最大6,000円OFF BLACK FRIDAY SALE

スピロテロール

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

スピロテロール 40mcg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
90錠 5%
OFF
3,800円 3,610円 カートに入れる
スピロテロール
スピロテロール
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

スピロテロールについて

副作用の少ない第三世代のβ2刺激作用で筋肉量を増やす
  • 気管支喘息の治療薬として使用され、国内でも承認されている成分です
  • 脂肪を燃焼させ、筋肉量を増やすことで理想の体型を得られます
  • ステロイドホルモン製剤よりも副作用が少ないです

スピロテロールの有効成分

スピロテロールの適応症

スピロテロールはインドの製薬メーカーであるウエストコースト製薬が手がける筋肉増強作用をもつ医薬品です。
国内でも使用されているスピロペントのジェネリック医薬品として、気管支喘息への治療効果をもちながらも、筋肉増強作用があるとして注目されています。

スピロテロールの特徴

スピロテロールはスピロペントのジェネリック医薬品として、インドのアフマダーバードに本拠地を置いているウエストコースト製薬が製造販売している医薬品です。
抗がん剤やホルモン剤、化粧品など数多くの医薬品を製造しており、インドを含め、世界47か国に事業を展開しているほどの大きな会社です。
GMP(適正製造規範)を厳守しており、WHOからも認定を受けるほど、安全性に関しては信頼できる医薬品メーカーといえるでしょう。 スピロテロールに含まれる有効成分クレンブテロールは第三世代β2刺激薬として国内でも承認を得ており、気管支喘息に対して高い治療効果を持っています。
腹圧性尿失禁にも適用を持っており、幅広く使用される治療薬ですが、筋肉増強作用があるとされ、理想の体型を作り上げたい人に人気のある医薬品です。
スピロテロールに含まれるクレンブテロールは自律神経に作用することで、筋肉を作り上げる際に必要なたんぱく質の量を増やし、バルクアップをサポートします。
脂肪を燃焼させるはたらきもあるため、皮下脂肪を減らし、埋もれていた筋肉が客観的に隆々としていきます。

クレンブテロールは国内で治療薬として承認され、長年使用されるほど安全性の高い薬です

スピロテロールはスピロペントのジェネリック医薬品にあたります。
先発品であるスピロペントは1980年代に気管支炎や気管支喘息など、なんらかの病気によって気道が狭くなり、呼吸がしづらくなってしまう人に対して用いられる治療薬として国内で販売開始されました。
スピロペントに含まれる有効成分クレンブテロールは気道付近の筋肉の緊張をほぐすことで気道のスペースを確保させ、呼吸をしやすくしてくれます。
また、腹圧性尿失禁といって、お腹に力を入れてしまった際に尿漏れを引き起こしてしまうような人に対しても使用されます。
ジェネリック医薬品が登場した今現在でも使用されるほど安全性と信頼性の確保された医薬品です。

交感神経刺激作用とたんぱく同化作用によって筋肉量を増やします

スピロテロールに含まれるクレンブテロールは平滑筋という筋肉に対してはたらきかける作用のほかに、交感神経を刺激したり、たんぱく質がつくられるよう促す効果を持っています。
たんぱく同化作用といい、体内のアミノ酸からたんぱく質をつくり出す過程を促進させます。
筋肉を増やすにはたんぱく質が重要なカギを握っていますので、たんぱく質量が増えればそれだけ筋肉も発達し、屈強でタフな肉体へと変貌させてくれるでしょう。
実際に動物実験でも筋肉量の増加が実証されており、シックスパックを夢見る人にはぜひおすすめしたい商品です。

他の筋肉増強剤よりも副作用がマイルドです

筋力増強作用をもつ医薬品は総じて“アナボリックステロイド”とよばれています。
アナボリックステロイドの多くはステロイドや男性ホルモンなどの成分が大半で、スピロテロールと同様にたんぱく質をつくり出し筋肉量を増やす効果を持っています。
しかしながら、ステロイドや性ホルモンは筋肉量を増やす以外にも複数の作用を併せ持っていることが多く、個人差はあるものの、長期使用によってホルモンバランスを乱してしまうリスクがあったり、皮膚のブツブツやカサカサなどの副作用が起こることがあります。
ホルモンクラッシュともよばれており、場合によっては日常生活に支障をきたしてしまうおそれもあります。
スピロテロールは交感神経の一部を選択して、限定的に刺激するので、望まない副作用に悩まされる可能性を最低限に抑えられています。
長期間にわたって医療分野で使用されている実績も含めて、安全性の高さにも期待が持てるでしょう。

スピロテロールの効果

効果・効能
筋肉増強作用
気管支拡張作用
脂肪を減らし逞しいボディを望む人に

スピロテロールは自律神経にはたらきかけ、効果を発揮します。
自律神経はさまざまな部位とつながっており、刺激されることで筋肉量を増やし、肉体をたくましいものへとシフトしていきます。 気管支を広げる作用をもつことから、喘息に悩まされている人に対して使用されています。
他にも体温を上昇させるはたらきがあり、心拍数が上昇するので、脂肪を燃焼させる効果も期待されています。

スピロテロールの服用方法

1回の用量
0.5錠(クレンブテロールとして20㎍)
服用するタイミング
朝食後と寝る前
1日の服用回数
2回
服用する間隔
12時間毎

スピロテロールは1錠あたり40㎍なので、半分に割っての使用をおすすめします。
錠剤には半分に割れやすいよう割線が刻まれていますので、簡単に分割が可能です。
毎日決まった時間に錠剤は水またはぬるま湯にて服用してください。

服用時の注意

用法用量を守って正しく服用してください。
過度な服用は心臓に負担がかかり体調不良に陥る可能性がありますので、注意してください。
適正に使用していたとしても効果が認められない場合には、スピロテロールが適していないかもしれません。
そのまま服用を続けることで思わぬ副作用を引き起こしてしまうリスクがあるため、効果が実感できなかった場合には服用を中止し、体調に異変を感じた際にはお近くの医療機関に受診してください。ステロイドの成分を含みませんが、世界ドーピング防止機構(WADA)では禁止物質と規定されております。
アスリートの方々は出場する予定がある場合、服用する前に使用可能かどうか事前に確認をとっておいたほうがよいでしょう。

スピロテロールの有効成分

必要な部分にだけ作用し、副作用リスクを限りなく減らした薬です

スピロテロールは自律神経のうち、交感神経を刺激させるはたらきをもっています。
交感神経はαやβなど、神経ごとに複数の部位に分布しており、スピロペントは交感神経のアドレナリンβ2受容体のみを限定して刺激するよう組み込まれています。
アドレナリンβ2受容体にはたらきかけ、アデニレートサイクラーゼを活性化し、サイクリックAMP量を増やして体内の平滑筋に作用します。
β2受容体を刺激すると体内のアミノ酸からたんぱく質を作り出すたんぱく同化作用が促されるので、筋肉量を増やします。

スピロテロールの副作用

主な副作用
振戦、動悸、筋痙縮(きんけいしゅく=筋肉がこわばって動かしにくくなる)、嘔気、発疹など

服用後に手のふるえが出たり、動悸の症状がみられることがあります。 用法用量を正しく守って使用しているならば時間が経過することで落ち着いてきますが、症状がひどくなったり、気になる場合にはかかりつけの医療機関へ相談したほうがよいでしょう。

稀な副作用
低カリウム血症、過敏症、肝機能障害など

服用後まれに体内のミネラルであるカリウムが欠乏してしまうことがあります。
カリウムが少なくなると、不整脈を引き起こしたり、心停止に至るケースがあり注意が必要です。
手足に力が入りづらい、下痢、動悸、筋肉痛、歩きづらくなるなどの初期症状がみられた際にはすぐに服用をやめ、かかりつけの病院やクリニックに受診し相談してください。

スピロテロールの注意事項

慎重投与
  • 未成年の人
  • 65歳以上の人
  • 妊娠中または授乳中の人
  • ロア糸状虫による重度感染患者の方
  • 甲状腺に機能異常がある人
  • 血圧が高い人
  • 心臓の病気を患っている人
  • 糖尿病の人
  • 低酸素血症の人
  • キサンチン製剤を使用している人
  • 利尿剤を使用している人
  • ステロイド製剤を使用している人
  • カテコールアミン製剤を使用している人
服用してはいけない人
  • スピロテロールの有効成分を含む医薬品で過去に過敏症を起こしたことがある人
  • 尿閉のある人
併用禁忌薬
  • 特に注意すべき薬はありません。

スピロテロールの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー