低用量ピルの比較

低用量ピルは正しく飲めばほぼ100%の避妊効果があり、望まない妊娠を防ぐことが出来ます。

ピルには同じ量のホルモンを含んだ1相性ピルとホルモン量が自然に変化する3相性ピルがあります。

1相性ピルのメリットはニキビなどの改善にも効果的かつ、飲み間違えが怒りづらいことで、一方の3相性ピルのメリットは、ホルモンが自然に変化するので不正出血のリスクが抑えられている点です。

低用量ピルは大まかに2種類

低用量ピルを内容量、価格で比較

低用量ピルは継続的に飲むことからまとめ買いや、費用を抑えたいと感じている方が多い薬といえます。

下記の表から「配合量」「価格」をクリックすることで並び替えが可能です。自身に合った低用量ピルを選んでみましょう。

商品名
形状
配合量
価格
詳細
トリキュラートリキュラー 配合量 3相性 1,200円 詳細
マーベロンマーベロン 配合量 1相性 1,300円 詳細
マーシロンマーシロン 配合量 1相性 2,160円 詳細
ヤーズヤーズ 配合量 1相性 2,700円 詳細
ヤスミンヤスミン 配合量 1相性 2,430円 詳細
ダイアン35ダイアン35 配合量 1相性 1,500円 詳細
オブラルLオブラルL 配合量 1相性 1,200円 詳細
ジネット35ジネット35 (ダイアン35ジェネリック) 配合量 1相性 1,500円 詳細
セラゼッタセラゼッタ (マーベロンジェネリック) 配合量 1相性 2,250円 詳細
クリザンタクリザンタ (ヤスミンジェネリック) 配合量 1相性 1,500円 詳細