タミフル

到着目安
14~21
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

タミフル 75mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
10錠 10%
OFF
11,500円 10,350円 カートに入れる
タミフル
タミフル
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

タミフルについて

A型とB型の両方に対して優れた特徴を持つ経口内服タイプの抗インフルエンザ薬
  • インフルエンザの治療だけでなく予防効果にも期待できます
  • 感染初期に服用することで症状の緩和及び早期治療が目指せます
  • 内服薬なので誰でも手軽にインフルエンザの治療及び予防が可能

タミフルの有効成分

タミフルの適応症

タミフルは世界初となる内服タイプのインフルエンザ治療薬で、インフルエンザの大部分を占めるA型とB型の両方に対して高い治療効果と予防効果を持っています。インフルエンザ感染初期に服用することで、症状の改善と治癒までの期間を短くする効果が期待できます。インフルエンザの治療及び予防には注射によるワクチン接種等がありますがどうしても痛みを伴う為、注射が苦手な方にもおススメのインフルエンザ治療薬となっています。

タミフルの特徴

タミフルはスイスに本社を置き世界中に拠点を持っている世界でもトップクラスの製薬会社である、エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が製造販売している先発医薬品の抗インフルエンザ薬です。

毎年冬になると感染者が急増するインフルエンザは感染力が非常に高く、一度感染してしまうと学校や職場を長く休まなければなりません。その為感染の恐れをある場合は速やかに治療をする必要があるのですが、そんな時重宝するのが今回紹介していくタミフルです。インフルエンザには毎年異なる型が流行していますが、タミフルはA型とB型の両方に対して効果を発揮する優れた特徴を持っています。インフルエンザの発症から2日以内にタミフルを服用することによって、症状の早期改善が図れるだけでなく完治までの期間を早くする効果にも併せて期待することができるのです。またインフルエンザの感染者と接触した場合は、同じく2日以内にタミフルを服用することで発症の予防効果が期待できます。本商品は医薬品の中でも新薬に該当する先発医薬品ですので、後発医薬品であるジェネリック医薬品の使用に抵抗がある方でも安心して服用することが可能です。

日本国内で数多く使用されてきた実績を持つ経口内服タイプの治療薬

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える作用を持ったオセルタミビル酸塩を有効成分として配合しています。インフルエンザ治療薬は日本国内でいくつか使用されていますが、タミフルはその中で最も多くの使用実績を誇るインフルエンザ治療薬です。本商品は一般的なお薬と同じ経口内服タイプですので、吸入タイプや点滴タイプのインフルエンザ治療薬と違って簡単に治療を進めることができる特徴を持っています。

インフルエンザには複数の型が存在しており、人が感染するのはA~C型と言われています。この中でも感染力が高く毎年流行しているのがA型とB型のどちらかであり、タミフルはこの2つの型両方に対して高い治療効果を持っています。特にインフルエンザ発症直後に服用することによって、高熱や頭痛など辛い症状を速やかに鎮める作用が期待でき、更に完治までの期間を短縮する効果も併せて期待できます。またインフルエンザの発症リスクを下げる予防的な服用も可能ですので、学校や職場などでインフルエンザの感染者が発生した時に服用を開始するのもおススメの服用方法となっています。前述の通り内服タイプなので、自宅でサッと服用できるのも嬉しい特徴の一つです。

ジェネリック医薬品の使用に抵抗がある方も安心の先発医薬品

医薬品には最初に開発され国の承認を受けた新薬である先発医薬品と、先発医薬品を基に製造された後発医薬品と呼ばれるジェネリック医薬品が存在します。ジェネリック医薬品は開発コストが先発医薬品より抑えられるので価格が安いのが特徴となっています。

しかし先発医薬品の特許が切れた後でしか販売できない為、ジェネリック医薬品の使用実績は先発医薬品より遥かに劣ります。対して先発医薬品は国から認められた効能効果及び安全性を兼ね備えた医薬品であり、非常に多くの使用実績を誇る治療薬であります。そしてエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が製造販売しているタミフルはそんな先発医薬品に分類されるインフルエンザ治療薬となっています。タミフルはインフルエンザの治療目的の場合は1日2錠を5日間、予防目的の場合は1日1錠を7~10日間服用し続ける必要があります。このようにお薬の服用期間がどうしても長くなりますので、他のお薬以上に安全性を重視したい方も多いと思います。今回紹介しているタミフルは使用実績の少ないジェネリック医薬品を服用することに抵抗がある方にピッタリなインフルエンザ治療薬です。

タミフルの効果

効果・効能
インフルエンザの治療及び予防
インフルエンザウイルスの増殖を防ぎ、頭痛や発熱といった諸症状を緩和して治療することができます

インフルエンザは感染してしまうと体内で増殖を繰り返していき頭痛や発熱、関節痛に倦怠感など様々な辛い症状を引き起こします。また感染力も非常に強い為、感染が確認できた段階で学校や職場に出向くことができなくなってしまいます。

タミフルは有効成分オセルタミビル酸塩を配合しており、A型及びB型のインフルエンザウイルスが体内で増殖するのを防ぐ効果を持っています。インフルエンザ発症後2日(48時間)以内の服用が推奨されており、辛い症状を軽減するだけでなく治癒までの期間を1~2日短くする効果が期待できます。インフルエンザ感染者と接触した場合は、予防目的で服用することも可能という優れた特徴を持っています。経口内服薬ですので、わざわざ病院へ受診することなく自宅で簡単に服用することができます。また前述の通りA型とB型どちらのインフルエンザウイルスに対しても有効なので、どちらの型が流行しても問題なく効果が期待できます。

タミフルの服用方法

1回の用量
1錠(オセルタミビル酸塩として75mg)
服用するタイミング
発症後又は感染者と接触後48時間以内
1日の服用回数
2回(予防目的の場合は1回)
服用する間隔
12時間(予防目的の場合は24時間)

インフルエンザの治療を目的とした場合は1日2回1錠ずつを食前又は食後に、水又はぬるま湯を用いて5日間服用してください。インフルエンザの予防目的の場合は1日1回1錠を治療目的と同じ要領で7~10日間服用してください。どちらの場合でも早い段階で服用した方が、より高い効果が期待できます。

服用時の注意

タミフルはインフルエンザウイルスが増殖を始める、感染初期段階で服用するのが最も高い効果が期待できます。早く症状を緩和したい方はなるべく早く服用を開始するようにしましょう。服用時に副作用が強く現れた場合は服用頻度を抑えるか、有効成分の含有量が少ない種類の物を選ぶようにしましょう。

タミフルに配合されている有効成分オセルタミビル酸塩は10歳以上の未成年が服用した際に、異常行動を起こすといった報告があがっています。関連性は不明ですが未成年の方が服用する場合は、服用後一人にすることなく様子の変化がないかしっかり観察しておきましょう。万が一何かしらの異常が感じられた時は、速やかにタミフルの服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けるようにしてください。

タミフルの有効成分について

インフルエンザウイルスの増殖抑制作用で効率よく治療可能

タミフルの有効成分オセルタミビル酸塩はノイラミニダーゼ阻害薬に分類される成分です。インフルエンザウイルスはノイラミニダーゼと呼ばれる酵素によって、体内で感染範囲をどんどん広げていき増殖していきます。オセルタミビル酸塩は血中に取り込まれるとこのノイラミニダーゼと結合する為、インフルエンザウイルスが体内で増殖できなくなります。増殖できなくなったインフルエンザウイルスは体内の免疫機能で死滅していき、諸症状が緩和していきます。この作用はA型とB型どちらのインフルエンザウイルスに対しても有効とされています。

タミフルの副作用

主な副作用
下痢、頭痛、めまい、吐き気、腹痛、発疹、低体温など

タミフルを服用した際は上記のような副作用を起こすことが報告されています。軽度で症状もすぐに治まることが殆どですが、長く症状が続く場合は一旦服用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

稀な副作用
肺炎、アナフィラキシーショック、異常行動など

非常に稀ではありますが上記のような副作用を起こすことが報告されています。異常行動に関しては小児や10代の方に見られる症状ですので、該当する方が服用する場合は服用後しばらく様子を見るようにしてください。

タミフルの注意事項

慎重投与
  • 腎機能障害をお持ちの方
  • インフルエンザ症状が非常に重い方
  • 妊娠中又は妊娠している可能性のある方
  • 小児又は10代の方など
服用してはいけない人
  • 過去にオセルタミビル酸塩でアレルギー症状を起こしたことがある方など

タミフルの口コミ

口コミ評価(0)

評価
性別
年齢
レビュー