最大6,000円OFF BLACK FRIDAY SALE

クラビリン(クラビット・ジェネリック)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

クラビリン(クラビット・ジェネリック) 250mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
5錠 10%
OFF
1,050円 950円 カートに入れる
20錠 10%
OFF
2,000円 1,800円
40錠 15%
OFF
4,000円 3,420円
クラビリン(クラビット・ジェネリック) 500mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
5錠 10%
OFF
1,050円 950円 カートに入れる
10錠 10%
OFF
2,000円 1,800円
30錠 19%
OFF
6,000円 4,860円
クラビリン(クラビット・ジェネリック)
クラビリン(クラビット・ジェネリック) クラビリン(クラビット・ジェネリック)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

クラビリン(クラビット・ジェネリック)について

高い安全性と強力な抗菌作用を有する人気のジェネリック医薬品に該当する抗菌薬
  • 治療費用を抑えたい方にピッタリなクラビットのジェネリック医薬品
  • 海外メーカーの医薬品でありながら商品パッケージは日本語仕様
  • 優れた抗菌力を持ちながら身体への負担が少ないため長期連用も可能

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の有効成分

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の適応症

クラビリン(クラビット・ジェネリック)は先発医薬品であるクラビットのジェネリック医薬品として製造販売されている、幅広い細菌感染症に対して高い治療効果を持つ抗菌薬です。配合されている有効成分レボフロキサシン水和物は他の抗菌薬に含まれている有効成分と比較して副作用が少ないことから、病院でも広く処方されてきた実績を持っています。クラビットと比較して安価で購入できますので、治療に掛かる費用を安く抑えたい方におすすめです。

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の特徴

クラビリン(クラビット・ジェネリック)はインドのジャイプールに本拠地を置き、ジェネリック医薬品をメインに取り扱っているエプシロン社(旧社名Smart Mediscience)が製造販売している抗菌薬です。

クラミジアや淋病など人にあまり知られたくない性感染症を筆頭に、数多くの細菌感染症に対して高い治療効果を発揮するお薬です。上記の通り海外メーカーが製造していますが、パッケージは日本語で記載されています。一目で何のお薬か判断できますので、他のお薬と間違えて服用してしまう心配はありません。

主成分であるレボフロキサシン水和物は人体にとって悪性の菌にのみ殺菌効果を発揮し、人体にとって有益な菌には無害な特徴を持っています。この特徴によって長期連用しても身体に悪影響を及ぼしにくく、症状改善に時間を有した場合でも安心して治療を継続することができます。

また抗菌力が非常に強いので多くの場合、短期間の服用で症状改善が図れます。さらに一般的な抗生物質では効きにくい特徴を持つ菌に対しても有効な場合が多く、非常に使い勝手に優れた抗菌薬として重宝されています。薬の価格もジェネリック医薬品なので格安で購入できるため、金銭的余裕のない方やまとめ買いしておきたい方におすすめです。

金銭的負担を抑えながら治療できる嬉しいジェネリック医薬品

細菌性の性感染症は一度治療して完治した後でも、菌を保有している方とセックスすると再度感染してしまう恐れがあります。そのため人によっては何度も感染し、その度にお薬を処方してもらう必要が出てきてしまいます。病院に通院して治療するのは勿論、クラビットなど先発医薬品を用いて治療した場合、どちらもそれなりの治療費が掛かってきます。感染頻度が少なければ特に問題ありませんが、感染頻度が高い方だと治療に掛かる費用が大きな懸念材料となります。

クラビリン(クラビット・ジェネリック)はそんな治療費の抑えたい方に是非おすすめしたい、ジェネリック医薬品に該当する抗菌薬です。先に開発されたクラビットを元に製造された経緯を持っており、開発費用が格段に抑えられています。その結果としてクラビットと同等の治療効果を有しながら、クラビットより遥かに安い価格で購入することができます。

配合されている有効成分は同じなので、これまでクラビットを服用していた方なら違和感なくクラビリン(クラビット・ジェネリック)へと切り替えることが可能です。性感染症を筆頭に細菌感染症によく罹ってしまう方であれば、常備薬としてまとめ買いして自宅に保管しておくのがいいでしょう。

強力な抗菌作用を持ちながら身体に優しい特徴を持つ圧倒的な使いやすさ

一般的に強力な治療効果を持つ医薬品は、その効果の高さに応じて身体への負担も高くなる傾向があります。クラビリン(クラビット・ジェネリック)はここまで紹介してきた通り、抗菌薬の中でもトップクラスの高い治療効果を持っています。

しかしその治療効果の高さに反して、他の抗菌薬と比較して副作用が少ない優れた特徴を持っています。細菌感染症はライフスタイルによって何度も感染してしまう方がいらっしゃいますが、クラビリン(クラビット・ジェネリック)を服用することで身体への負担を抑えながら治療に励むことができます。

また原因となる菌を一気に死滅させますので、薬の効果に対して耐性を持つ耐性菌が生まれにくくなります。抗菌薬を使用する上で耐性菌を生み出さないことは非常に重要ですので、その点でもクラビリン(クラビット・ジェネリック)は優れた効果を発揮してくれます。

この他にもクラビリン(クラビット・ジェネリック)の使いやすさを支える要因として、入手のしやすさが挙げられます。病院を受診することなく入手できるため、性感染症に感染してしまったことを誰にも知られたくない方にピッタリです。一人でひっそりと治療できますので、これまで人目が気になっていた方でも安心してご使用いただけます。

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の効果

効果・効能
クラミジアや淋病など性感染症及び細菌性感染症の症状改善
細菌の増殖に必要な酵素の働きを抑制して細菌を死滅へと導き、各諸症状を治療します

クラビリン(クラビット・ジェネリック)には有効成分レボフロキサシン水和物が配合されており、体内に侵入した細菌が増殖するのを抑制してそのまま死滅及び抗菌作用を発揮します。これらの作用は悪性の菌にのみ働き、人体にとって有益な菌に対して害を与える心配は一切ありません。

またレボフロキサシン水和物はニューキノロン系抗生物質に分類されますので、ペニシリン系やマクロライド系など他の系統の抗生物質に対して耐性を持っている菌でも有効的な効果を発揮します。これらと併せて副作用も少ないので、安全性にも優れています。

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の服用方法

1回の用量
1錠(レボフロキサシン水和物として500mg)
服用のタイミング
指定なし
1日の服用回数
1回
服用間隔
24時間以上
服用する期間
7~14日間

たっぷりの水又はぬるま湯で服用してください。服用タイミングについて明確な指定はありませんが、空腹時は避けるようにしてください。成分の血中濃度を一定に保つことによって高い治療効果が期待できますので、できるだけ毎日決まった時間に服用するようにしてください。

服用時の注意

指定された用法用量はきちんと守って服用してください。多く服用しても高い効果が期待できるわけではなく、副作用を起こしやすくなる恐れがあります。逆に少なく服用すると、薬に対して耐性を持つ耐性菌を生み出してしまう恐れがあります。症状が早い段階で治まっても、必ず7日間以上は服用を継続してください。

途中で中止すると症状が再発してしまう恐れがあります。服用できない方や併用に注意すべきお薬が存在しますので、初めてクラビリン(クラビット・ジェネリック)を服用する際はこれら注意事項をしっかり確認してください。

服用した際にめまいを起こすことがあるため、服用後に自動車など機械類の運転及び操作は行わないようにしてください。クラビリン(クラビット・ジェネリック)の服用後に何かしら体調不良を感じた場合は、すぐに服用を中止して様子を見るか医師の診察を受けるようにしてください。

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の有効成分について

細菌の細胞分裂を抑制する作用で速やかに症状改善を図ることが可能

性感染症を含む細菌感染症は、体内で細菌が増殖することによって症状を引き起こします。クラビリン(クラビット・ジェネリック)に配合されている有効成分レボフロキサシン水和物は、細菌の増殖に関係するDNAジェイレースと呼ばれる酵素の働きを抑制します。

この働きによって細菌が増殖できなくなり、諸症状を改善へと導くことができます。またレボフロキサシン水和物はニューキノロン系抗生物質に分類され、ペニシリン系及びマクロライド系の抗生物質に耐性を持つ菌など、幅広い菌に対して有効性を示します。

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の副作用

主な副作用
頭痛
吐き気
めまい
白血球減少
下痢
不眠など

クラビリン(クラビット・ジェネリック)は副作用を起こしにくいとされていますが、上記のような副作用を起こすことが報告されています。いずれも軽度の症状で治まることが殆どですが、症状が辛い場合は服用を一旦中止して様子を見るようにしてください。

稀な副作用
アナフィラキシーショック
腎機能障害
肝機能障害
中毒性表皮壊死融解症
呼吸困難など

非常に稀なケースではありますが、上記のような重篤な副作用を起こすことが報告されています。万が一これらの症状が確認できた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を必ず受けるようにしてください。

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の注意事項

慎重投与
次の人は、服用に注意する必要があります。
  • 高齢者の方
  • 小児の方
  • 腎機能障害をお持ちの方など
服用してはいけない人
次の人は、この薬を使用することはできません。
  • 過去にクラビリン(クラビット・ジェネリック)に含まれている成分でアレルギー症状を起こしたことのある方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 重篤な心疾患をお持ちの方
  • てんかんなどの既往歴がある方など
併用禁忌薬
  • 特になし

クラビリン(クラビット・ジェネリック)の口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー