最大6,000円OFF BLACK FRIDAY SALE

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
30錠 20%
OFF
10,600円 8,500円 カートに入れる
60錠 33%
OFF
21,200円 14,200円 カートに入れる
90錠 37%
OFF
31,800円 19,900円 カートに入れる
テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)
テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)について

HIVの進行抑制と予防の両方に用いることができるお求めやすいジェネリック医薬品
  • 抗HIV薬のツルバダ配合錠と同等の効果を持ちながら安価で購入可能
  • HIV発症前の服用によって感染リスクを劇的に抑えることが可能
  • HIVだけでなくB型肝炎ウイルスにも治療効果を持つ優れた治療薬

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の有効成分

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の適応症

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)は日本国内で広く処方されているツルバダ配合錠のジェネリック医薬品に相当する抗HIV薬です。配合されている2つの有効成分の働きによってウイルスの増殖を抑制し、優れた抗ウイルス作用を発揮します。単体でも充分に効果を発揮しますが他の抗ウイルス薬と併用することによって、より高い症状の進行抑制効果が期待できます。またジェネリック医薬品であるため、治療費用を削減したい方におすすめのお薬となっています。

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の特徴

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)はジェネリック医薬品をメインに取り扱っている、インド最大の医薬品メーカーであるシプラ社が製造販売している抗HIV薬です。テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の先発医薬品はツルバダ配合錠であり、HIV治療において日本の医療現場でも数多く使われてきた実績を持った有効成分が配合されています。

HIVは現代の最先端医学でも完治できない病の一つでありますが、抗HIV薬などを上手く用いることによって症状を抑制及び遅らせることができるようになっています。

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)は既にHIVを発症してしまった方の治療薬として用いられるだけでなく、予防的な形で服用することが可能なお薬です。HIVの感染ルートは主に性行為・血液感染・母乳の摂取による母子感染の3種類とされています。

そのため不特定多数の方と性行為を行う方や他人の血液に触れる機会が多い方などは、相対的にHIVに感染するリスクが高い状況に身を置いていることとなります。HIVは一度感染してしまうと完治が期待できないため感染予防は他の病気より遥かに重要であり、テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)はこの予防目的で服用できる抗HIV薬として重宝されています。

海外では一般的な「PrEP」目的で服用することが可能な治療薬

HIVは一度感染してしまうと完治できず、さらに他の人へ移してしまうリスクがある非常に危険な病気の一つです。そんなリスクを避けるためにも、HIVの感染を抑える行動は非常に重要です。HIV感染ルートで大半を占めるのは性行為と言われており、HIV感染リスク低減の一つとしてコンドームの使用が推奨されています。

日本国内でも一般的にHIV感染予防として広く知られている方法が性行為時のコンドーム使用ですが、海外では「PrEP(プレップ)」と呼ばれる予防法が一般的です。PrEPは曝露前予防内服の略称で、HIVに感染する前から抗HIV薬などを服用することを指しています。日本では正式に認可された使用方法ではありませんが、PrEPは非常に有効でコンドームを使わない性行為が多い方等は特におすすめの予防方法とされています。

海外でもPrEP目的の使用が認められているお薬は数が少なく、その一つがツルバダ配合錠です。テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)はこのツルバダ配合錠と全く同じ有効成分が配合されたジェネリック医薬品であるため、同じような服用方法ができる抗HIV薬です。事前にテンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)を一定期間服用することによって、HIVの感染を回避できる確率が飛躍的に上げることができるのです。

金銭的負担を大きく軽減できる嬉しいジェネリックタイプの医薬品

HIVの治療は長期に渡って行う必要があります。治療薬も抗HIV薬を複数組み合わせて服用する多剤併用療法が基本であるため、お薬代が高額になりやすい難点も抱えています。特にツルバダ配合錠は優れた抗HIV薬であるものの先発医薬品なのでお薬代がかなり高いので、治療費が高くなる要因となっていました。

そんなHIV治療に掛かる金銭的負担を少しでも軽減したい方におすすめの治療薬が、今回紹介しているテンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)です。ツルバダ配合錠と同じ有効成分が配合されていながら、ジェネリック医薬品であるため遥かに安い価格で購入することができます。

