花粉症の薬の比較

特に春や秋に猛威を振るい、多くの人を困らせる花粉症。その症状を和らげる薬が抗ヒスタミン薬や、抗ロイコトリエン拮抗薬です。

アレグラを始め、シングレアなど有名な薬、お買い得なジェネリックなど色々なお薬をご用意しております。

効き目の強い薬ほど症状を抑えることが出来ますが、薬は効果が強いほど副作用も強くなります。抗ヒスタミン薬の主な副作用は眠くなることで、効果を強くし過ぎると日常生活に支障をきたすこともあります。

花粉症の症状を抑える効き目の強さと、眠くなる副作用を比較した表をご確認の上、自身に合った商品をお買い求めくださいませ。

効果、眠気の強さ比較

花粉症の薬を内容量、価格で比較

花粉症の薬は花粉が飛んでいる季節に継続的に飲むことから、消費量が多い薬です。頻繁に買わなくて済む大容量の薬や、試しやすい低価格の薬もあります。

下記の表から「内容量」「価格」をクリックすることで並び替えが可能です。自身に合った花粉症の薬を選んでみましょう。

商品名
形状
内容量
価格
詳細
アレグラアレグラ 錠剤 20 1,350 詳細
シングレアシングレア 錠剤 28 3,150 詳細
ザイザルザイザル 錠剤 20 1,200 詳細
テルファストテルファスト (アレグラジェネリック) 錠剤 10 1,350 詳細
クレブロスクレブロス (ザイザルジェネリック) 錠剤 20 1,350 詳細
ヒトリジンヒトリジン (ジルテックジェネリック) 錠剤 20 1,260 詳細
モンテアモンテア 錠剤 100 4,500 詳細
エリアスエリアス 錠剤 20 2,250 詳細