ビダリスタ

到着目安
14~21
発送国の天候や発送国業者のお休みの関係で、お届けが遅くなる場合があります。
離島・遠隔地等一部地域につきましては、お届けが遅くなる場合があります。

【ご注文10,000円以上で送料無料】

ビダリスタ 20mg
内容量 値引率 定価 販売価格 ご注文
10錠 18%
OFF
2,400円 1,960円 カートに入れる
50錠 22%
OFF
12,000円 9,310円 カートに入れる
100錠 27%
OFF
24,000円 17,640円 カートに入れる
ビダリスタ
ビダリスタ
  • お買い上げ10,000円以上で送料無料
  • 取り扱いはメーカー正規品のみ 正規品保証
  • 内容物が見えない厳重な梱包
  • 処方箋・診断書なしで注文可能
  • 日本語対応 電話注文OK
  • クレジットカード・銀行口座不要 コンビニ決済OK
  • 手数料無料で迅速な対応 カード決済対応

ビダリスタについて

コスパ良し 効き目良し 高い人気を誇るシアリスのジェネリック
  • マイルドに効きながらも力強い勃起で、高い満足感を得られます。
  • 1錠で約36時間 効果継続時間が驚異的です。
  • 副作用が少なくコストパフォーマンスにも優れ、服用を続けやすいです。

ビダリスタの有効成分

ビダリスタの適応症

ビダリスタは、三大ED治療薬の1つ「シアリス」のジェネリックです。シアリスは世界トップシェアを誇っていますが、人気が高い理由として特に効果継続時間の長さが挙げられます。また、食事の影響を受けにくい点や副作用が軽いことなどにも定評があります。ビダリスタはシアリスと同じ効果、効能があり、その上、シアリスに比べてコストパフォーマンスが高く、利用しやすい価格となっています。

ビダリスタの特徴

ビダリスタはシアリスと同じく、有効成分は「タダラフィル」です。タダラフィルはバイアグラやレビトラの有効成分と比べて、水に溶けにくいという性質があります。この「水に溶けにくい」という性質が「効果が長時間続く」ことや「副作用が軽い」という嬉しい効果に繋がっています。

ビダリスタを1錠(20㎎)服用すると、その効果は約36時間継続します。他の有効成分を含んだED治療薬の効果が4時間から10時間であることを考えると、ビダリスタの効果継続時間は抜きんでています。週末はこの1錠で十分であることから、タダラフィルを有効成分とするED治療薬は海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれています。

副作用が心配で薬の使用を躊躇する方も多いと思いますが、ビダリスタは体内でゆっくりと作用するので体への負担が少なく、バイアグラやレビトラに比べると副作用が軽いです。それでいて勃起力はしっかりしていて、他に引けを取りません。また、食事やアルコールの影響を受けにくいので、服用のタイミングをそれほど気にする必要がなく、軽い食事の後に服用することも可能です。さらにビダリスタはコストパフォーマンスがとても高いので、繰り返し服用する場合も経済的な負担をかなり軽減できます。
忙しい現代社会の中で大切な時間をより豊かに過ごすために、ビダリスタは皆さんをサポートします。

効果継続時間が驚異的 1錠で36時間効き目が持続します。

シアリスはEDで悩む世界中の男性から支持を得ていますが、「効果継続時間が他よりずば抜けて長い」ということが、多くの男性の支持を集める理由の1つとなっています。ビダリスタもシアリスと同様に効果が長く続きます。1錠(20mg)服用すると、個人差はあるものの、約36時間継続するので、薬が切れることを気にする必要がなく安心です。服用後、1時間から2時間程度で効果が発現し、3時間から4時間後に薬の血中濃度がピークに達します。体内でゆっくりと分解されるので、血中濃度がピークから下り坂になるスピードもゆっくり。つまり、血中濃度が高い状態を長くキープしてくれます。

ビダリスタは性欲を増強させるものではないので、これを服用しただけで勃起するということはなく、何らかの性的刺激を与えることで勃起します。一度おさまっても再度性的刺激を与えればまた勃起し、薬の効果が継続している間は繰り返し勃起が可能です。

効果が長く続くので、早めに飲んでおいても薬が切れることを心配しなくてすみます。薬の効きが短いと、「前もって飲んでおくには持続時間が足りないし、かといって行為の直前に飲むには効き始めるのが間に合わない」というもどかしい問題にぶつかります。ビダリスタならその問題を解消してくれますし、結果、心にも余裕がうまれ、リラックスして臨めるでしょう。長時間効果があるということは、肉体的にはもちろん、精神的にも大きな助けとなります。

副作用が少なく価格もリーズナブル リピートしやすい薬です。

ED治療薬は1度飲めば終わりではなく継続する場合が多いので、体への安全面、そして価格はとても重要になってきます。ビダリスタは有効成分のタダラフィルが水に溶けにくく、ゆっくりと作用するので体への負担が少ないです。もちろん個人差はありますが、ほとんどの場合その症状は軽いもので、時間の経過と共におさまります。他のED治療薬で強い副作用を感じた方でも、ビダリスタなら副作用を感じないという場合がありますので、副作用が心配な方も試してみる価値はあるでしょう。

また、ビダリスタはシアリスに比べるとかなりリーズナブルです。価格が安いのは、開発費などが抑えられるジェネリックならではのメリットですが、ビダリスタはシアリスの5分の1から6分の1程度の値段で購入できます。繰り返しの服用を考えた場合、値段の違いは後々大きく響いてきますので、薬選びの大きなポイントと言えるでしょう。

ED治療は、肉体的に勃起を促すことだけではなく、服用することで満足のいく勃起感を得、その満足感を繰り返し感じることで「男としての自信を取り戻す」ということも治療の一環としてとても大切です。高い満足感を繰り返し得るためにも、自分と相性の良い薬を選ぶことは重要です。体にも優しく、懐にも優しく、それでいて効き目も優れたビダリスタは幅広く皆さまのニーズに応え、失った自信を取り戻す強力なサポーターとなってくれます。

ビダリスタの効果

効果・効能
ED改善
性行為時に勃起不全や中折れに悩む男性、満足度の高い勃起感を取り戻したい男性に有効です。

ビダリスタの有効成分「タダラフィル」はゆっくりと吸収、分解されるので、体外へ排出されるまで時間がかかります。そのため、体への作用が緩やかとなり、効果も長く続きます。体内でゆっくりと作用するので、得られる勃起感はナチュラルでマイルドな感じですが、しかしこれは勃起力が弱いということでは決してなく、違和感のない、自然体に近いかたちで楽しんでいただけます。性的刺激を与えればしっかり反応し、高い満足感を繰り返し得られます。行為の途中で萎える「中折れ」や「硬くなりきらない」という状況にも効果を発揮します。

タダラフィルは平滑筋を緩めて血管を拡張し、陰茎海綿体への血流を促す働きがあります。服用後1時間から2時間で薬の効果を感じ始めます。体にほてりを感じることがありますが、それはタダラフィルの血管拡張作用によるもので、薬が効き始めている証です。3時間から4時間で血中濃度が最高濃度に達しますので、性行為の3時間から4時間前に服用すると最も効果的です。

ビダリスタは約36時間効果が継続しますので、時間を気にすることなく、気持ちに余裕をもってパートナーとの大切な時間を過ごしていただけます。

ビダリスタの服用方法

1回の用量
1錠もしくは 1/2錠(シルデナフィルとして50mg)
1日の服用回数
1回まで
服用間隔
24時間
服用のタイミング
性行為の1時間前

ビダリスタはたっぷりめの水またはぬるま湯で服用してください。タダラフィルは1度の服用で20㎎を超えて摂取してはいけません。用量、用法は必ず守ってください。少量から始めたいという場合は、錠剤をカッターなどで分割することも可能です。次の服用までは必ず24時間あけてください。

服用時の注意

ビダリスタは食事の影響を受けにくいので、800kcal程度の軽い食事なら、その後に服用しても効果は変わりません。アルコールもリラックスできる程度の量であれば大丈夫です。但し、食事をする場合は油分の多いものは避けるようにして下さい。効果を最大限感じるためには空腹時の服用をおすすめします。ビダリスタは血管拡張作用があるため、服用前後にたくさん飲酒してしまうと血圧が急激に低下し、起立性低血圧(立ちくらみ)やめまいを起こし、大変危険です。過度な飲酒はくれぐれもお控えください。

ED治療薬はグレープフルーツとの相性が悪く、ビダリスタも例外ではありません。同時に摂取するとグレープフルーツに含まれる「フラノクマリン」という物質が邪魔をして、有効成分タダラフィルが十分に分解されません。結果、タダラフィルが体内にたくさん残ってしまい、強い副作用の症状が出る恐れがあります。ビダリスタを服用する際は、ジャムやジュースも含めてグレープフルーツ全般を避けるようにしてください。

ビダリスタの有効成分について

血管拡張作用のある「タダラフィル」 勃起の邪魔をする酵素の働きを抑えます 

力強く勃起するためには、陰茎海綿体へ十分な血液が流れることが必要です。この陰茎海綿体への血流量を調節するのが平滑筋です。平滑筋は「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」という酵素の働きに左右され、cGMP酵素がきちんと働けば平滑筋の弛緩も順調に行われ、スムーズに陰茎へ血液が流れます。しかしこの酵素は「PDE5(ホスホジエステラーゼ5)」という別の酵素によって分解されてしまいます。有効成分タダラフィルは、このPDE5の働きを抑える作用があります。

PDE5の働きを抑制すれば、cGMPが分解されることなく高い濃度を保ったまま平滑筋へと働きかけ、血流がスムーズになり、勃起力が回復するというわけです。

ビダリスタの副作用

主な副作用
顔のほてり、鼻づまり、目の充血、めまい、頭痛、動悸、胃腸の不快感など

副作用は主に有効成分タダラフィルの血管拡張作用により生じるものですが、いずれも軽く、ほとんどの場合時間の経過と共におさまりますので、それほど気にする必要はありません。但し、時間がたっても症状がおさまらない場合や、体調に異常を感じた場合は速やかに医師に相談してください。

稀な副作用
発疹、蕁麻疹、持続勃起症、聴力低下、顔面浮腫など

重症例の報告はほとんどありませんが、薬物への過敏反応として発疹や蕁麻疹が出たり、海外でごく稀に持続勃起症の症例が報告されています。4時間以上勃起が続く場合は持続勃起症が疑われますので、すぐに医師に相談するようにしてください。

ビダリスタの注意事項

慎重投与
  • 陰茎に構造上の欠陥(屈曲、陰茎の線維化など)がある人
  • 白血病、鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫など持続勃起症の原因となり得る疾患がある人
服用してはいけない人
  • 過去にタダラフィルを服用し、アレルギーが出たり、体調不良を感じた方
  • 重度の肝臓障害がある人
  • 直近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしたことがある人
  • 直近6ヶ月以内に脳梗塞や脳出血を起こしたことがある人
  • 網膜色素変性症を患っている人
併用禁忌薬
  • ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど硝酸薬全般
  • 一酸化窒素供与剤
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤

ビダリスタの口コミ

口コミ評価(0)

評価
性別
年齢
レビュー