期待できる効果効能は勿論、服用する際の注意点も殆ど同じなので、これまでツルバダ配合錠を服用したことがある方なら違和感なく切り替え可能です。また服用回数も1日1回であるため服用忘れも起こりにくく、HIV治療で注意すべき耐性菌の発生を抑えやすい特徴も併せ持っています。

このようにテンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)は金銭的負担をしっかり抑えながらも、高い治療効果を誇る優れた特徴を持っています。心置きなく治療に専念できる環境を整えられるため、精神的な面からも治療を支えることが可能な優れた抗HIV薬としてテンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)は注目を集めています。

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の効果

効果・効能
免疫機能の改善、HIVの症状進行の抑制、B型肝炎ウイルスの症状改善など
2つの有効成分の働きによって、HIVウイルスの増殖抑制と免疫機能低下を抑制し各諸症状を改善へと導きます

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)にはHIVウイルスの増殖を抑制する作用と免疫機能の低下を防ぐ作用を持った、2つの有効成分が配合されています。単体でも治療効果を発揮しますが、他の抗HIV薬と併用することでさらに高い症状の抑制効果が期待できます。当初はHIV治療に対してのみ使用されてきましたが、最近ではB型肝炎ウイルスに対しても治療効果を持つことが判明し使われるようになっています。

現代の医学ではHIVウイルスは完全に死滅させることができませんが、テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)を服用することで発症と進行の抑制が可能です。またHIVに感染していない方であれば、日本ではまだ認可されていない方法であるものの、PrEPに代表される予防的な服用も可能です。

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の服用方法

1回の用量
1錠(エムトリシタビン、テノホビルジソプロキシルフマル酸塩としてそれぞれ200mgと300mg)
服用のタイミング
指定なし
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間以上

水又はぬるま湯を用いて服用してください。他の抗HIV薬を服用している場合は、同じタイミングで服用してください。成分の血中濃度を一定に保つことでより高い効果が期待できますので、毎日同じ時間帯に服用するようにしましょう。飲み忘れをした際は、思い出したタイミングで服用してください。

服用時の注意

指定された用法用量を必ず守って服用してください。自己判断で薬の量を増減してしまうと期待できる治療効果が現れないだけでなく、副作用などを起こしやすくなってしまいます。

服用期間に関しても途中で止めることなく、しっかりの飲み続けるようにしてください。HIVを根本治療するお薬ではありませんので、服用を開始した後も定期的に医師の診察及び経過報告を行うようにしてください。

またPrEP目的で服用する場合は事前にHIVに感染していないか等、いくつか確認すべき注意点がありますのでそれらをしっかり把握した上で服用を開始してください。

服用した際に何かしら体調に変化があった場合は、すぐに服用を中止して様子を見るか医師の診察を受けるようにしてください。

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の有効成分について

HIVウイルスの増殖抑制とリンパ球減少による免疫力低下を抑制

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)には有効成分としてエムトリシタビンとテノホビルジソプロキシルフマル酸塩が配合されており、どちらも逆転写酵素を阻害する作用を持っています。

逆転写酵素はエイズウイルスが増殖する際に必要な酵素であり、その酵素の働きを阻害することでエイズウイルスの増殖が抑えられて症状の進行を遅らせることができます。この他にも免疫機能に大きな影響を与えるリンパ球の減少も抑制でき、免疫機能の低下を抑える効果も併せて発揮します。

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の副作用

主な副作用
頭痛
口喝
吐き気
むくみ
貧血
皮膚色素過剰など

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)を服用した際に上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、症状が辛い場合や長引く場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
腎不全
重度の腎機能障害
膵炎
乳酸アシドーシスなど

非常に稀なケースではありますが、上記のような重篤な副作用を起こすことが報告されています。万が一これらの症状が確認できた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を必ず受けるようにしてください。

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 高齢者の方
  • 乳児又は小児の方
  • 授乳中の方
  • B型慢性肝炎の方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にテンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)に含まれている成分でアレルギー反応を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方など
併用禁忌薬
次の薬と合わせての使用は避けてください。
  • ジダノシン
  • アタザナビル硫酸塩
  • ロピナビル、リトナビル
  • アシクロビル、ガンシクロビル、バラシクロビル、バルガンシクロビル
  • ダルナビル、ソホスブビル、レジパスビルなど

テンビルEM(ツルバダ・ジェネリック)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー