カベルゴリン

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

カベルゴリン 0.25mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
8錠 10%
OFF
2,900円 2,610円 カートに入れる
16錠 19%
OFF
5,800円 4,690円 カートに入れる
24錠 29%
OFF
8,700円 6,210円 カートに入れる
カベルゴリン 0.5mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
8錠 10%
OFF
4,350円 3,910円 カートに入れる
16錠 19%
OFF
8,700円 7,040円 カートに入れる
24錠 27%
OFF
13,040円 9,500円 カートに入れる
カベルゴリン
カベルゴリン
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

カベルゴリンについて

ドーパミン分泌を促すパーキンソン病治療薬!早漏にも効くカバサールジェネリック
  • ドーパミンの分泌を促しパーキンソン病の無筋症状を改善します
  • プロラクチン値の上昇により起こる排卵障害や乳汁漏出症にも効果的です
  • 射精後の性欲低下を防ぎ早漏を防止する効果も期待できます

カベルゴリンの有効成分

カベルゴリンの適応症

カベルゴリンは、インドの製薬会社であるサンファーマ社が製造するパーキンソン病の治療薬で、カバサールのジェネリック薬です。
脳から身体へ指令を伝える神経伝達物質・ドーパミンの不足によって起こる手足の震えやこわばりといった症状を改善します。
また女性ホルモンの一種であるプロラクチンの分泌を抑える作用もあり、排卵障害や乳汁漏出症、さらに射精後の無気力状態を改善する効果もあります。

カベルゴリンの特徴

カベルゴリンの一番の特徴は、ドーパミン作動薬として神経伝達物質・ドーパミンの分泌を促し、パーキンソン病の無筋症状を改善できる点です。
パーキンソン病の治療薬は、大きく二つに分けることができます。
一つは、プラミペキソールに代表される非麦角アルカロイドです。パーキンソン病の治療は基本的に非麦角アルカロイドから開始されますが、前兆なく突然眠気に襲われる突発性睡眠の副作用症状が出る可能性があり、作用時間も短いというデメリットがあります。
一方でカベルゴリンをはじめとする麦角アルカロイドは、突発性睡眠の副作用症状が出ることはなく、服用も1日1回で済む簡便さが特徴です。
ただし長期間麦角アルカロイド服用を継続すると、心臓弁膜が肥厚し心臓弁膜症のリスクが高まる恐れがあります。そのためカベルゴリンを長期服用する場合は、定期的に心電図や心エコーの検査を受ける必要があるので注意が必要です。

プロラクチンの分泌を抑え、排卵障害や乳汁漏出症を改善します

カベルゴリンは、ドーパミン作動薬としてD2受容体に作用しドーパミンの分泌を促進する作用以外に、女性ホルモンであるプロラクチンの分泌を抑制する作用も持っています。

通常プロラクチンは、妊娠した時に次の妊娠が起こらないようにするため分泌されるホルモンです。乳腺を刺激して乳汁を分泌させたり、排卵が起こらないようにしたりといった働きがあります。
妊娠中あるいは授乳中ではないのにも関わらず乳汁が分泌される乳汁漏出症や排卵障害は、このプロラクチンの値が高いために起こる症状です。
カベルゴリンは、プロラクチンの値を抑えることでこれらの症状を改善する効果があります。

射精後の性欲低下による無気力感の改善にも効果があります

カベルゴリンのプロラクチン分泌抑制作用は、女性の場合排卵障害や乳汁漏出症の改善に働きますが、男性の場合は性欲の亢進作用が期待できます。
射精が起こると、男性の体内ではプロラクチンの濃度が急激に上昇し、他方ドーパミンの濃度は一時的に低下します。プロラクチンは性的な興奮を鎮める作用を持っているため、射精後の男性に不応期が訪れるというわけです。
カベルゴリンは、射精後の脱力感や倦怠感の原因となるプロラクチンの分泌を抑制し、結果として早漏を予防して性的興奮の維持を助けてくれます。
しかしながらカベルゴリンの本来の適応症は、パーキンソン病や高プロラクチン血症由来の排卵障害などであり、早漏治療薬ではありません。服用の際は低用量から開始し、長期の継続使用はしないでください。

カベルゴリンの効果

効果・効能
パーキンソン病の改善
高プロラクチン血症による排卵障害の改善
乳汁漏出症の改善
早漏の改善

カベルゴリンは、手足の震えや筋肉のこわばりなどのパーキンソン病の無筋症状を改善し、手足の動きをスムーズにします。パーキンソン病以外にも、高プロラクチン血症を原因とする排卵障害や、男性や授乳中ではない女性に見られる乳汁漏出症の症状にも効果的です。
また射精後に性欲を抑制する女性ホルモン・プロラクチンの分泌を抑えることで、早漏の防止や性行為の複数回継続も期待できます。

カベルゴリンの服用方法

1回の用量
1錠~(カベルゴリンとして0.25mg~)
服用するタイミング
定時の食後
1日の服用回数
1回
服用する間隔
24時間以上

カベルゴリンの服用方法は、その適応症によって異なります。
パーキンソン病の治療を目的として服用する場合は、1日1回朝食後にたっぷりの水かぬるま湯と一緒に服用してください。用量はカベルゴリンとして0.25mgから服用開始し、服用二週目からは0.5mgに、その後症状の経過に応じて毎週0.5mgずつの増量が可能ですが、用量上限である3mgは超えないようにしましょう。
高プロラクチン血症に伴う排卵障害や乳汁漏出症の治療を目的として服用する場合は、週に1回同一曜日にカベルゴリンとして0.25mgから服用開始してください。以降二週間以上の間隔を空けて0.25mgずつ増量が可能です。この場合の用量上限は1.0mgとなっています。

服用時の注意

カベルゴリンの血中濃度が最も高くなるのは、服用後3時間前後とされています。そのためカベルゴリンを早漏防止の目的で服用する場合は、性行為の1時間程度前に1回1錠(カベルゴリンとして0.25mg)を服用すると良いでしょう。
カベルゴリンは、プリリジーなどに代表されるセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)としての早漏治療薬ではありません。SSRIとは作用機序が異なり、性的興奮を鎮静化させ射精時間を延長するというよりは、射精後のプロラクチン分泌を抑え脱力感を感じにくくするというメカニズムとなっています。性的興奮の伝達にアプローチして性欲を低下させない作用機序で、心臓など循環器系への影響が大きいため、早漏治療薬としての継続使用には向いていません。長期間の服用に際しては、医師による定期的な心臓の検査が必要です。

カベルゴリンの有効成分について

カベルゴリンがD2受容体に作用し、脳の指令を正しく伝達します

カベルゴリンは、D2受容体刺激薬に分類される成分です。脳の指令を伝達する神経伝達物質・ドーパミンがD2受容体に作用することで、手足をはじめ筋肉が正しく動くことができます。
身体が思うように動かなくなってしまうパーキンソン病は、ドーパミンの不足によって起こります。カベルゴリンはドーパミンの代わりにD2受容体を刺激して、パーキンソン病の症状を改善します。
またD2受容体の刺激は、女性ホルモンであるプロラクチンの分泌を抑える作用も持っています。この作用により、プロラクチンの値が高いことで起こる高プロラクチン血症や排卵障害を改善することも可能です。男性の場合であれば、プロラクチンの抑制は射精後の脱力感や無気力感の解消にも効果を発揮します。

カベルゴリンの副作用

主な副作用
吐き気、食欲不振、口渇、便秘、眠気、めまい、頭痛など

カベルゴリンによるドーパミン受容体の刺激により、吐き気や胃部不快感、頭痛やめまいなどの軽微な副作用症状が現れる場合があります。通常これらの症状は時間の経過とともにおさまっていきますが、症状が長時間おさまらない時や悪化する時は、医師か薬剤師にご相談ください。

稀な副作用
幻視、幻聴、発熱、手足の震え、胸痛、呼吸困難など

ごく稀ですが、幻視や幻聴といった幻覚症状や発熱、胸痛などの症状が現れる可能性もあります。万一身体の異常を感じた際はただちにカベルゴリンの服用を中止し、すみやかに医師の診察を受けるようにしてください。

カベルゴリンの注意事項

慎重投与
  • 重度の肝臓病の人
  • 胸膜炎の人
  • 胸水のある人
  • 繊維症の人
  • 心膜炎の人
  • 消化性潰瘍の人
  • レイノー病の人
  • 統合失調症の人
  • 精神病またはその既往歴がある人
  • 低血圧症の人
  • 重度の心血管障害の人
  • 妊娠中またはその可能性がある人、授乳中の人
  • 65歳以上の高齢者
服用してはいけない人
  • 心臓弁膜症など心臓弁膜に疾患のある人
  • 心疾患のある人
  • 妊娠中毒症の人
  • 産褥期高血圧の人
  • カベルゴリンに過敏症の既往歴がある人
併用禁忌薬
  • カベルゴリンに併用禁忌薬は存在しませんが、以下のお薬との併用には注意が必要です。
  • 血圧降下剤
  • ドパミン拮抗剤
  • フェノチアジン系薬剤
  • クロルプロマジン
  • ブチロフェノン系薬剤
  • ハロペリドール
  • メトクロプラミド
  • マクロライド系抗生物質
  • クラリスロマイシン

カベルゴリンの口コミ

口コミ評価(0)

口コミを投稿する
評価
性別
年齢
レビュー