セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン) 2.25mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
1000錠 10%
OFF
13,000円 11,700円
セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)
セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)について

2つの有効成分が鼻炎やアトピーに強力にはたらきかけます
  • 他のアレルギー治療薬で効果が不十分だったケースでとても有効です
  • 複数の成分が症状を強力に抑制します
  • ジェネリック医薬品なので、コストパフォーマンスに優れています

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の有効成分

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の適応症

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)は、Jean Marie社が製造販売するセレスタミンのジェネリック医薬品です。
セレスタミンは国内でも承認を受けているほど安全性の高いお薬でして、他の抗アレルギー治療薬では効かない重いアレルギー症状に対して強力に効果を発揮してくれます。

ジェネリック医薬品ですので、病院で処方してもらうセレスタミンよりも安く手頃に入手できるので、つらい花粉症の時期など、数か月にわたり使用が見込まれる人にはおすすめの商品です。

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の特徴

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)は、第一世代抗ヒスタミン治療薬とステロイドの 2つの有効成分が含まれた配合剤です。第一世代抗ヒスタミン治療薬は脳の中枢に働きかけ、アレルギー症状を抑え込んでくれます。

さらに、セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)には強力な抗炎症作用を持つステロイド“ベタメタゾン”が配合されていますので、異なる作用をもつ2つの成分がアレルギー症状をより強力に抑制し、市販のアレルギー治療薬では対応しきれなかった花粉症や蕁麻疹などに対して有効です。

国内でも、アレルギー症状として代表的な花粉症では、まず初めに抗ヒスタミン作用を持つアレルギー治療薬が使用されますが、症状がひどい場合にはセレスタミンの使用へ切り替えるケースがあります。 他のアレルギー治療薬と比べても効果が強いので、全身に症状が及ぶ蕁麻疹に対しても有効であるとされ、処方されるケースは少なくありません。

国内で市販されている花粉症の薬よりも高い効果を発揮します

国内で市販されている花粉症治療薬は多数存在しますが、処方箋が必要な医薬品に比べると治療効果はマイルドなものが多いです。

そのため、市販薬では症状があまり改善せずに困っている人もいるでしょう。 効き目の良い花粉症治療薬を入手するためには病院に受診し、医師の診断を受けて処方してもらうのが一般的ですが、時間や手間、お金を消費しがちです。

花粉症は大きく年に2回、およそ数か月にわたり長期的に服用するケースが多いので、治療にかかる費用はかなりの出費となってしまいます。

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)であれば、病院の受診や医師の診断は不要で購入できるうえ、セレスタミンのジェネリックとなりますのでコストパフォーマンスにも優れています。

重いアレルギー症状に対しても効果を発揮します

花粉やハウスダスト以外にもアレルギーを引き起こす原因物質は日常に数多く存在します。 食べ物のアレルギーや金属アレルギーなどは聞いたことがあるでしょう。

もしもアレルギー反応が重症の場合ですと、全身に発疹やかゆみ症状が起こる蕁麻疹や過敏症といった重篤な症状があらわれるケースもあります。 セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)はこれらの重いアレルギー症状に対しても有効であるとされています。

また、お薬の服用によって引き起こされる薬疹に対しても高い治療効果を発揮するとして、実際に処方されるケースも多々あります。

医師も処方するほど、よい治療効果をもつ医薬品ですので、つらい症状を強力に静めてくれるでしょう。重い症状に悩まされていた人は症状が改善されることで、快適な日常生活を送れるようになるかもしれません。

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の効果

効果・効能
花粉症
重いアレルギー症状の改善

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)は配合されている二つの有効成分d-クロルフェニラミンマレイン酸塩とベタメタゾンが強力にアレルギー症状を抑え込み、症状改善をサポートします。 異なる作用を持つ成分ですが、それぞれが相乗効果を発揮し、単体での使用よりも高い改善効果が期待できるでしょう。

今まで市販のアレルギー治療薬を使用しても効果が不十分だったケースなどに対しては、特に有効です。 花粉症をはじめ、蕁麻疹、過敏症、発疹、目の充血といったアレルギー物質が原因によるあらゆる症状を強力に抑え込んでくれます。

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の服用方法

1回の用量
1~2錠(d-クロルフェニラミンとして2~4mg、ベタメタゾンとして0.25~0.5㎎)
服用のタイミング
食後など
1日の服用回数
1~4回
服用する間隔
5時間~24時間

1回あたり1~2錠を水またはぬるま湯にて服用してください。 始めて使用される場合には、副作用のリスクを避けるためにも1回1錠から服用をスタートしましょう。 胃を荒らす可能性があるため、食後の服用が望ましいです。

服用時の注意

空腹時の服用は胃に負担をかけてしまう可能性があるので、避けた方が良いでしょう。 服用後に眠くなることがありますので、車の運転は避けてください。

漫然と服用し続けるのではなく、症状がみられる期間などに限定し、使用は必要最低限にとどめてください。 アルコールが体内に含まれる状態では薬の効き目が変わってしまうおそれがあるため、一緒には使用しないでください。

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の有効成分について

つらいアレルギー症状をダブルの成分で強力に抑えます

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)に含まれるd-クロルフェニラミンマレイン酸塩には、抗ヒスタミン作用があり、アレルギー物質が原因で引き起こされるヒスタミンを抑えてくれます。

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩は、アレルギー反応の発現に関わるH1受容体を競合的に阻害し、ヒスタミンと受容体の結合を妨げてくれます。

また、同じくセレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)に含まれるもう一つの有効成分ベタメタゾンは、アレルギー反応からくる炎症を強力に抑制させます。

ベタメタゾンなどのステロイドはNFKBやAP-1といわれるサイトカインや、炎症をつかさどるTNF-αやIL-1、IL-2などの炎症性サイトカインの生成を抑え込みます。 ステロイドの炎症制御機序や免疫抑制機序は多彩ですので、それらが総合的に組み合わされ、炎症を強く阻害します。

2つの異なる作用機序によって、鼻炎、アトピー症状を強力に抑制し、つらい症状を緩和してくれます。

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の副作用

主な副作用
眠気
発疹
口喝
めまい
胃潰瘍
低血圧
動悸
食欲不振
便秘
耳鳴りなど

服用後、人によっては眠気を感じることがあります。 服用後は自転車や自動車などの運転は避けてください。 高所作業などを予定している場合には、使用を控えた方が良いでしょう。

また、服用を急にやめることで発熱や頭痛、筋肉痛、力が入りづらいといった離脱症状が起きることがありますので、使用を中止する際には徐々に量を減らしながら行ってください。

稀な副作用
感染症の誘発および悪化
続発性副腎皮質機能障害
消化性潰瘍
膵炎
骨粗しょう症など

使用後に何らかの感染症にかかりやすくなるケースがあります。 感染症になると症状が改善せず、重篤なケースになる場合もありますので注意が必要です。 使用前には水痘、麻疹などのワクチンを接種しているか確認しておいたほうがよいでしょう。

また、服用後に胃の不快感やムカムカといった症状がみられることがあります。 消化性潰瘍の症状があらわれた場合には、服用をやめ、お近くの医療機関やかかりつけ医にご相談ください。

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 何らかの発熱や感染症に罹患している人
  • 糖尿病の診断を受けた人
  • 骨粗しょう症の診断を受けた人
  • 腎臓の機能が弱っている人
  • 甲状腺に障害を持つ人
  • 肝硬変の指摘を受けた人
  • 脂肪肝の指摘を受けた人
  • 脂肪塞栓症のある人
  • 重力筋無力症の診断を受けた人
  • 高齢者の人
  • カリウム保持性利尿剤を使用中の人
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にセレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)に含まれる成分を使用して、蕁麻疹や過敏症を起こしたことがある人
  • 緑内障の診断を受けた人
  • 前立腺肥大症の診断を受けた人
  • 有効な治療薬が定まっていない感染症にかかっている人
  • 結核の治療中の人
  • 精神病の診断を受けた人
  • 単純疱疹性角膜炎を治療中の人
  • 後嚢白内障の人
  • 高血圧の人
  • 低ナトリウム血症や高カリウム血症など、ミネラルバランスの崩れている人
  • 血栓症の治療を行っている人
  • 最近外科的手術を終えたばかりの人
併用禁忌薬
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • デスモプレシン酢酸塩水和物

セレスタミン・ジェネリック(ベクロミン)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー