モルキシビル(モルヌピラビル)

到着目安
2~4週間
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

モルキシビル(モルヌピラビル) 200mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
40錠 11%
OFF
11,000円 9,800円 カートに入れる
モルキシビル(モルヌピラビル)
モルキシビル(モルヌピラビル)
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

モルキシビル(モルヌピラビル)について

モルキシビルは新型コロナウイルスに効果が期待される飲み薬です
  • 発症から5日以内に服用することが推奨されています
  • 有効成分モルヌピラビルは体内に入り込んだウイルスの増殖を制御する働きがあります
  • カプセルタイプなので薬の味が苦手な方でも安心して服用できます

モルキシビル(モルヌピラビル)の有効成分

モルキシビル(モルヌピラビル)は、新型コロナウイルスの感染症に効果が期待される飲み薬です。有効成分のモルヌピラビルには、体内に入り込んだウイルスの増殖を制御する動きがあります。
製薬会社はジェネリック医薬品の大手であるインドのサンファーマ社です。

モルキシビル(モルヌピラビル)の特徴

新型コロナウイルスが細胞に侵入したあと、RNA(遺伝物質)、ウイルスが増殖するのに必要な酵素の働きを抑え増殖を防ぎます。

モルキシビル(モルヌピラビル)は、臨床試験で発症から5日以内の重症化リスクがある患者に対し、入院や死亡のリスクを相対的に30%低下させる効果が確認されました。

※妊婦または妊娠している可能性のある女性は服用できません。

入院や死亡リスクを低下させる効果とは

新型コロナウイルスの重症化リスクがある患者の入院や死亡のリスクを低下させる効果は、発症から5日以内の軽症〜中等症の重症化リスクがある1433人に「治療薬を投与する人」と「プラセボ(偽の薬)を投与した人」に分けランダム化比較試験を行った結果、入院した人や死亡した人の割合のプラセボを投与した人が14.1%だったのが、治療薬を投与した人では7.3%でした。(中間解析)

主要評価項目の結果

モルヌピラビル(治療薬)プラセボ(偽薬)群
重症化6.8%9.7%
死亡0.1%1.3%

参考サイト:新型コロナウイルス治療薬の特例承認について(厚生労働省)

モルキシビル(モルヌピラビル)の効果と作用

効果・効能
新型コロナウイルスの体内での増殖を防ぐ

モルキシビルの有効成分モルヌピラビルには、体内に入り込んだウイルスの増殖を防ぐ働きがあります。

新型コロナウイルスに感染すると、細胞内に侵入したウイルスのウイルスRNAが、細胞核内の酵素「RNAポリメラーゼ」によって複製され、体内でウイルスが増殖していきます。

モルヌピラビルはこの「RNAポリメラーゼ」に作用。

ウイルスRNAの配列を変異させることで、ウイルスの複製(増殖)を阻害する働きをします

モルキシビル(モルヌピラビル)の服用方法

1回の用量
4錠(800mgまで)
服用するタイミング
5日以内(発症してから)
1日の服用回数
2回(5日間服用)

新型コロナウイルスの治療を目的とした場合は1日2回、4錠ずつを食前もしくは食後に、水またはぬるま湯を用いて、5日間服用してください。

もし何かしらの異常が感じられた時は、速やかにモルキシビル(モルヌピラビル)の服用を中止し、かかりつけの医師の診察を受けるようにしてください。

モルキシビル(モルヌピラビル)の副作用

主な副作用
下痢、悪心、浮動性めまい、頭痛、嘔吐など

モルキシビル(モルヌピラビル)を服用した際は上記のような副作用を起こすことが報告されています。
軽度で症状もすぐに治まることが殆どですが、長く症状が続く場合は一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
嘔吐、発疹、蕁麻疹など

上記のような副作用を起こすことが報告されています。また頻度不明の中毒性皮疹なども報告されています。

モルヌピラビルの副作用について、2021年9月に日本、米国、コロンビア、ロシア、南アフリカなど21カ国146施設で実施された試験の解析結果がこちらになります。(本薬群:386例、2例以上に認められた副作用)

副作用
全体(※1)48(12.4%)
下痢12(3.1%)
悪心9(2.3%)
浮動性めまい5(1.3%)
頭痛4(1.0%)
発疹3(0.8%)
ALT(※2)増加3(0.8%)
嘔吐2(0.5%)
回転性めまい2(0.5%)
不安2(0.5%)
上腹部痛2(0.5%)
消化不良2(0.5%)
腎機能障害1(0.3%)
胃腸炎1(0.3%)
不眠症1(0.3%)
アミラーゼ増加1(0.3%)
リパーゼ増加1(0.3%)
そう痒症1(0.3%)
AST増加1(0.3%)
血中クレアチンホスホキナーゼ増加1(0.3%)
胃炎1(0.3%)
背部痛1(0.3%)
例数(%)

(※1)全体の件数と%:重複を含まない数値
(※2)ALT:肝臓のダメージ程度を表す数値

参考サイト:モルヌピラビル審議結果報告書

モルキシビル(モルヌピラビル)の注意事項

慎重投与
  • 腎機能障害をお持ちの方
  • 肝機能障害をお持ちの方
  • 高齢者の方
  • 授乳中の方
服用してはいけない人
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性

モルキシビル(モルヌピラビル)の口コミ

口コミ評価(1)

  • モルキシビル(モルヌピラビル) ユーザー
    口コミ評価 東京都 女性 58
    感染したときのために購入しました。ひとまずは安心ですが、まだまだコロナは油断できません。
評価
性別
年齢
レビュー