ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック) 250mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
5錠 30%
OFF
2,000円 1,410円 カートに入れる
10錠 37%
OFF
4,000円 2,530円 カートに入れる
ジスリン(ジスロマック・ジェネリック) 500mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
7錠 6%
OFF
4,700円 4,400円 カートに入れる
14錠 16%
OFF
9,400円 7,850円 カートに入れる
ジスリン(ジスロマック・ジェネリック) 1000mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
10錠 28%
OFF
9,000円 6,490円 カートに入れる
20錠 36%
OFF
18,000円 11,600円 カートに入れる
ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)
ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)について

少ない服用回数で高い治療効果を発揮する服用頻度を下げたい方必見の抗菌薬
  • お手軽価格で購入できるジスロマックのジェネリック医薬品
  • 抗菌作用と抗炎症作用のダブル作用で幅広い症状改善が可能
  • 副作用の少なさと半減期の長さによる驚異の効果持続時間を実現

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の有効成分

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の適応症

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)は先発医薬品であるジスロマックのジェネリック医薬品として販売されている抗菌薬です。ジスロマックより安価で購入できる特徴を持ちながら、同等の治療効果を発揮してくれます。人に相談にしにくいクラミジアや淋病など性感染症に対して高い治療効果を持っており、病院へ行くことなく自宅でこっそりと治療に励みたい方に大人気の治療薬です。また適応菌が非常に多いため、性感染症だけでなく様々な細菌感染症に対して使用されてきた実績を持っています。

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の特徴

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)はインドに本社を置き、ジェネリック医薬品を数多く開発している実績を持つエプシロン社(旧社名Smart Mediscience)が製造販売している抗菌薬です。

一般的な抗菌薬は抗菌作用しか持っていないことが多いですが、ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)は抗菌作用だけでなく抗炎症作用も併せ持つ優れた特徴を持っています。原因菌を死滅させると同時に患部の炎症を鎮めますので、辛い症状を速やかに抑えることができます。治療効果を持つ適応症が非常に多く、細菌感染が原因で発症する様々な病気に対して広く使われています。

この他にもジスリン(ジスロマック・ジェネリック)が持つ優れた特徴として、半減期の長さが挙げられます。あらゆるお薬は体内に入ってから時間が経つほど、薬効成分の血中濃度が減少していきます。半減期とはこの血中濃度が半減するまでの時間を指しており、ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)はこの半減期がとても長い特徴を持っています。薬効成分が体内に長く留まりますので、その分効果の持続時間も比例して長くなり結果として高い治療効果を発揮します。

服用回数も少なくなるため飲み忘れも起こりにくくなり、確かな治療効果を発揮します。元々強い抗菌力を持っており半減期も長いため、高い治療効果と使いやすさを兼ね備えた抗菌薬となっています。

優れた効果持続時間によって耐性菌の発生を抑制しながら治療可能

性感染症を含む細菌性感染症を治療する際、最も注意するべき点として「耐性菌」の存在があります。耐性菌は文字通り薬効成分に対して耐性を持っている菌で、いくらお薬を服用しても菌が耐性を持っていると効き目は一切現れることはありません。

耐性菌が生まれてしまう条件として薬の飲み忘れが挙げられます。薬を飲み忘れてしまうと薬効成分が弱まり、菌が薬効成分に対して耐性を持ちやすくなってしまいます。耐性菌が生まれてしまうと、病気が完治しないだけでなく薬自体が効かなくなるのです。

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)は厄介な耐性菌を生み出しにくい、優れた特徴を持った抗菌薬です。服用した際に薬効成分の血中濃度が半減するまでの時間が非常に長く、少ない服用回数で高い治療効果を発揮します。

特にクラミジアの治療であれば、たった1回の服用(アジスロマイシン1000mg)で7日間効果が持続します。薬効成分が体内で留まり続けますので、耐性菌が生まれにくい環境を作り出すことができます。また何日も続けて服用する必要がありませんので、飲み忘れを起こす心配もありません。クラミジア以外の細菌感染症に関しても、一般的な抗菌薬より少ない服用回数で効果を発揮してくれます。

このように優れた効果持続時間を持ったジスリン(ジスロマック・ジェネリック)は、耐性菌の発生を抑制しながら服用回数も抑えることができる抗菌薬なのです。

胃酸に強くアレルギー反応も起こしにくいので安心して服用できます

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の有効成分アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質に分類される成分です。ペニシリン系など、他の抗生物質を服用するとアレルギー反応を起こしてしまう方でも安心してご使用いただけます。

またアジスロマイシンは病気の原因となる細菌のみにピンポイントで治療効果を発揮するため、人体に元々存在する有益な細菌には影響を及ぼすことはありません。そのためアジスロマイシンに対してアレルギー反応を起こす方は、他の抗生物質と比べて少ないとされています。身体に優しい特徴を持っていますので、初めて抗菌薬を服用して細菌性感染症を治療しようとしている方にもおすすめの治療薬です。

薬に含まれている有効成分の中には服用した際、胃酸によって治療効果が弱まってしまうものが存在します。錠剤やシロップなど様々なタイプのお薬が存在しますが、どれも胃を通過しますので胃酸に対して強い特徴を持つかどうかは非常に重要です。

そしてジスリン(ジスロマック・ジェネリック)はそんな胃酸の影響を受けにくい優れた特徴を持っています。ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の服用によってもたらす優れた抗菌効果を胃酸によって邪魔されてしまう心配がありませんので、いつも高い治療効果を発揮してくれます。

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の効果

効果・効能
細菌の増殖抑制による性感染症及び細菌感染症の症状改善
有効成分アジスロマイシンの働きによって体内に侵入した細菌の増殖を抑制し、死滅させて症状を改善します

性感染症や細菌感染症は細菌が体内で増殖してしまうことによって、症状が現れ重症化していきます。ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)は有効成分アジスロマイシンが持つ細菌の増殖を抑制する作用で、各諸症状を速やかに鎮めて症状改善へと導いてくれます。

アジスロマイシンは治療効果が期待できる適応菌が非常に多く、幅広い細菌感染症に対して有効とされています。また抗菌作用と併せて抗炎症作用も併せ持っており、細菌感染によって炎症を起こした場合も、速やかに症状を抑える効果を持っています。

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の服用方法

1回の用量
1錠(アジスロマイシンとして1000mg)
服用のタイミング
指定なし
1日の服用回数
1回
服用間隔
24時間以上

水又はぬるま湯を用いて服用してください。服用するタイミングについて指定はありませんが、空腹時に服用するとより高い治療効果が期待できるのでおすすめです。治療する症状によって数日間続けて服用する場合があります。その場合は毎日決まった時間に服用して、薬効成分が身体で一定となるようにしましょう。

服用時の注意

指定された用法用量は必ず守って服用してください。多量に服用しても治療効果に違いはなく、副作用の危険性だけが高くなってしまいます。

また少なく服用してしまうと耐性菌を生み出す原因になってしまいます。継続服用が必要となる症状の場合は、自己判断で服用を途中で中止しないようにしてください。同じく耐性菌を生み出す原因になります。

服用時に体調不良を感じた場合は服用を中止して様子を見るか、医師の診察を受けるようにしてください。服用してしばらくしても症状に変化がない場合は耐性菌が生まれていることが考えられるため、漫然と服用を継続せず医師の診察を受けるようにしてください。

服用できない方や併用に注意すべきお薬がありますので、初めて服用する際は注意事項をしっかり読んでから服用を開始してください。副作用の一部でめまいを起こすことがありますので、服用後に自動車など機械類の運転及び操作は控えてください。

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の有効成分について

病原細菌によるタンパク質合成を阻害して細胞の増殖作用を抑制

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)に配合されている有効成分アジスロマイシンは、細菌が増殖するために必要となるタンパク質の合成を阻害する作用を持っています。増殖できなくなった細菌は、体内の免疫作用によって死滅していきます。

また抗炎症作用も兼ね備えていますので、細菌感染によって患部に炎症を伴っている場合は炎症を鎮める作用も同時に発揮します。さらに血中濃度の半減期が非常に長いため、1回服用するだけでも他の抗菌薬より遥かに長く効果が持続します。

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の副作用

主な副作用
頭痛
めまい
吐き気
胃腸症状
腹痛
下痢
発疹
痒みなど

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)を服用した際に、上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、症状が辛い場合や長引く場合は医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
アナフィラキシーショック
白血球減少
呼吸困難
意識障害
中毒性表皮壊死融解症
肝臓又は腎臓の異常など
非常に稀なケースではありますが、上記のような重篤な副作用を起こすことが報告されています。万が一これらの症状が確認できた場合は、速やかに服用を中止して必ず医師の診察を受けるようにしてください。

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • アレルギー体質の方
  • 服用後に自動車など危険を伴う機械類の操作をする方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にジスリン(ジスロマック・ジェネリック)に含まれている成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 心疾患をお持ちの方
  • 肝機能障害をお持ちの方など
併用禁忌薬
  • 特になし

ジスリン(ジスロマック・ジェネリック)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー