、長い歳月と巨額の費用がかかります。開発した製薬会社がその投資を回収できるよう、特許の出願により一定の期間、その薬を独占的に製造・販売する権利が与えられます。

しかし、特許の期間が過ぎると、製薬会社も同じ有効成分を使った薬を製造・販売できるようになるのです。有効成分は同じであるため、品質、効き目、安全性にこれといった違いはありません。

また後発薬も、ちゃんと厳しい試験に合格し、厚生労働大臣の承認を受け、国の基準、法律に基づいて製造・販売をしています。

ディオバン・ジェネリック(バルザール)は、ノバルティスファーマ社が製造開発したディオバンのジェネリック医薬品になります。日本国内でも多く処方されている高血圧の治療薬です。

ディオバンとディオバン・ジェネリック(バルザール)の有効成分、効能効果、服用方法、特徴などに、まったく違いはありません。あえて違いがあるとすれば、ディオバン・ジェネリック(バルザール)のほうが安価で購入できるという点でしょうか。

全てが同じなら、安く購入するにこしたことはありません。経済面からも、ディオバン・ジェネリック(バルザール)はおすすめできる高血圧治療薬といえます。

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の効果

効果・効能
高血圧症治療薬
心臓病や腎臓病に使われる場合もあります

ディオバン・ジェネリック(バルザール)は高血圧症の治療薬で、血圧降下作用があります。 人の体内にはアンジテオシンⅡという生活活性物質があり、それが手足など全身の血管を収縮させることで、心臓の血流を増やし、血圧を上昇させます。

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の有効成分であるバルサルタンが、そのアンジオテンシンⅡの活性を阻害することで、全身の血管が広がり、水分や電解質が調整され、血圧の上昇を抑えてくれます。

おもに高血圧症の治療に使用されますが、心臓病や腎臓病にも有効と考えられています。高血圧を改善すると、心臓への負担が軽減されるため、動脈硬化や狭心症の緩和・予防にもつながると考えられています。

この他にも、血圧を適切にたもつことは、将来起こるかもしれない脳血管、心疾患の病気を防ぐことにつながります。

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の服用方法

1回の用量
1錠(バルサルタンとして40〜80mg)
服用のタイミング
毎日同じ時間帯に1回
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間

バルサルタンとして40~80mgを1日1回経口投与します。40mg錠なら1~2錠、80mg錠なら0.5~1錠、160mg錠なら0.25~0.5錠となります。

年齢、症状に応じて適宜増減され、1日160mgまで増量できます。40mg錠なら4錠、80mg錠なら2錠、160mgなら1錠となります。

服用時の注意

飲み忘れに気がついた場合、次の服用までまだ時間があるときはすぐに服用してください。次の服用時間まで時間がないときは、服用をしてはいけません。また、2回分を一度に服用してはいけません。

薬の作用により、急激な血圧の低下で、失神や意識消失などが現れる可能性があります。その場合は医師に連絡してください。透析中の人、利尿降圧剤を使っている人、厳重な減塩療法中の人は、特に注意をお願いします。吐き気、嘔吐、体がだるいなどの症状があらわれた場合には、すみやかに医師に相談してください。

また医師の治療を受けている方や、手術を受ける予定のある方は、この薬を飲んでいることを医師に伝えて、指示に従ってください。

授乳中の人は、服用中の授乳を控えてください。本剤の含有成分を服用し、アレルギー症状が出たことのある方は使用をお控えください。本剤の服用中は、車の運転、また危険を伴う機械の操作はしないでください。

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の有効成分について

有効成分は、血圧降下作用のあるバルサルタン

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の有効成分バルサルタンは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(angiotensin II receptor blocker, ARB)の一つで、主に高血圧症の治療薬として使用されています。

人の体内には、心臓の収縮力を高め、細動脈を収縮させることで血圧を上昇させるアンジオテンシンIIという生理活性化物質があります。

バルサルタンは、そのアンジオテンシンIIの受容体の結合を阻害することで拮抗し、血圧の降下をさせる作用があります。

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の副作用

主な副作用
体のだるさ
めまい
頭痛

主な副作用として、上記の症状が報告されています。血圧降下によるものでしだいに慣れてきますが、症状がひどい場合は、医師または薬剤師に相談してください。また上記以外でも気になる症状がでた場合、医師または薬剤師に相談してください。

稀な副作用
血管浮腫
肝炎
腎不全
高カリウム症など

稀に起こる重篤な副作用として報告されています。上記以外でも、服用後著しい体調の変化を感じたら、すみやかに医師または薬剤師に相談してください。

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 両側性腎動脈狭窄のある人
  • 片腎で腎動脈狭窄のある人
  • 重篤な腎障害のある人
  • 肝障害のある人
  • 脳血管障害のある人
  • 高齢者
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 妊娠中、または妊娠のおそれのある人
  • 本剤の有効成分を服用し、アレルギーが出たことのある人
  • 糖尿病の持病があり、病院を受診している人
併用禁忌薬
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • アリスキレン
  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬
  • カリウム保持性利尿剤
  • カリウム補給製剤
  • ドロスピレノン
  • エチニルエストラジオール

ディオバン・ジェネリック(バルザール)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー